館山市議会議員 会派別HP一覧
Tateyama City, Chiba 
HOME  市民クラブ 新政クラブ たてやま21・緑風会 公明党  日本共産党 新しい風の会
HOMEたてやま21・緑風会森 正一


会派 たてやま21・緑風会


 
 
館山市議会議員 
森 正一     MORI shoichi
もり しょういち 
自己紹介 ご案内 
私の政策 スケジュール
お問合せ
議会発言 しょういち
活動報告
 


 
 ご案内
 archives : 「ご案内

2017-02-22  更新 議会発言」H29年 第1回定例会 行政一般通告質問(3月議会) 
2017-02-04  更新 スケジュール」(2017/2月分・2/01~28) 
2017-01-01 更新 しょういち」平成29年 新春を迎えて
-- 2017-01-01 archives スケジュール (2017/1月分・1/01~31) 
2017-01-01 更新 活動報告」2017年 森正一の活動報告(通算23号)行政一般質問 
-- 2016-12/26 archives「議会発言広域ごみ処理施設建設事業からの離脱・賛成意見
-- 2016-11/29 archives スケジュール (2016/12月分・12/01~31)  
-- 2016-11/29 archives「議会発言H28年 第4回定例会 行政一般通告質問 
-- 2016-11/09 archives「活動報告」2016年度 文教民生委員会・行政視察報告 
-- 2016-10/31 archives スケジュール (2016/11月分・11/01~30) 
-- 2016-10/14 archives「活動報告 文教民生委員会「行政視察レポート」10/11・12・13 
-- 2016-10/13 archives「活動報告 文教民生委員会「行政視察レポート」10/11・12・13
-- 2016-10/12 archives「活動報告 文教民生委員会「行政視察レポート」10/11・12・13
-- 2016-10/12 archives「活動報告」森 正一の活動報告 第22号 
-- 2016-10/03 archives スケジュール(2016/10月分・10/01~31) 
-- 2016-09/28 archives「議会発言H28 第3回定例会 賛成討論 9/27登壇詳細内容・原文  
-- 2016-09/09 archives「議会発言H28 第3回定例会 一般議案・補正予算 質疑通告書 
-- 2016-09/04 archives スケジュール(2016/09月分・9/01~30) 
-- 2016-09/01 archives「議会発言H28年 第3回定例会 行政一般通告質問 
-- 2016-08/01 archives スケジュール(2016/08月分・8/01~31) 

2015/07/01~2016/07/31archives : 「ご案内




自己紹介


 森  正一です。どうぞ宜しく。



 
  2016-09-05 up
現在役職    
2016年   館山市議会議員 2期(2011年 初当選 ~現在) 
    会派代表 たてやま21・緑風会
    文教民生委員会 副委員長(常任委員会) 
    地域資源有効活用調査特別委員会 委員
   
    八幡青壮年会 幹事・青年部
    医療法人社団 マザー・キー 監査 
    鶴谷八幡宮  神社総代 
    館山市サッカー協会 監事  
    千葉県サッカー協会 8ブロック安房支部 トレセン責任者 
    館山市倫理法人会 事務長  
    たてやま21の会 事務局長  
     
    森塾 塾長(1996~) 
    北条フットボールクラブ(北条FC)代表・総監督(2006~) 
     
     

 
略歴     
1967年   千葉県  館山市生まれ 
    館山市立 北条小学校卒業  
    館山市立 第三中学校卒業  
    千葉県立 安房高等学校卒業 
1990年    国立   東北大学工学部卒業  
1990年     東芝セラミクス株式会社入社 
1990年     11月 母親介護のため退職 館山市へ帰郷 
1990年     NMBセミコンダクター株式会社入社  
1997年     同上 退社 
1996年     森塾 開塾 (~現在)  
2011年   館山市議会議員 初当選 
2015年    館山市議会議員 2期(~現在)
     
    出身: 千葉県館山市長須賀
    家族: 妻、二男一女 
    趣味: サッカー 
     
     

     
活動履歴     
2006年    館山市立 第三中学校 PTA会長 (第24代)  
2007年     同上
     
    千葉県サッカー協会 8ブロック安房支部 支部長  
    千葉県サッカー協会 8ブロック安房支部 技術委員会責任者 
     

     
資格取得    日本サッカー協会 JFA公認 C級コーチ 
    千葉県サッカー協会 CFA公認4級審判員 





私の政策
 森 正一


 住んでよかったと思えるまち たてやま
 
1.みんなが明るく働けるまち

  ・農業の活性化による働く場づくり 
  ・女性が子育てをしながら安心して働ける環境づくり 
   (病児・病後児保育のさらなる充実、保育時間の延長など) 
  ・新規起業や既存企業の事業拡大対する支援の充実 
  ・医療、福祉関連の資格取得支援の充実


2.子どもが輝くまち

  ・「いじめゼロ」への挑戦
  ・子ども医療費助成範囲を中学3年生まで拡大 
  ・子どもたちの文化、スポーツ活動支援 
  ・小中一貫化の推進 
  ・地域ぐるみで子供たちの成長をサポートする環境づくり


3.安心、安全なまち
 
  ・大地震やそれに伴う大津波への対策強化 
  ・学校施設の耐震化の早期完了 
  ・緊急車両が進入できない道路の改善 


4.お年寄りが元気なまち

  ・健康づくり、介護予防事業の充実 
  ・高齢の方が経験と知識を活かし、生き生きと活動できる環境づくり


5.スポーツのまち

  ・スポーツ合宿や大会などの誘致 
  ・社会体育施設の整備、充実 


6.健全な市政運営のまち

  ・不要、不急な事業の見直し 
  ・徹底した情報公開 
  ・遊休市有地や不要な市有財産の売却、利活用


7.市民に信頼される議会活動が展開されるまち

  ・議員定数の削減
  ・市議会の持つ情報を全て公開し、市民に開かれた議会運営 




 
お問合せ


 皆さまのご意見をお聞かせください。

お寄せいただいたご意見・ご要望・ご質問、私がすべて目を通します。

今後の政治活動の参考とさせていただきたいと思います。



館山市議会議員 
森 正一


  住所  〒294-0047 千葉県館山市八幡 277-19 
  TEL 090-2652-3218
  FAX 0470-22-7439
  Mail  morijuku_11@ai.wakwak.com
  HP  awanew.com 




 議会発言
森 正一

 ▶archives「議会発言


2017-02-22 up 

館山市議会議員 森 正一


平成29年 第1回市議会定例会 (3月議会)
行政一般質問通告 
登壇日:平成29年3月2日(木)14:00~ 予定時間              


質問要旨

一、第三中学校の耐震化について

 1 耐震化の進捗状況について説明願います。
 2 耐震不足が判明してから約3年が経過していますが、未だに大きな進捗が見られない状況です。
  耐震化の完了の目標時期をお示し下さい。
 3 現在、有利な財源の確保を目指して関係機関と協議しているところであるとのことですが、
  一体いつになったらその目途が立つのか。
  より有利な財源確保ができないのであれば、通常の文部科学省の補助財源を活用し、
  早期に事業を開始すべきであると思いますが、いかがでしょうか。
 

二、ごみ処理事業に関して

  1 広域ごみ処理事業からの離脱を宣言してから約4ヶ月経過していますが、
   広域の規約改正の手続きの進捗は現在どのような状況なのでしょうか。
   また、規約改正が完了するのはいつ頃になると見込んでいるのでしょうか、説明をお願いします。
  2 広域の規約改正が完了していない状況において、出野尾にあるごみ焼却施設の大規模修繕に関する
   補助金を受けることは可能なのでしょうか、説明をお願いします。
  3 出野尾にある館山市のごみ処理施設を広域で活用することはできないのでしょうか、
   説明をお願いします。


三、公立小中学校、幼稚園等の統廃合に関して

  1 館山市教育委員会から2010年に「館山市学校再編基本指針」が出されていますが、
   この基本指針に基づく、学校再編に関する現在の検討状況について説明をお願いします。
  2 市内公立幼稚園の統廃合について、今後の方向性を説明願います。


四、公共的施設における受動喫煙防止対策に関して

  1 現在、館山市内の公共施設における受動喫煙防止対策の現状について説明をお願いします。
  2 東京オリンピック・パラリンピックに向け、国では官公庁や医療機関などを全面禁煙とする、
   受動喫煙防止のための対策案が議論されていますが、館山市としては今後どのようにしていく
   つもりなのでしょうか、説明をお願いします。


上記のとおり通告します。
平成29年2月17日

館山市議会議員  森 正一


館山市議会議長  榎本 祐三 様






 
活動報告
森 正一 
archives:「活動報告

 2017-01-01 up
 
森 正一の活動報告

平成29年1月 第23号

館山市議会議員 森 正一

 
 

  はじめに
行政一般質問
第三中学校の耐震化に関して
所感
広域ごみ処理施設建設事業からの離脱問題
・これまでの経緯
離脱に対する館山市の言い分

・議会として離脱に対する判断
・離脱に関する 私の考え方
おわりに


はじめに


皆様におかれましては、お健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げますとともに、
この一年が皆様にとりまして良き年となりますよう心よりお祈り致します。

さて、平成28年 第4回館山市議会定例会が11月30日から12月19日までの会期で開催されました。
行政一般質問では「第三中学校の耐震化について」質問しましたので、
「広域ごみ処理施設建設事業からの離脱問題」とあわせてご報告いたします。




行政一般質問

【第三中学校の耐震化に関して】

11月21日に開催された全員協議会において、
執行部から示された長期財政推計(20年)の中に第三中学校の整備に関する項目があり、
・平成29年度に設計、
・30年度~32年度に整備工事、
・事業費30.2億円(財源内訳:文科省補助金4.3億円、市債20.7億円、一般財源5.2億円)
という記載がありました。

このことから、来年度より第三中学校の耐震化が実施されるものと考え、何点か質問をしました。

(質問1) 第三中学校の耐震化の検討に関する進捗状況は?
(回答要旨)国からの補助金が確定せず、現在も建替えと耐震改修の両方を検討中。
      調整が必要な項目が多岐にわたるが、今後とも関係機関との調整を進めていく。

(質問2)「有利な財源確保に全力を尽くす」ということで、国の関係機関と調整を行って来たと思うが、
      どのような結論に至ったのか?
(回答要旨)国の機関等と有利な財源確保に向けた調整を行っているが、未だ結論には至っていない。
      引き続き努力していく。

(質問3) 工期や事業費を見ると建替えになると思うが、この間における生徒たちの学習環境、
      建替え後の校舎の規模(教室数、生徒数、階数など)はどうなるのか?
(回答要旨)工事期間中の生徒の学校生活については、建替えと耐震化のいずれにおいても、
      教育活動に支障のないように努めていく。
      また、建替え後の校舎の規模については現在の校舎と同規模のものを想定している。

(所感)

具体的な資料として来年度からの耐震化スケジュールが示された事から、
ようやく耐震化事業が始まるものだと安堵していましたが、
実際には文科省補助により平成29年度から実施した場合の、
あくまでもモデル的なケースとしての事業費・スケジュールであり、
来年度予算においても設計の予算要求もされておらず、とてもがっかりしました。

答弁では「有利な財源確保に向けた調整を行っている」とのことで、
文科省とは別の補助金の活用を示唆していましたが、
館山市には海上自衛隊の基地があり、防衛省の補助ではないかと推察しています。

この場合、文科省補助よりも有利な補助財源となり得るため、
ぜひともその実現に尽力してもらいたいと思います。

ごみ処理場の大規模修繕や新給食センターの建設などの大型事業が目白押しではありますが、
子供たちの生命にかかわる事案であり、最優先課題であるという認識を強く持ち、
一日でも早く耐震化を完了できるよう引き続き求めてまいります。



「広域ごみ処理施設建設事業からの離脱問題」について

【 ごみ処理広域化に関してのこれまでの経緯】

  ・平成08年01月 安房11市町での広域ごみ処理について検討開始
  ・平成19年11月 南房総市大津地区を優先候補地に選定
  ・平成24年09月 地権者と合意が得られず断念、新たに南房総市大貫地区を選定
  ・平成28年03月 大貫地区での事業の中止を決定(これまでに2億円を超える損失)
  ・平成28年10月 金丸市長が広域議会において本事業からの離脱を表明
  ・平成28年12月 館山市議会として、広域からの離脱を賛成多数により了承


【広域からの離脱に対する館山市の言い分】

約20年間ごみ処理広域化を進めてきたが、用地選定の二度の失敗により、
広域ごみ処理施設の供用開始が10~20年延期となった。

現在稼働中の出野尾にあるごみ焼却場は、
毎年1億円程度かけて維持補修しながら使用してきたが、新施設の稼動まで現有施設を延命するためには、
毎年の維持補修費に加え、およそ32億円の大規模修繕が必要と判明した。

広域の事業と大規模修繕費用を二重に負担する事は、財政状況の厳しい館山市には大きな負担となる上、
第三中学校の耐震化と新給食センター建設といった大規模事業も控えている。

これらのことから、ごみ処理施設については、館山市単独で行うという決断に至った。


【 館山市議会としての広域からの離脱に対する判断】

12月19日の全員協議会において、広域ごみ処理施設建設事業からの離脱について協議を行い、
賛成多数により「広域からの離脱は止む無し」として了承しました。

<理由1>
広域新施設が現有施設の耐用年数以内に建設できる見通しが立たず、
市民 生活に直結する安定的なごみ処理を行うためには大規模改修が必要。

<理由2>
館山市の財政は非常に厳しい状況であり、
大規模修繕と広域の新施設建設を平行して負担する財政的な余裕がない。


【ごみ処理広域化事業からの離脱に対しての 私の考え】

広域ごみ処理場は、平成40年度から供用開始というスケジュールが示されているが、
環境影響評価に3年以上、設計に1年以上、土地の造成が1年と仮定し、
建設に3年程度と見積もっても9年はかかる。

最大のネックは用地選定であり、これまで2度の失敗を経験しており、相当な期間を要すると予想される。

館山市のゴミ焼却場の大規模修繕のタイムリミットが平成33年であることを考えると完全に間に合わない。

財政面に関して執行部から資料が出されているが、
「市税収入の減少に伴う交付税の変動や交付税に関する今後の国の動向」
「第三中学校の耐震化の財源がどうなるのか、また、建替えか耐震補強なのか」
「現在策定中の公的施設の維持管理に関する計画が反映されているのか」
など、説明が不十分である。

しかし、第三中学校の耐震化や新給食センターの建設などの大型事業が控えており、
館山市には大規模修繕費用と広域の費用を二重に支出することは不可能である。

また、大規模修繕をせずに広域に留まった場合、新施設の稼働前に現有施設がダウンするリスクがあり、
この場合、緊急的に大規模修繕するか、ごみの焼却を他の自治体や民間に委託することになる。

館山市には広域を継続しながらの大規模修繕やごみ処理の外部委託をする余裕はない。

ちなみに、民間事業者によるごみ処理委託料は、27,000円~39,000円/トンかかり、
1年間委託すると5億円以上かかる。

以上のことより、執行部の出した「広域からの離脱」という結論にある程度の理解はできる。

しかしながら、このまま広域に留まるか、それとも離脱して単独でやるかという、
2つの選択肢しか検討していないことに疑問がある。

二度の用地選定の頓挫から大幅な事業の遅れが発生し、現状に至っているが、ここは一度、
本来の目的である「安房3市1町のゴミ処理の問題をどうすれば解決できるのか」という原点に戻り、
いがみ合うのでは無く、協力して解決策を探し出すべきである。

館山市が中心となり、その責任と役割を果たすべきではないだろうか。

1つの案として、現在、館山と鋸南で稼働している焼却場を有効活用することで、
広域ごみ処理施設建設のタイムリミットを大きく延ばすことが可能である。

どのような形で行うかは、3市1町での協議に加え、地元や関係各所との調整が必要になるが、
問題を1つ1つ解決していけば、平成33年までには間に合うと考えられる。

以上のことから、現在ある資源の活用も含めた検討を再度行い、それでもできないというのであれば、
納得できる理由を示していただくことを要望した上で、広域からの離脱に了承しました。



おわりに

いくつかの大型事業に加え、高齢化に伴う医療・介護費、生活保護費などの扶助費が増加の一途で、
市の財政は危機的状況にあります。

この難局を乗越え、安心・安全に暮らしていける館山市の実現を目指し、
市民に寄り添った議員活動を実践していきたいと考えています。

これからも、市民の皆様のご意見・ご要望を市政に反映してまいりますので、
どのようなことでも遠慮なくお申し付けください。



館山市議会議員 森 正一



 





 
スケジュール 
森 正一 

archives : 「スケジュール
 
2017-02-04 up 
 
 平成29年2(如月) MORI shoichi
曜  時間  予定(確定)  備考 
1      
     
2   午後 節分祭準備 鶴谷八幡宮   
     
3 0600  館山市倫理法人会経営陣モーニングセミナー   夕日海岸ホテル
1000  節分祭 安房神社  安房神社 
1300   節分祭 鶴谷八幡宮  鶴谷八幡宮 
4 0730  スポ少駅伝試走   那古小 
0900  北条FC技術指導   市民グランド 
1530  千葉県サッカー協会8ブロック代表者会議   木更津公民館 
1900  八幡青壮年会 年篭り   夕日海岸ホテル
5 0900   北条FC技術指導   市民グランド
     
6      
     
7      
     
8      
     
9 1330   給食センター勉強会   議員控室
     
10 0600   館山市倫理法人会経営陣モーニングセミナー   夕日海岸ホテル 
     
11   終日 議会質問準備   
     
12   終日 議会質問準備   
     
13   終日 議会質問準備   
     
14 1000   全員協議会   議員控室 
1400   青少年問題会議   コミュニティセンター
15   終日 議会質問準備   
     
16   終日 議会質問準備   
     
17 0600   館山市倫理法人会経営陣モーニングセミナー  夕日海岸ホテル 
1200   行政通告一般質問通告締切   議会事務局 
18 1030   三芳野会評議員会   三芳 
1300   北条FC技術指導   市民グランド 
19   終日 議会質問準備   
     
20 1330  議会運営委員会傍聴   議長室 
     
21   終日 議会質問準備   
     
22   終日 議会質問準備   
     
23   終日 議会質問準備   
     
24 0600  館山市倫理法人会経営陣モーニングセミナー   夕日海岸ホテル 
1000   本会議   議場 
1400  地域資源有効活用調査特別委員会   議長室 
25 1900  館山市サッカー協会理事会   出野尾 
     
26 0900  JFAキッズフェスティバル 市民グランド 
1300  北条FC技術指導    市民グランド 
27   終日 議会質問準備   
     
28   終日 議会質問準備   
     
 2017/2 schedule  森 正一







しょういち blog
 森 正一

 archives:「しょういち


 2017-01-01 up

                   平成29年 新春を迎えて


                       館山市議会議員 森 正一





明けましておめでとうございます。

皆様方におかれましては、輝かしい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

この5月には市議会議員として二期目の折り返し点を向かえ、
今年は新たな挑戦の年とし、精いっぱい頑張ってまいりたいと考えています。


現在、館山市におきましては「広域ごみ処理事業からの離脱問題」に加え、
それぞれ数十億円規模の「第三中学校の耐震化」「新給食センターの建替え」「ごみ焼却施設の大規模改修」
等の大型事業が控えています。

さらには、高齢化に伴う医療・介護費、生活保護などの扶助費が増加の一途を辿っており、
市の財政は危機的状況にあります。

市、市議会、市民が連携・協力し、不要不急な事業の洗い出しを含め、
行財政における大改革を進めることが急務です。

しかしながら、人口減少と少子化が進む中、
子育て世代が安心して子どもを生み育てられる環境づくりも大変重要であり、
お金をかけるべきところにはしっかりと予算をあてる必要があると考えています。


課題山積の状況ではありますが、市民の皆様が安心・安全に暮らしていけるような館山市を目指し、
市民に寄り添った議員活動、議会活動を展開していきたいと思います。


これからも、市民の皆様のご意見・ご要望を市政に反映してまいりたいと考えておりますので、
ぜひ皆様のお声をお聞かせください。

結びに、皆様にとりまして、今年も健やかで幸多き年でありますようお祈り申し上げます。



                              館山市議会議員 森 正一







 page top 
archives 「議員別HP一覧」~2015/6/30 
 Copyright AWA ICT. All Rights Reserved.