館山市議会議員 会派別HP一覧

| HOME |  新政クラブ | たてやま21・緑風会 | 公明党 | 新しい風の会 | 
榎本祐三→更新履歴・議会発言
  榎本祐三  
  更新履歴 議会発言


    2021-09-01
令和3年9月議会 一般通告質問
2021-06-01
令和3年6月議会 一般通告質問
2021-02-25
令和3年3月議会 一般通告質問
2020-12-02
令和2年12月議会 一般通告質問
 
2020-09-30
請願に対する反対討論
2020-08-31
令和2年9月議会 一般通告質問
2020-06-06
令和2年6月議会 一般通告質問
2020-02-21
令和2年3月議会 一般通告質問
 
2019-08-28
令和元年9月議会 一般通告質問
 
2019-06-12
令和元年 6月議会 一般通告質問
 










 
更新:2021-09-01
     
令和3年 第3回市議会定例会(9月議会)
     
館山市議会議員 榎本祐三 
登壇日 2021年9月8日 (水)    
   
一般通告質問 
(質問要旨)   
      
一 粗大ごみ処理事業に関して

1 新処理施設の建設場所及び建設費について
  新処理施設の建設場所は出野尾のどこになるのですか。また、建設費用は初期費用の4,867万円ですか。

2 新処理施設の能力について
  新処理施設でも、畳や木材の破砕及び焼却は実施するのですか。

3 年間の費用見積もりについて
  年間の処理費用には、上記の粗大ごみの破砕や焼却の費用も含まれるのですか。


二 新型コロナウイルスの対応に関して

1 市民への報道について
  新型コロナウイルスの対応等についての報道は、安房4市町まとめての報道となっていますが、館山市としての報道
  はどのように考えていますか。

2 ワクチンの接種率について
  館山市としての接種率等は、把握されていると思いますが、他の市町に比べて館山市の接種率は高いのですか。

3 今後の市としての対応について
  現状の問題点を把握した上で、館山市として新型コロナウイルスに今後どのように対応されようとしているのですか。
   
   










 
更新:2021-06-01
     
令和3年 第2回市議会定例会(6月議会)
     
館山市議会議員 榎本祐三 
登壇日 2021年6月15日 (火)    
   
   
一般質問通告書(PDF)
    
 










 
 更新:2021-02-25
     
令和3年 第1回市議会定例会 一般通告質問 (3月議会)
    
館山市議会議員 榎本祐三 
登壇日 2021年3月2日(火)     
  
    
(質問要旨)
         
一 館山市役所における職員の人事評価等に関して

1 部長級職員の大幅な退職について
  本年度末で部長級の職員が大幅に定年退職するようですが、その後の市政運営・行政機能に影響はありませ
  んか。

2 地方公務員法の人事評価制度について
  平成28年4月1日に改正された人事評価制度について、館山市はどのような対応をされ、現状はどのようになって
  いるのでしょうか。

3 人事評価と表裏一体をなす人材育成について
  自治体の行政機能を有効に発揮させるには、人事評価と表裏一体をなす職員の人材育成が重要と思いますが、
  館山市はどのような取組を実施していますか。


二 館山中学校の開校に関して

1 特別支援学級の生徒数等について
  特別支援学級の生徒数は各学年どれくらいいるのか、また教室の確保は問題ないのでしょうか。

2 教員数について
  館山中学校の教員数はどれくらいになるのでしょうか。また教員一人当たりの生徒数は現状と比較してどのようにな
  りますか。

3 労働安全衛生管理体制について
  教職員数が50名以上になると労働安全衛生管理体制(衛生管理者、産業医、衛生委員会)の設置が求め
  られますが、検討されていますか。
      
    










 
 更新:2020-12-02
     
令和2年 第4回定例会 一般通告質問 (12月議会)        
    
館山市議会議員 榎本祐三 
登壇日 令和2年12月4日(金)     
  
    
(質問要旨)
         
一  国道127号の防災対策事業に関して

1 4車線化を含めた事業計画について
  館富トンネルの拡幅工事に向けての事業であるが、4車線化を含めた事業計画をどのように把握しているか。
2 館富トンネル4車線化後の館山市の対応について
  館富トンネルが4車線化しても、館山道が富浦から富津まで2車線であり、渋滞の解消にはならないと思うが、
  今後の対応を伺う。

二 食のまちづくり事業のジビエ加工処理施設等に関して

1 処理施設の規模等について
  ジビエ加工処理施設と有害鳥獣処理施設の両方を設置する計画であるが、その規模等についてはどのような
  検討をしているのか。
2 安房広域による施設の設置・運営について
  ジビエ加工施設の設置・運営を同じ問題を抱える安房広域で取り組むことについてどのように考えておられるか。

三 税収不足等の対応に関して

1 台風被害の対応による税収不足について
  昨年の台風15号等の対応による税収不足は、どれくらいと見積もっているのか。
2 新型コロナウイルスの影響による税収不足について
  新型コロナウイルスの影響による税収不足は、どれくらいと見積もっているのか。
3 税収不足の補完等について
  上記の税収不足は、どのように補完されるのか。また、第3次館山市行財政改革方針への影響があったのか。
  あったとしたらどのように対応するのか。
      
    










 
 更新:2020-09-30
     
        
  核兵器禁止条約への日本政府の署名と批准を求める請願 
   (委員会での反対討論)
     
   館山市議会議員 榎本祐三
   総務委員会 令和2年9月11日(金) 
       
     
          「核兵器禁止条約への日本政府の署名と批准を求める請願」


付託された当該請願について、私は以下の理由から「不採択」とするのが適当と考えます。


我が国が唯一の被爆国である以上、純粋に考えれば世界の中核となって当該条約(核兵器禁止条約)の成立
に取り組むのがあるべき姿であると考えます。
また、平成4年の館山市「平和都市宣言」を踏まえても当該請願を「採択する。」のが筋であろうと認識します。

しかしながら現実の問題として、主要各国(核保有国)のパワーバランスや、核の傘下によって国の防衛が成り立ち、
世界平和が維持されていることを直視すれば、単純に核兵器禁止条約に参加することで世界平和が維持できるのか、
考えてみる必要があります。
核兵器禁止条約は、その理念は素晴らしいものではありますが、核兵器保有国は勿論、不拡散に取り組んできた我
が国を初めドイツ、オーストラリアなどの核兵器非保有国も参加していないことから、その実効性が疑問視されているとこ
ろでもあります。したがって、我が国が核兵器禁止条約に参加することが、むしろ核保有国と非核保有国の対立を生む
ことも懸念されます。

一方で、我が国主導の核兵器廃絶決議も23年連続で採択されており、今年は167か国の賛同を得て採択されてい
ます。この決議採択では核拡散防止条約(NPT)体制の強化を求めており、米国は賛成しましたが、中国とロシア、
北朝鮮、シリアの4か国が反対し、英仏など17か国が棄権しております。

このように我が国の考え方は、時間がかかっても核兵器保有国の理解を得て、一緒に核兵器のない世界を作っていこう
と取り組むのが現実的で理想だと言うことであり、国の考え方に同意するものです。

以上のような理由から、この度の請願については「採択しない。」とするのが適当と考えます。     
    
    










 
更新:2020-08-31
     
      
令和2年 第3回市議会定例会 一般通告質問 (9月議会) 
   
館山市議会議員 榎本祐三
登壇日 令和2年9月3日(木) 
       
 質問要旨
     
一 蟹田川の護岸整備に関して

1 抜本的な護岸整備について
  膨大な予算を必要とすることは理解するが、抜本的な護岸整備についてどのように考えておられるのか。 
2 護岸の今後の維持整備について
  台風や大雨のたびに、破損箇所の部分的な修復措置をされているが、今後とも地元の要望には迅速に対応いた
  だけるのか。
  

二 第3次館山市行財政改革方針に関して

1 令和元年度決算状況からの影響について
  令和元年度の決算は台風被害等の対応で、館山市政が始まって以来の高額決算になったと思うが、当該方針
  にどのような影響があったのか。
2 当該方針の今後の取り組みについて
  前項の影響があったとすると、今後の取り組みを見直す必要があると思うが、どのように考えておられるか。


三 館山市清掃センター長寿命化総合計画に関して

1 施設の延命化について
  延命化目標を延命化対策完了から15年としているが、その理由はどのようなことか。
2 延命化対策の内容について
  性能水準を達成するための延命化対策の内容は、当該施設を建設した業者の検討によるものか。
3 二酸化炭素排出量の削減について
  8%程度の削減ができるとしているが、どの業者が工事を請け負っても削減は可能なのか。    
    
    










 
更新:2020-06-06

令和2年 第2回市議会定例会 一般通告質問 (6月議会) 
   
館山市議会議員 榎本祐三
登壇日 令和2年6月12日(金) 
    
    
(質問要旨)

一 前澤友作館山応援基金の活用に関して

1 今日までの検討結果について
  ふるさと納税を受けてから半年が経過しているが、基金の活用についてはどのような検討結果になったのか。
2 食のまちづくり拠点施設の整備について
  前澤氏の意向からすると食のまちづくり拠点施設の整備は、最も適した事業と考えるが、どのように考えているか。


二 第3次館山市行財政改革方針に関して

1 計画の進捗状況について
  本年度は、当該方針計画年度の中間となるが、今日までの進捗状況はどのようになっているか。
2 台風被害等による影響について
  昨年の台風被害及び今年の新型コロナウイルスの対応が、当該方針の進捗に影響したと思うが、どのような影響
  があったのか。
3 当該方針の今後の取り組みについて
  前項の影響があったとすると、今後の取り組みを見直す必要があると思うが、どのように考えておられるか。


三 地域経済回復の取り組みに関して 新型コロナウイルスの対応で疲弊した地域経済を回復させる取り組みが必要
  と考えるが、どのように考えておられるか。
    
      










 
 更新:2020-02-21

令和2年 第1回市議会定例会 一般通告質問 (3月議会) 
   
館山市議会議員 榎本祐三
登壇日 令和2年3月3日(火) 
    
    
(質問要旨)


一 昨年の台風15号等の災害からの教訓と対応に関して

1 平素からの備えについて
  防災訓練の充実、防災マニュアル等の整備をはじめとして、平素から取り組んでおくものが明らかになったと思うが、
  どのように考えておられるか。
2 直面する危機への対応について
  情報収集体制の確保や避難勧告、指示の発令等に関する教訓が明らかになったと思うが、どのように考えておら
  れるか。
3 復旧・復興への対応について
  自衛隊をはじめとする他機関や災害ボランティア等の活用及び災害ごみの処理の対応等、多くの教訓に対して
  どのように考えておられるか。


二 台風被害に対する義援金とふるさと納税の使い道に関して

1 このたびの台風被害に対する義援金とふるさと納税の総額は、前澤氏以外ではどれくらいあったのか。
2 この使途計画はどのようになっているのか。また、館山市民に対する広報(報告)はされるのか。


三 前澤友作氏からのふるさと納税20億円に関して
  「観光振興に関する事業へ」とのことであったが、前澤氏の意向に沿った有効な活用はどのように考えておられるか。


四 令和2年度の施政方針に関して

1 館山市が目指す「サテライト型コンパクトシティ」とは、具体的にはどのようなものなのか。
2 モザイクタウンを目指しておられるが、このような街の実現のためには、具体的にはどのような取り組みをされるのか。
    
      










 
更新:2019-08-28

令和元年 第3回市議会定例会 一般通告質問 (9月議会) 
   
館山市議会議員 榎本祐三
登壇日 令和元年9月5日(木) 
    
    
 (質問要旨)

一 屋形船オープニングイベントの出席に関して

新聞の全国紙の地方版でも大きく報道された今回の件について、今一度、経過と市長の考えを伺う。


二 有害鳥獣対策の取り組みに関して

1 有害鳥獣対策の現状と課題について、どのように認識されているか。
2 本事業の取り組みは近隣市町との連携が不可欠と思うが、連携状況は。
3 事業の課題を克服する上で、今後どのような取り組みを実施するのか。


三 地域公共交通網整備に関して

1 地域公共交通網形成計画は、昨年度と本年度の2年間で策定することになっているが、進捗状況はどのように
  なっているか。
2 当該形成計画策定を進める中で、課題と思われるものがあったのか。あったとしたら、その対策はどのように考えて
  いるか。


四 定住自立圏構想に関して
1 平成24年度以降、館山市は当該構想の取り組みを休止していると、過去の他の議員の一般質問で回答されて
  いるが、理由は何であったのか。
2 中心市宣言をこの9月中を目途に実施するようであるが、事態が好転した理由は何であったのか。
3 中心市宣言では、「館山市・南房総市定住自立圏構想の推進に向けて」とあるが、鴨川市と鋸南町はどうされる
  のか。
4 中心市宣言の後に「定住自立圏形成協定の締結」があるが、その政策分野と具体的な取組みはどのようなことか。
    
      










 
 更新:2019-06-12
 
令和元年 第2回市議会定例会 一般通告質問 (6月議会) 
   
館山市議会議員 榎本祐三
登壇日 令和元年6月13日(木) 
    
    
 (質問要旨)

一 館山市の粗大ごみ処理施設の管理・運営に関して

1 館山市が管理する当該施設は、安房郡市広域市町村圏事務組合のものと認識しているが、当該施設の
  本市への売却等について。
2 当該施設の経年劣化を考慮すると、新たな施設の建設が必要と考えるが、どのように考えているのか。


二 第3次館山市行財政改革方針に関して

1 方針の推進状況について
  当該方針が策定・実施されてから1年以上が経過したが、その進捗状況はどのようになっているか。
2 課題と対策について
  今日まで当該方針を進める中で、課題と思われるものがあったのか。
  あったとしたらその対策はどのように考えているか。
3 大型事業の進捗状況について
  当該方針の中で進められている大型事業(給食センターの建て替え、三中の建て替え、ごみ処理施設の延命)
  については、目途がたっているのか。


三 第4次館山市総合計画に関して

1 前期基本計画の達成状況について
 (1)来年度で前期基本計画は終わることになるが、その達成状況はどうなっているか。
      また、取り残した課題はあるのか。
 (2)市長の夢中八策の取り組みは、この基本計画でどのように生かされたのか。

2 後期の基本計画の策定について
  策定の取り組みはいつからなのか。 
  また、重点政策、施策はどのようなことと考えておられるのか。








page top 
Copyright AWA NEW.All Rights Reserved..