館山市議会議員 会派別一覧 
 Tateyama City, Chiba
HOME  市民クラブ 新政クラブ たてやま21・緑風会  公明党  日本共産党 新しい風の会
HOME請願・陳情→請願


請 願

請願・陳情」戻る




平成27年 第4回定例会 請願 第4号 (12月議会)


2016-05-01 UP


 
 請願 第4号
 
平成27年11月5日
 鶴ケ谷八幡神社に消火栓の整備を求める嘆願書



  住 所  
団体名  
紹介議員
館山市(略)
(略)
館山市議会議員  本多成年
同        内藤欽次
同        森 正一
同        石井敬之


  館山市議会議長 榎本祐三様


「請願事項」
今議会におきまして「鶴ケ谷八幡宮に消火栓の整備を求める嘆願書」を貴議会において採択していただき、
関係行政部局に意見書を提出いただきたく、お願い申し上げます。


「請願理由」
弊社、鶴ケ谷八幡宮は安房国総社として、現南房総市府中に創建され鎌倉時代に現社地に遷座し、
境内には安房神社遥拝所という立派な社殿を持ち、社殿のそばには、

若宮八幡神社棟札(昭和40・4・21)
鶴ケ谷八幡神社本殿(昭和42・2・21)
名刀「家守」(昭和58・10・25)
鶴ケ谷八幡宮の筒粥神事(平成5・12・24)
千葉県指定文化財としては
「安房やわたんまち」安房やわたんまち安房国司祭継承保存会(平成16・3・30)など
有形・無形の数多くの文化財があり、その文化的な価値は市内でも有数を誇り、
又、やわたんまちは館山市の数少ない館山市における秋の観光の要となっております。

また今年は、後藤義光生誕200年祭を、館山市の共催を得て盛大に開催されましたし、
境内は八幡区民の災害時の避難場所にもなっております。

このような状況で、もし火災になった場合、社殿及びその他の施設は全て木造であり、
初期消火が非常に大切となります。
現在の状況は市道上に消火栓がありますが、それでもホースを何本も接続しなければならず、
多くの人も必要ですし、繋いでいる間に燃え広がってしまう恐れがあります。

境内の社殿近くに消火栓があれば、小人数でも操作でき、早いうちでの消化が可能となり、
消失を免れる可能性が高くなります。

館山市の文化財として、管理は神社にあることは承知しておりますが、
前置きにも記述させていただきましたが、
「歴史の継承と文化の振興」これは、館山市がこれからの館山の将来像「「あったかふるさと」館山を掲げ、
「人」を育む、地域への誇りと愛着を持つ、との館山市の進める総合計画にもつながり、
「祭り」というキーワードがこれからの観光の要になることは誰もが認めるところであります。

館山市におかれましては、何卒、消火栓の設置に関し、
地域の実情を理解していただき、格段のご配慮を賜りたく、お願い申しあげます。





 ▲page top
 Copyright AWA ICT. All Rights Reserved.