館山市議会議員 会派別HP一覧

| HOME |  新政クラブ | たてやま21・緑風会 | 公明党 | 新しい風の会 | 
      
        
  文教民生委員会活動  
   
更新履歴:文教民生委員会
更新:2019-07-23

 
文教民生委員会 視察報告書
     
       
視察項目 特別養護老人ホーム 館山明光苑  高齢者介護サービス
報告者 鈴木ひとみ(文教民生委員会委員) 
参加者 鈴木正一 ・鈴木順子・太田 浩・瀬能孝夫・森 正一・ 鈴木ひとみ
訪問日時  令和元年7月4日(木) 午前9時50分~午前11時 
訪問場所  特別養護老人ホーム 館山明光苑 
対応者  社会福祉法人 興徳会 特別養護老人ホーム 館山明光苑 理事・施設長 佐藤省住 様
   
視察目的 館山市内に4月に開所した特別養護老人ホームを視察することで、 高齢者介護の現状、
新しい技術、今後の課題について理解を深めようという目的で伺った。
   
視察先概要 館山明光苑は館山市大神宮の共立女子大学テニスコート跡地に建てられた、4階建ての建物で
ある。海に面し、天気の良い日には伊豆大島や富士山も一望できる。 
   
視察内容  特別養護老人ホーム(ユニット型)50名、ショートステイ10名、デイサービス30名を受け入れられる
ほか、地域交流センターとして、啓発・学習活動に使えるスペースも設けられている。光触媒の技術
を利用し、衛生面の管理も行われている。現在、大半は館山、南房総からの入居だが、県外出身
者も2名いる。

特別養護老人ホーム、ショートステイはすべて個室で、入居者10人を1ユニットとし、それぞれの
ユニットに共同生活スペース、トイレ、浴室が設置されている。ユニットごとに色分けされ、全体が落ち
着いた色調でまとめられている。ベッド、イス、ソファーなど、細かなところにも利用者介護者双方の
ための配慮がなされている。

浴室は、寝たまま利用できるもの、車いすで入るものなど、利用者の状態に応じて使える最新の
設備が備えられている。自力で入浴可能な人のための一般的な浴槽もある。災害に備えて、防災
備蓄もされている。地域交流センターは、災害時に地域の被災者を受け入れることを視野に入れて
いる。

デイサービスセンターは、この日利用者がいなかった。デイサービスに関しては近隣にも多く開設されて
おり、利用者確保のための競争が激しくなっている。
現在は、職員43名、看護師3名で運営されているが、特別養護老人ホーム50床のうち10床と
ショートステイ10床が未利用のままである。あと看護師1名と職員8名を確保できれば施設すべてを
運営可能という説明であった。
      
      
所感 最新の設備とゆったりとして落ち着いた館内、海の見える立地条件は素晴らしい。
いたるところにきめ細かな配慮がなされていることにも感心した。けれども、職員不足のために2階
部分が全く利用されていないことが残念である。

待機中の入居希望者が10名ほどいるそうだ。介護士、看護師不足は館山市全体が抱えている
問題である。同業の施設間で介護士、看護師の取り合いになっているという実態もある。介護士、
看護師を増やしていくことが今後の大きな課題である。

また、特別養護老人ホーム、ショートステイは不足しているが、デイサービスは過当競争に陥っている
ことも現在の高齢者介護の抱える問題点であると考える。
尚、館山明光苑の利用者用パンフレットを添えて報告書とする。 
      
      
                            館山市議会議員 鈴木ひとみ(文責) 
      
      






page top 
Copyright AWA ICT.All Rights Reserved.