館山市議会議員 会派別一覧 
 Tateyama City, Chiba
HOME  市民クラブ 新政クラブ たてやま21・緑風会  公明党  日本共産党 新しい風の会
HOME議会決議→決議


決 議

議会決議 」戻る




平成28年 第2回定例会 発議案第7号 (6月議会)
平成28年 第2回定例会 発議案第8号 (6月議会)




2016-08-26 up



 発議案 第7号
  義務教育費国庫負担制度の堅持に関する意見書について

 上記議案を別紙のとおり、地方自治法第109条第6項及び
 館山市議会 会議規則第14条第2項の規定により提出します。
 
 平成28年6月24日

  提出者 館山市議会文教民生委員会
    委員長 龍崎 滋

 館山市議会議長 
榎本祐三様




 義務教育費国庫負担制度の堅持に関する意見書

 義務教育費国庫負担制度は、憲法上の要請として、教育の機会均等とその水準の維持向上をめざして
 子どもたちの経済的、地理的な条件や居住地のいかんにかかわらず無償で義務教育を受ける機会を保障し
 かつ、一定水準の教育を確保するという国の責務を果たすのものである。

 政府は、国家財政の悪化から同制度を見直し、その負担を地方に転嫁する意図のもとに
 義務教育費国庫負担金の減額や制度そのものの廃止にも言及している。

 地方財政においても厳しさを増している今、同制度の見直しは、義務教育の円滑な推進に大きな影響を
 及ぼすことが憂慮される。
 また、同制度が廃止された場合、義務教育の水準に格差が生まれることは必至である。

 余って、国においては21世紀の子どもたちの教育に責任を持つとともに、教育水準の維持向上と
 地方財政の安定を図るため、義務教育費国庫負担制度を堅持するよう強く求める。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

     平成28年6月24日
                         
館山市議会

 内閣総理大臣 様
 財務大臣   様
 文部科学大臣 様
 総務大臣   様







2016-08-26 up



 発議案 第8号
  国における平成29年度教育予算拡充に関する意見書について

 
 上記議案を別紙のとおり、地方自治法第110条第6項及び
 館山市議会 会議規則第14条第2項の規定により提出します。

 平成28年6月24日


  提出者 館山市議会文教民生委員会
    委員長 龍崎 滋

 館山市議会議長 榎本祐三様




 国における平成29年度教育予算報拡充に関する意見書

 教育は、憲法・子どもの権利条約の精神にのっとり、日本の未来を担う子どもたを心豊かに教え、
 育てるという重要な使命を負っている。

 しかし現在、日本の教育は「いじめ」「不登校」、少年による凶悪犯罪、さらには経済格差から生じる
 教育格差・子どもの貧困等、様々な深刻な問題を抱えている。

 また、東日本大震災、原子力発電所の事故からの復興は、いまだ厳しい状況のなかにあると言わざる
 を得ない

 一方、国際化・高度情報化などの社会変化に対応した学校教育の推進や教育環境の整備促進、様々な
 教育諸課題に対応する教職員定数の確保等が急務である。
 千葉県及び県内各市町村においても、一人ひとりの個性を尊重しながら、生きる力と豊かな人間性の
 育成をめざしていく必要がある。

 そのための様々な教育施策の展開には、財政状況の厳しい現状を見れば、国からの財政的な支援等の
 協力が不可欠である。

 充実した教育を実現させるためには、子どもたちの教育環境の整備を一層進める必要がある。
 そこで、以下の項目を中心に、平成29年度にむけての予算の充実をしていただきたい。

 ・震災からの教育復興に関わる予算の拡充を十分に図ること。
 ・少人数学級を実現するため、公立義務教育諸学校の教職員定数を改善する計画を早期に策定、実現
  すること。
 ・保護者の教育費負担を軽減するために、義務教育教科書無償制度を堅持すること。
 ・現在の経済状況を鑑み、就学援助や奨学金事業に関わる予算をさらに拡充すること。
 ・子どもたちが地域で活動できる総合型地域クラブの育成等、環境、条件を整備すること。
 ・危険校舎、老朽校舎の改築や更衣室、洋式トイレ設置等の公立学校施設整備費を充実すること。
 ・子どもの安全と充実した学習環境を保障するために、基準財政需要額の算定基準を改善し、
  地方交付税交付金を増額すること。

 など、国においては、教育が未来への先行投資であり、日本の未来を担う子どもたちに十分な教育を
 保障することが、国民の共通した使命であることを再認識され、国財政が非常に厳しい状況のなかでは
 あるが、必要な教育予算を確保することを強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成28年6月24日
                           館山市議会

 内閣総理大臣 様
 財務大臣   様
 文部科学大臣 様
 総務大臣   様







 ▲page top
 Copyright AWA ICT. All Rights Reserved.