館山市議会議員 会派別HP一覧

| HOME |  新政クラブ | たてやま21・緑風会 | 公明党 | 新しい風の会 | 
 
  会派 新政クラブ 鈴木正一  


  □氏   名  鈴木正一(すずき しょういち)
  □議員役職  館山市議会 文教民生委員会委員長    
  私の政策 更新:2019-06-12
  自己紹介   議員履歴 更新:2021-05-21
  月間予定   2021/6月 スケジュール 更新:2021-05-31
  議会発言  令和3年 第2回定例会 一般通告質問 NEW 更新:2021-06-05
  活動報告   ドローン活用による災害時のための実証実験  更新:2021-03-23
 










   
□ 私の政策

 更新:2019-06-12
    
スポーツを通し市民が健康と幸せを実感できる館山へ 
海と田畑のある暮らしから更に魅力ある館山まちづくりを 
    
   
□豊かで活力のある館山に 
館山の自然、文化、歴史、伝統を守り、市民と一緒に活力のある「地域づくり」を推進
都市都民との交流、観光としての積極的インバウンドに取り組み
   
□海と畑の豊かな暮らしに 
有害鳥獣被害対策の取組を推進
地産地消を一層推進
将来の農業漁業の担い手の育成を推進
   
□日常生活にスポーツを 
総合型館山ファミリースポーツと市民の健康増進を推進とスポーツ施設の促進
スポーツイベントを積極的に促進
高齢、熟年世代の生涯スポーツを促進
   
□安心安全で住みやすい地域をはぐくむ 
地域のコミュニティ活動と”いこいの場”の「まちづくり」を推進
子育ての環境を支援し、女性が豊かに暮らせる「まちづくり」を推進
社会福祉の向上、障害のある方も安心して暮らせる「まちづくり」を推進
移住定住を推進した「まちづくり」の促進
    
                       館山市議会議員 鈴木正一
    
    
▲▲










   
□ 自己紹介  

 更新:2021-05-21
        
    鈴木正一(すずき しょういち)   
         
     館山市議会議員   
      会派  新政クラブ 会派代表  
    期数  4期(2007年 初当選~  
         
    役職 (2021-05-17)   
    千葉県後期高齢者医療 広域連合議会議員  
    議会運営委員会委員 ・ 三芳水道企業団議会議員 ・ 文教民生委員会委員   
    下水道事業審議会委員 ・ 地域公共交通会議委員  
         
    館山ファミリースポーツクラブ「わかしお」会長  
    館山市豊房神余地区コミュニティ委員会 会長  
    館山市陸上競技協会 副会長  
    千葉総合型スポーツクラブ 理事  
    館山市サッカー協会 監事  
    平砂浦10マイル駅伝大会 実行委員長   
    館山オリ・パラ審議委員会 委員   
    館山スポーツ推進委員 企画部長  
    館山市立第二中学校評議委員   
           
    資格     
    高齢者体力テスト指導士(公財 日本スポーツクラブ協会)   
    スポーツ アシスタントマネジャー(公財 日本スポーツクラブ協会)  
    日本陸上競技連盟 C級審判員   
       
       
    (元)館山市議会 副議長    
    (元)館山市立 神余小学校 PTA会長   
    (元)館山市立 第二中学校 PTA会長   
    (元)千葉県立 館山総合高等学校 PTA会長   
         
         
    住所   〒294-0023 千葉県館山市神余1490   
    年令   68歳(2019-05-01現在)  
    電話   0470-28-0257  
    Mail   suzuki0257@yahoo.co.jp  
    Fax    0470-28-0257  
    HP    awanew.com    
         
         
    千葉県  館山市神余生まれ (1951年) S26  
    館山市立 神余小学校卒業      (1963年) S38  
    館山市立 神余中学校卒業   (1966年) S41   
    千葉県立 安房農業高等学校卒業 (1969年) S44    
                  
                  
 ▲▲










   
 □ 月間予定  
    更新履歴:月間予定
更新:2021-05-31
      
     
 令和三年6 鈴木正一
時間 予定(確定) 備考
1 0900 田畑除草 神余内 
1930 総合型合気道  館山中学校体育館 
2 1330 こぶしの会 布良集会所  
   
3 1330 議会運営委員会 議長室        
1700 マリーン教室 ヨットハーバー 
4 1000 ふれあい体操 船形漁協センター 
1900 総合型ウォーキング 南総文化ホール前 
5 1900 神戸区長会 神戸公民館 
 
6  0900 田畑除草 神余内 
 
7 1300 総合型社交ダンス 若潮ホール 
 
8 0930  南条体操 南条集会所
1330 宮城体操  宮城集会所 
9 1330 こぶしの会 布良集会所  
     
10 1000 本会議 議場        
1330 西長田健康体操 観音院 
11 1000 ふれあい体操 船形漁協センター 
 
12  
 
13 1000 総合型理事会 千葉研修所
 
14  
 
15 1000  本会議 議場 
     
16 1000  本会議 議場 
     
17 本会議 予備日 議場       
 
18 1000 ふれあい体操 船形漁協センター
1900 総合型ウォーキング 南総文化ホール前
19 0900 田畑除草 神余内 
 
20 0900 陸上記録会 富津競技場 
 
21 1330 山萩体操 山萩集会所 
 
22 1000 本会議 議場 
1400 総務委員会  本館2階会議室
23 1000 文教民生委員会 本館2階会議室 
1400 建設経済委員会  本館2階会議室 
24 1330 西長田健康体操 観音院 
 
25 1000 ふれあい体操 船形漁協センター 
 
26 0900 ハイキング 城山周辺 
 
27 1930 区の集会 加藤集会所
 
28  
 
29 1000 本会議 議場 
     
30 1330 こぶしの会 布良集会所  
     
     
     
  2021/6 schedule SUZUKI shoichi
      
      
                ▲▲
                       









       
□ 議会発言  

更新履歴:議会発言
  更新:2021-06-05
     
     
令和3年 第2回市議会定例会 一般通告質問 (6月議会) 
    
館山市議会議員 鈴木正一 
登壇日 2021年6月16日 (水)
    
   
(質問要旨) 
    
 後期基本計画の”食”の豊かさアッププランについて

 1. ”食”の消費拡大と「しごと」の創出を図るとありますが、どのように進めてゆくのか伺います。
    ・食のブランド化の推進について
    ・食のまちづくりの推進による地域産業の活性化について

 2. ”食”の生産者を支えるについて伺います。
    ・スマート農業の推進について
    ・農業の担い手育成につて


二 後期基本計画の若者”の元気アッププランについて

 1. リノベーションまちづくり事業について、今後の取り組について、伺います
 2. 魅力のある雇用の創出について、今後の取り組みについて、伺います


 後期基本計画の”ふるさと”の誇りアッププランについて

 1. 新たなシステムの導入等による利用しやすい公共文通の実現について伺います。
 2. 地域で高齢者を支える体制づくり事業の取り組みについて伺います。

    
      
▲▲










           
□ 活動報告  

更新履歴:活動報告
更新:2021-03-23
     
□ドローン活用による災害時のための実証実験 
   最大積載量49㎏のドローンで緊急物資輸送の実証実験を行いました。 
     
   館山市議会議員 鈴木正一
       
□ 私は緊急災害時における医薬品や食料品等をはじめ緊急救援物資を最優先で被災地域に届けるには、最近
  開発され脚光を浴びている重量物運搬ドローンを活用できないかと考え、その運用を手掛けている企業に私案を
  提起し、協力を得まして館山市山間部への物資輸送を目的に積載テスト飛行実験を行なうことが出来ました。
  

  ○写真8枚 (実証実験 館山市神余)

  ○実験飛行日程  令和3年3月18日(木) 午前10時~11時 晴・微風 気温16度 参加者約30数名
  
  ○飛行実験場所  館山市神余4480-1 東紅苑いこいの花広場 ⇄ 館山生コン(株)敷地内 館山市西長田971-1

  ○実験飛行意義 
    山間部における物資輸送(50kg未満)は人力による輸送が一般的であるが、重労働かつ危険なため、ドローン
    に代替えさせる動きが世界的に進んでいます。 しかし一般的なドローンによる輸送重量は,一度に1~5kgが限
    界のため、山間部で活用するには積載量が余り にも少ないことが課題でした。
    今回は上記課題をクリアし国内最大級の重量物運搬ドローンを開発、49㎏までの積載飛行が可能になります。
   
    この技術は災害時における孤立地区への救援物資(食料・水・発電機など)の運搬も可能にして、地域の安全
    安心の確保につながります。

  ○飛行実験内容
    直線距離700m程の館山市山間部を飛行、山間部の土木作業で使用するポータブル土中貫入機(約44㎏)
    を積送しました。(協力:株式会社東設土木コンサルタント)

  ○ドローン運用元
    古河産業株式会社 社会インフラ事業部 東京都港区新橋4-21-3 新橋東急ビル
    Future Drone System(ドローン運営任意団体)

  ○ドローン機体概要
    回転翼数:8枚
    機体寸法:2.372mX2.372m
    機体重量:約30kg
    バッテリー :12000mAX8本
    稼働時間:約14分
    積載重量:49kg(最大)
    吊荷方式:箱抱え込みタイプ 単管パイプ高速タイプ 吊りロープ仕様 荷具自動固定タイプ
    運搬量  :500~800kg/日 
     
 
    ドローンの組立作業
 
左・ 鈴木正一(私) 中央・館山市長 金丸謙一    
 
    離陸を見守る参加者
 
山間部への積載実験飛行    
     
     
page top






Copyright AWA NEW.All Rights Reserved.