館山市議会議員 会派別HP一覧
Tateyama City, Chiba 
HOME  市民クラブ 新政クラブ  たてやま21・緑風会  公明党   日本共産党 新しい風の会 
HOME市民クラブ本多成年


会派 市民クラブ


 
 
館山市議会議員 
本多 成年  HONDA narutoshi
ほんだ  なるとし 
自己紹介 ご案内 
私の政策 なるとし
お問合せ スケジュール
議会発言
活動報告
 



ご案内
  archives:「ご案内

2017-10-10 更新 スケジュール」 平成29年10月度 (2017) 
2017-10-04 更新 議会発言」 決算質問書・決算認定賛成討論 平成29年9月議会
2017-10-02 更新 活動報告」平成29年市政報告 第3号 9月議会 
-- 2017-08/31 archives「議会発言質問要旨 平成29年 6月議会 通告質問  
2017-08-11 更新 なるとしblog」 政務活動費のホームページ掲載について 
-- 2017-08/09 archives「スケジュール平成29年8月度(2017) 
-- 2017-07/03 archives「スケジュール」平成29年7月度(2017)  
-- 2017-06/29 archives「活動報告平成29年市政報告 第2号 6月議会
-- 2017-06/03 archives「活動報告平成29年 第2回定例会 6月議会 通告質問  
-- 2017-05/31 archives「スケジュール」平成29年6月度(2017)  
-- 2017-04/26 archives「スケジュール」平成29年5月度(2017) 
-- 2017-04/12 archives「活動報告サバにマグロを産ませる・講演会
-- 2017-04/03 archives「スケジュール」平成29年4月度(2017)    
 
2015/07/01~2017/03/31 「ご案内」 archives :「ご案内




自己紹介


 本多成年です。どうぞ宜しく。




  2017-07-07 up 
 青色表示(追記)
現在役職  
2017年   館山市議会議員 3期(2007年 初当選 ~現在) 
    会派 市民クラブ 幹事
    三芳水道企業団議会議員  2017-06-27
    議会改革等別委員会 委員
    建設経済委員会 委員
     

 
略歴     
1956年   千葉県  館山市生まれ(昭和31年) 
    館山市立 第二中学校卒業  
    千葉県立 安房水産高等学校卒業 
1979年   関東学院大学 工学部電気工学科卒業 (昭和54年) 
     
    2007年 館山市議会議員 初当選  
    2011年 館山市議会議員 2期  
    2015年 館山市議会議員 3期(~現在)
     
    館山市議会 副議長(歴任 2015)  
     
    家族: 妻、二女 
    趣味: ドライブ・釣り
     

     
活動履歴     
    館山市立 第三中学校 学年委員長
  館山高等学校 PTA会長
     
    北条地区 青少年相談員(3期12年) 
    北条地区会長・館山市副会長 
    北条地区コミュニティ委員(14年) 
     
    子供情報誌 きらきらキッズ編集員(~現在)





 
私の政策
 本多成年


私の政策」「私の姿勢


 明日の館山をともに創る
 
「私の政策」

1.子育てしやすい館山をめざす

    小児医療費の中学校までの無料化 
    地域の特性に合わせた学校の再編とお通学費の無料化、小児医療の充実。


2.Iターン・Uターンしやすい働ける場のある館山

    魅力ある産業の創設、一次産業から六次産業に発展できるような産業開発、    
    収入につながる観光事業の創設を図ります。 


3.お年寄りにやさしい介護の充実した館山
 
    独居老人の増加、買い物弱者、交通事故増加など厳しい現実が増えています。 
    行政市民が一体となって、安心して暮らせる街を創ります。 


4.自然と共存した一次産業につながる観光館山

    都会から1時間半で来られ、豊かな自然が豊富に残っています。
    安全な食材が豊富で、温暖な気候、そんな所は日本にそうありません。
      おもてなしの心で観光館山館山を創りましょう。
 

5.市民の参加できる行政に

    行政、議会、市民の皆様とともに切磋琢磨し、 
    一緒に住みよい館山を創るため市政の改革に邁進いたします。
 
 

 

「私の姿勢」
 
私たち市議会議員の務めは、
市長の持つ大きな力(予算執行権・人事権等)に対し、
議会として間違った方向に行かぬよう監視し、対話し議会において決定すること。 

市民の為の施策を立案、市長に提案することで、行政サービスの向上を図ります。
私はこの8年間、ほぼ毎回の定例会で、一般質問を欠かさず発言してきました。
 
批判ばかりをすることでなく、また追従することばかりでもなく、
様々な施策を提案することで、住み良い館山を創って行こうとの思いからです。
今後も議会議員としてこの姿勢を貫き、より良い館山市を創るべく努力いたします。




お問合せ


 皆さまのご意見をお聞かせください。

お寄せいただいたご意見・ご要望・ご質問、私がすべて目を通します。

今後の政治活動の参考とさせていただきたいと思います。



館山市議会議員 
本多成年


  住所  〒294-0054 千葉県館山市湊 485-1 
  TEL 0470-22-8252
  FAX 0470-22-8252
  Mail  channaru1205@coral.plala.or.jp
  HP  awanew.com




 議会発言
 本多成年

 archives:「議会発言

 
2017-10-04 up 
 
決算審査特別委員会

2017-09-20(水)
平成29年 第3回市議会定例会 (本館会議室)

私は平成28年度決算特別委員会の委員でありましたので、委員会に際し「決算質問書」に記した内容について
執行部の予算の使い方やその成果について質問をしました。


本会議 賛成討論

2017-09-27(水)
平成29年 第3回市議会定例会 (議場)

議会最終日の本会議では、共産党の認定に反対の討論がありましたので、自分なりの平成28年度の決算について、
意見を延べさせていただき賛成の討論をいたしました。








「決算審査特別委員会 決算質問書」

歳入
  P6 地方交付税
歳出
  P10 扶助費の伸びについて
健全化判断比率
  P12 これで財政危機との判断か
  P13 市債残高についての見解


歳出
総務費
P18 第三者委員会運営事業
P18 地方公会計整備事業
P19 恋人の聖地プロジェクト事業
P20 地域おこし協力隊事業
P20 地域防災リーダー養成事業
P21 防災行政無線整備事業
P21 道路付属物点検事業
P22 自主防災促進事業
P24 東日本大震災避難者支援事業
P25 海の魅力アップ創出事業
P26 移住定住促進事業
P27 徴収事務
P28 損害賠償金

民生費
P31 福祉作業所管理運営事業
P35 高齢者生活支援事業
P36 敬老祝い金事業
P37 子育てサービス利用者支援員の配置
P38 学童クラブ運営委託事業
P41 保育所運営費補助事業

商工費
P58 企業誘致推進事業
P60 観光振興事業
P61 観光施設整備事業
P61 観光施設管理事業
P61 渚の駅管理事業
教育費 P72 いじめ相談室設置事業
P74 児童生徒心理検査事業
P77 北条幼稚園建設事業
P77 放課後子供教室推進事業
P82 展覧会等開催事業
P83 社会体育施設整備事業

国保特別会計
P85 徴収対策事務
P86 高額療養費支給事業

介保特別会計
P88 包括支援事業
P89 地域包括ケアシステムの構築







「本会議  
決算認定の賛成討論」

一般会計歳入・歳出決算について認定に賛成するという立場で討論を行います。

私はすでに決算特別委員会委員でありますので賛成はしておりますが、
本日、ご参会の皆さんにより多くのご賛同をたまわりたく、討論をおこなうものです。


決算特別委員会での議論として、委員長からすでに報告の通りでありますが、その中で委員からは、歳出について
総務費では第三者委員会の運営については、進捗状況を議会に対して報告してほしい、
ふるさと納税について適正な中で推進すべきなど、
民生費では、福祉作業所の管理運営には、不正問題を踏まえてしっかり運営をしてほしい、
農林水産費では、有害鳥獣対策事業の推進、
商工費では、企業誘致推進事業でその効果について、
教育費ではいじめ相談室設置業務についていじめの件数は、
館山市芸術文化協会補助金については公共性を鑑み、適正な加入ができるようなど多くの問題の指摘や意見要望がでたものの、決算でありますので、その使途については金額を含め適正に支出されていると判断をさせていただきました。


平成28年度の審査の結果、特筆すべきは経常収支比率98.2%であり、財政の硬直化が顕著となっておりますが、
来年度以降、給食センター、第三中学の建て替え、将来的にはゴミ処理施設建設などを控え、尚、
高度成長期に建設が進められた公共施設についてはこのほど管理計画がたてられ計画にそった改修などを進めなければならず、
今後の財政運営には引き続き緊張感、危機感をもってあたることを望むものであります。

しかし、このような財政下にあっても地方創生、人口減少対策は喫緊の課題であり、
今その対策をしていかなければ将来、若い世代に住みたいと思っていただけるふるさと館山にはならない、との思いがあります。


決算を踏まえた来年度予算について、行うべき事業の選択も将来の若い世代に引き継げるような事業にも是非取り組んでいただきたい。との要望を付け加えさせていただき平成28年度一般会計決算の認定について賛成の討論といたします。


館山市議会議員  本多 成年






 活動報告
 本多成年



archives 「活動報告

本多成年の市政報告 平成29年 市政報告 第3号

館山市議会議員 本多成年

2017-10-02 up

  ごあいさつ
平成29年 第2回 館山市議会定例会における行政一般質問 
沖ノ島環境保全協力金について 
平成28年度決算の結果について 
全国の地方議員の定数及び報酬についての調査結果 
館山市景観計画策定委員会委員の設置 
館山市立中学校生徒の自死といじめに関する第三者委員会の経過報告 
平成29年度の県外視察 
会派 市民クラブ  10月3・4・5日
建設経済委員会 10月16・17・18日
第3回 議会報告会 開催のお知らせと参加のお願い 
おわりに 



ごあいさつ

平成29年9月議会は八幡の祭りを挟んで、決算の承認など忙しない日々を過ごし、ようやく皆さんの手元に報告を配ることが出来ました。
私は、市議会議員となり自分の持っている経験や知識をもって、又、皆さんのご意見、ご要望をもって政策提言や生活基盤整備に力をいれてまいりましたし、成果をあげてきましたが、まだまだ、やることがいっぱいです。
残りの任期2年を切りましたが、任期満了まで市民生活の向上、生活基盤整備、子育て支援等々今ある課題に積極的に取り組んでいくことをお誓いし、報告とさせていただきます。



平成29年 第2回 館山市議会定例会における行政一般質問
2018年度から千葉県が国民健康保険の財政運営主体となることについて

まだ、皆さんはまだご存じないと思いますが、県が国民健康保険の財政運営主体になります。
とどうなるのか、そんな素朴な疑問をぶつけてみました。

見直しの主な点
(1)県が国民健康保険の保険者となること。
(2)県が市町村の標準保険料率を算定・公表する。
(3)市が標準保険料率を参考に税率を決定し徴収する。

見直しのメリット
県が加わることで国保財政が大きく安定する。

国保は、一般会計からの繰り入れがあるなど、国保加入者以外の人からの批判があるなどの問題もありましたが、館山市においては昨年、一般会計からの繰り入れがなく、国保加入者の医療費の減少、保険税の収納率の向上等があり、保険料が下がったなど良い傾向がありましたが、今後、高齢化や医療費の増が予想されるため、市民の増々の健康意識を高め、健康ポイント制度や健康体操など市民を挙げての取り組みが必要です。

さて、千葉県の標準保険料率がいつ示されるのか、来年早々の話しなので10月との話もありますが、担当課によると館山市はそう大きな変動はないだろうとのことでありました。
しかし、県の運営主体になり、保険料率が県内全市で統一になれば、県北の若い世代が高齢になるごとに、当然医療費が上がり、今後は保険料が上がっていくことは覚悟しなければならないでしょう。

千葉県は今のところ、保険料率の統一化については述べてはいませんが、いずれは、統一化の道を歩むことになると考えています。



【沖ノ島環境保全協力金について】
今年の夏、沖ノ島で楽しむ観光客の皆さんに一口500円の環境保全協力金をお願いしたところ、入島者26000名のうち約1%の方に協力が得られ協力金の総額は278口275,650円で、かかった経費は領収書、パンフ印刷費、ユニットハウスなど111万円かかっている。

市の説明では、費用対効果は金額ではなく、沖ノ島を守るという意味が理解してもらえたという効果は大きいと考えている。
しかし、説明が不十分であったと反省している。との執行部側の説明がありました。

さて、この説明を聞いて納得する人がどれだけいるでしょうか。
沖ノ島を守ることの重要性を問うだけなら、パンフだけ配れば良いことで、当初は藻場の再生に係る経費を補うなどの目的があったはずです。
今回はとてもお金をいただこうとの意図が全く入島者に伝わらなかった、と言わざるを得ません。
広報の仕方も、徴収場所においてもあれでは、わざと目立たないようにしていたとしか思えませんでした。
もし来年も同じような体制でやるようであれば断固反対するつもりです。徴収の仕方、広報の仕方もっと工夫を。



【平成28年度決算の結果について】

歳入総額19,835,212円    経常収支比率 98.2%
歳出総額19,057,753円    地方債残高 18,092,522円

平成28年度決算の審査が行われ、17名の議員のうち私を含め〇〇名の賛成をもって承認されました。
10月のだんだん館山にて、詳しい館山市の台所事情が明らかになると思いますが、この結果をどう捉えるかは、受け取り方次第だと考えています。

館山市の収入と支出も預金も他市に比べると、低いほうでしょう。
しかし借金は隣の南房総市に比べれば約1/2となっています。
税収は企業がある訳でもありませんから、多くはありませが地方交付税と国庫支出金でしのいでいる状況です。
支出を抑えようにも扶助費(社会保障制度の一環として児童・高齢者・障害者・生活困窮者などに支援する経費、生活保護費・児童手当など)が10%程度上がっていく状況であり、経常収支比率は100%に近くになっています。

つまり一年経ったら財布の中身は空っぽというわけです。
しかし、健全化判断比率(将来、財政破綻するのではと、新たに作った国の指標)は決して悪い数字ではありません。

私はこのような時だからこそ、経済的な発展をするため、また、税収の増を図るための施策(食のまちづくり事業など)に返済に有利な市債や地方創生交付金などの資金を利用し進める考え方もあります。

確かに今、三中の建て替えや、ごみ処理施設建設問題などをかかえていますが、これは将来の人達も恩恵を受ける施設であり、将来にある程度負担を強いる市債もやむを得ないと思いますが、このまま衰退したままの館山では若い人達がそもそも館山に住もうと考えていただけないのではないか、そのほうが大問題なのでは?
今の館山市の財政状況をどう考えるのか、悲観的に捉えるのか、希望を見出すのか、是非考えを聞かせてください。



【全国の地方議員の定数及び報酬についての調査結果】
全国市議会議長会で地方議員についての興味深い調査結果がでましたので公表させていただきます。

(平成28年12月現在の数字)
館山市の議員定数 18人 議員報酬 34.2万円
議員定数 人口5万人未満 269市で平均17.7人  (全814市平均 24.0人)
議員報酬 人口5万人未満 同上平均額33.03万円 (全国平均 42.10万円)
議員報酬 人口5万人未満 最高額44.2万円 最低額18.0万円
※ さてこの結果をみて、判断するのは市民の皆さんです。
館山市の議員は多いのか、報酬も多いのか。それと、議員って必要かどうか。



【館山市景観計画策定委員会委員の設置】
このほど館山市景観計画策定委員会が設置され、その委員に任命されましたので報告します。

この委員会は15名で構成され、景観法に基づく本市の良好な景観形成に資する計画を策定するために設置されました。
今までの実績で言えば、駅西口の景観や海岸通りなどですが、今後は環境面やソーラー発電設置規制なども協議されるようです。



【館山市立中学校生徒の自死といじめに関する第三者委員会の経過報告】
・委員会の開催 
平成28年3月から平成29年9月までの間18回開催

・検討内容
委員会が保管していた資料、遺族提供の資料の確認及び検討・分析を行っている。
これまで遺族、教育委員会、当時の中学校、小学校教員、PTA役員、中学校の元生徒及び保護者からヒアリングを行い、その結果を担当した委員からの報告。野球部の元部員に対して調査への協力を求める文書送付。

・今後の調査  
元生徒からのヒアリングと並行して調査審査の結果のまとめ

・報告書提出  
平成30年3月末を目途に報告書を提出する予定



【平成29年度の県外視察】

市民クラブ 10月3日(火)から10月5日(木)

・ オガールプロジェクト(岩手県紫波町)
・ 世界遺産平泉中尊寺(岩手県平泉町)
・ シーパルピア女川(宮城県女川町)

※ 東北に、今、莫大なお金が投入されています。
震災復興の名の下に。
お金を掛けた地方創生策の具体的な先進事例を学んできたいと思っていますが、はたして我がふるさと館山に適用できるのか。


建設経済委員会 10月16日(月)から10月18日(水)
・ センサーネットワークによる有害鳥獣対策(尻市)
・ 移住定住対策【空き家バンク】(塩尻市)
・ 小池手作り農産加工所有限会社(喬木町・飯田市)
・ 体験型観光の取り組み【農家民泊・信州観光公社】(飯田市)
・ ㈱飯田まちづくりカンパニー(飯田市)

※ お金を掛けずに、情熱をかける。
そんな地方創生策もあるはずです。
必ず、市政に役立てられるようしっかり見てまいります。



【第3回議会報告会】開催のお知らせと参加のお願い
開 催 日  10月29日(日曜日) 10時から11時30分まで
開催場所 若潮ホール(本多出席会場)

内  容
・平成28年度の議案審査結果報告(質疑応答)
・意見交換会 「ストップ・ザ・人口減少」

※ 三回目を迎え、新たにテーマを設けて、市民の皆さんと意見交換の場も計画しています。
多くの皆さんの参加を期待しています。
他に2会場で開催されますので、市の広報等でご確認ください。



おわりに

私は最近、思うことがあります。
それはスマートフォンでSNSを利用するようになってからです。
そこには今の若い人たちの普段の生活が見えてきます。
そして、決して館山を嫌いであるのでなく、本当に館山を皆、愛しているのが分かるのです。
だからこそ将来館山がどうなるんだろうとの不安があるように感じます。
今私は61歳、自分なりに自分の意志で生きてきました。
生きてもあと20年、今20歳、30歳の若い人たちは館山で60年以上を過ごすことになります。
その時に、今ある借金がそこに住む人たちの重荷になるのか、その時代に住む人たちに「ありがとう」と言われるものを残せるのか。
今政治に携わる者の責任です。



ホームページアドレス http://www.awanew.com
本多成年後援会 討議資料



館山市議会議員 本多 成年







15
 
 なるとし blog
本多成年
 
 

  ▶ archives:「なるとし

 
2017-08-11 up

館山市議会議員 本多成年


政務活動費のホームページ掲載について


私の6月の議会報告でもご紹介させていただきましたが、各会派の確認をしていただき了承を得て掲載にむけてまいりましたが、ようやく平成29年8月7日をもって平成28年度の政務活動費収支報告書および領収書等の添付書類につきまして、館山市議会のホームページ上への掲載が始まりましたことを、お知らせさせて頂きます。

これをもって、昨年の議会運営委員長の大きな役目を完了させていただいたと考えています。
千葉県でもこのような掲載はまだ数少ないと思いますが、今後とも議会改革特別委員会の委員として議会改革の一翼を担っていきたいと思っています。

政務活動費としては会派に議員一人当たり年間10万円が支給され、会派としての政治活動(研究研修・調査旅費・資料作成購入・広報公聴費など)に使用することができることになっています。
議員個人の政治活動には使用できませんが、一人会派にも支給されますので、一人会派の議員は会派の活動と議員個人の活動とはっきり仕分けし、按分をすることになっています。
その辺りも公表し、市民の皆さんに見ていただくことで政務活動費の透明性を図ることが大きな目的としています。



館山市議会議員  本多 成年







 スケジュール
 本多成年

archives:「スケジュール 

 2017-10-10 up
 平成29年 10(神無月) HONDA narutoshi
曜  時間  予定(確定)  備考 
1      
     
2      
     
3 07:00  市民クラブ県外視察 紫波町オガールプロジェクト 岩手県
     
4   終日 市民クラブ県外視察 世界遺産 平泉中尊寺  岩手県
     
5   終日 市民クラブ県外視察 シーパルピア女川  宮城県 
     
6 10:00  北条地区 菜の花シニア芸能祭  
     
7      
     
8      
     
9      
     
10 18:30  北条地区コミュニティ委員会  
     
11      
     
12      
     
13 14:00  全員協議会 報告会のまとめ 議員控室 
16:00  防災キャンプ  九重小 
14 09:30  渚の教室ボトルシップ   
     
15 10:00  館山市40周年コミュニティ芸能祭  南総文化ホール 
     
16   10/16・17・18 建設経済委員会 県外視察(鳥獣対策) 長野県 塩尻市 
     
17   建設経済委員会 県外視察 (農家民宿)  長野県 飯田市 
     
18   建設経済委員会 県外視察 長野県 飯田市まちづくり会社  長野県 飯田市 
     
19      
     
20      
     
21   第36回 南総里見祭り  北条海岸 
     
22      
     
23 14:00 全員協議会 議会報告会打合せ  議員控室 
     
24 10:00 三芳水道議会  2F会議室
     
25      
     
26      
     
27      
     
28   館山総合高校文化祭  館山総合高等学校
     
29 10:00  館山市議会 議会報告会  若潮ホール
     
30      
     
31      
     
 2017/10 schedule 本多成年




 ▲page top
 Copyright AWA ICT. All Rights Reserved.