館山市議会議員 会派別一覧
 Tateyama City, Chiba
HOME  市民クラブ 新政クラブ たてやま21・緑風会  公明党  日本共産党 新しい風の会
HOME過去一般通告質問 項目集(議員別)  



過去 一般通告質問 項目集(議員別)

( H27・2015/6月議会 ~  )


  2018-07-06 up

本多成年

H29/12月議会

H30/03月議会


龍崎 滋


H29/12月議会

H30/03月議会

H30/ 06月議会
(青色表記)

石井信重 鈴木正一 瀬能孝夫

H29/12月議会

H30/03月議会

H30/ 06月議会
(青色表記)
内藤欽次

H29/12月議会
H30/03月議会

H30/ 06月議会
(青色表記)

森 正一

H29/12月議会
H30/03月議会

H30/ 06月議会
(青色表記)


榎本祐三 石井敏宏

H29/12月議会
H30/03月議会

H30/ 06月議会
(青色表記)
吉田恵年 今井義明

H29/12月議会
室 厚美

H29/12月議会
H30/03月議会

H30/ 06月議会
(青色表記)











 
  
本多成年 ◆過去・一般通告質問 項目集

(H27・2015/6月議会 ~)


    ◇H27/9月議会~H28/6月議会 副議長就任・通告質問等の登壇自粛

通告質問項目 定例会    通告質問項目 定例会  
◇地域の支え合いを育む  ・H28/ 9月  ◇有害鳥獣対策の3市1町の対応   ・H28/ 9月
◇東京都大島町との現在と将来の関係  ・H28/ 9月  ◇広域ごみ処理施設  ・H28/12月 
障害児童に対する諸施策  ・H29/ 3月  館山市総合計画における政策 ・H29/ 3月 
◇自転車活用推進  ・H29/ 6月   ◇館山市公共施設等総合管理計画  ・H29/ 6月  
◇国民健康保険税  ・H29/ 9月  公立小中学校の臨時的教員の待遇  ・H29/ 9月  
◇台風における館山市の被災状況  ・H29/12月 ◇平成30年度 行政としての経済施策  ・H30/ 3月 
  

本多成年・通告質問項目 定例会  質問要旨(略記)
◇地域の支え合いを育む  H28/ 9月議会
〇市外転入者の町内会加入でのトラブルは自主加入という制度が起因では。
 行政としてどのような説明をしているのか。

〇市民モニター制度を知っているか、また、この制度をどう思うか。

〇官民一体で協働のまちづくり推進の「市民協働条例検討委員会」を設置し
 市民の声を聴き、条例化の検討を進めるとのこと、今年度の取組を問う。

◇有害鳥獣対策の3市1町の対応  H28/ 9月議会
〇イノシシ捕獲1頭当り捕獲報奨金が各市町でバラバラであることの見解は。
  
〇電気柵、メッシュ柵の設置補助金の補助率は2分の1と同じだが、限度額に
 差が生じており、柵の補助金など3市1町が同じ補助にすべきでは。

〇館山市は他市に比べイノシシ捕獲数が少ないが、実数であるとの認識か。

◇東京都大島町との現在と将来の関係 H28/ 9月議会
〇防災面や観光面で東京五輪を控え、新たな東京都との関係を考えては。
 
◇広域ごみ処理施設  H28/12月議会
◇未だに議会で議論もされていない一方的な表明
 「館山市の広域ごみ処理施設建設からの離脱表明」

〇今回の市長の離脱表明には、広域で行う処理場建設の優位性について、
 否定していないが、これについての回答は。

〇10月4日の全員協議会で市長から離脱の意志を聞いた折、私から
 「広域ごみ処理施設建設離脱における数字的根拠の提示」を要望した。
 市民への説明と同じ説明を議会にもしたが、
 それをもって根拠とは到底了解できかねる。
 離脱は館山市の財政的な理由だけなのか。

〇館山市が離脱する理由として、20年後までの現在の館山市の処理場の
 延命についての試算しかしていない。
 20年後、もし現在の処理場が使えなくなった時の新たな処理場の建設
 については考えはないのか。

〇いま館山市がやることは、まず、広域ごみ処理場の建設について
 安房郡市広域市町村圏事務組合に残り、建設予定の処理場のゼロベース
 での新たな試算をさせるべきではないのか。

〇館山市がリードし、広域で早期に処理場建設を図ることが、
 もっとも経済的であり効率的ではないかと思うが。

◇障害児童に対する諸施策  H29/ 3月議会
◇障害者差別解消法による諸施策

〇保育園、幼稚園、小学校と、各段階でそれぞれの持っている障害
(自閉症・ADHD・LDなど)はさまざまであるが、各段階での専門の先生の
 配置はどうなっているか。

〇障害に対する親の理解が重要と考えるが、保護者に対する勉強会などの
 開催はあるか。

〇文科省の調査で館山市の公立小中学校の洋式トイレの普及率が46.4%との
 結果があったが、今後の洋式化の取り組みはどうか。

◇館山市総合計画における政策  H29/ 3月議会
◇「しごとを創る」政策 

〇食のまちづくり計画及び食のまちづくり拠点整備の今後の取り組み、
 旧館山工業団地用地、国指定史跡稲村城跡の活用、また、それを結ぶ
 3か所の連携についてはどうか。

〇千葉県教育委員会で平成29年度日本遺産に『房総の「海の幸」の文化
 -漁・食・祭と世界一の貝塚群』を申請した。
 館山市からは、「やわたんまち」と「漁撈用具」が登録対象となったが、
 遺産登録で、どのような効果が期待できるか。

〇台湾ランタンフェスティバル参加における台湾からの観光客誘致に
 関する今後の取り組みはどうか。

◇自転車活用推進  H29/ 6月議会
◇交通手段としての自転車の役割拡大を目指す自転車活用推進法が
  昨年末、成立施行された。

〇基本理念として、公共の利益の増進に資するものであり、自転車の利用を増進し、
  国民の健康の増進、交通混雑の緩和による経済的社会的効果を及ぼすなど、
  自転車による交通の役割を拡大し、なお交通の安全の確保を図るものとしているガ、
  この法により、どのような効果が期待できるか。

〇自転車の活用推進の基本方針として、国内外からの観光旅客の来訪の促進、
  観光地の魅力の増進、その他地域の活性化に資するものに対する支援などを
  挙げているが、館山市として自転車に関連する施策上で整備する考えはあるか。
〇市の施策実施に当たり、国や県の財政面での支援対応はあるのか。

◇館山市公共施設等総合管理計画  H29/ 6月議会
〇土木系公共施設の現況として、橋梁の保有状況で架設年が定かでない橋梁が
  82とのことだが、現在の耐用年数超過分だけでも全体の62%、由々しき事態だが、
  安全安心な交通体系を維持するうえでも重要であり、対策を問う。

〇今回の管理計画で学校の統合再編計画で明確に、統廃合について言及された。
  具体的な進め方について示すべきである。

〇今回の管理計画では民間事業者の参入の推進を謳っている事業がいくつかあるが、
  子育て支援施設(こども園等)、学校施設での余裕スペース、コミュニティセンター、
  スポーツ施設、公園施設など多岐にわたるが、具体的な行動計画を示すべきである。

◇国民健康保険税  H29/ 9月議会
◇平成28年度決算での徴収率が、現年課税分が93.1%、 滞納繰越分10.2%、
  合計70.5%と出た結果について

〇2018年度から県が国保の財政運営主体となることから、館山市の国保税について、
  何らかの対応があるのか。

〇館山市の国民健康保険事業の会計状況について、今後の見通しはどうか。

〇館山市の国保税収納率について、県から目標値の設定はあるか。

公立小中学校の臨時的教員の待遇  H29/ 9月議会
今年の公立小中学校に非正規として勤務し、担任や部活動の指導など、
  正規とほぼ同じ仕事をする臨時的教員について

〇千葉県の正規教員と臨時的教員について、給与にどのような差があるのか。

〇臨時的教員について、給与の上限規定はあるのか。

◇台風における館山市の被災状況  H29/12月議会
◇ 台風21号における館山市での被災状況について

〇 館山市における災害被災状況について、
  公共物(主に漁港)の 被害程度と復旧の程度は。
  漁業及び農業の被災状況、被害額、救済措置、補助 制度は
  どのようになっているか。

〇 市行政として、今回の被災対象者(農漁業者)に対して、
  補正予算を組んで独自の予算措置 をとったようだが、その予算額で足りるのか。
  今議会後の、予算措置についてはどうか。

〇 被災直後の被害状況の把握など、
  初動の動きを今後に生かすために検証すべきと思うが。

◇平成30年度 行政としての経済施策  H30/ 3月議会
◇平成30年度、行政としてどのような経済施策を打っていくのか。

〇三団体(商工会議所、館山市観光協会、館山市商店会連合会)が
  五つの統一要望をあげた。
    ①館山湾を活用した海辺のまちづくりの実現
    ②館山航空基地の整備拡充
    ③経済振興策の推進
    ④街中の賑わいづくりの創出
    ⑤産業振興条例の制定
  それぞれの要望にどのように答えていくのか。

〇市の職員について、
  専門的に経済について継続的に任せられる職員を育成していく考えはないか。

〇二回訪れた台湾については、どのような成果を期待しているか。

〇海から館山に訪れるお客様を増やしていく施策について問う。

〇日本遺産登録について、館山として推進する考えはないか。






page top ↑





 
  
石井信重 ◆過去・一般通告質問 項目集

(H27・2015/6月議会 ~)

 

    ◇ H28/9月議会~H29/6月議会 副議長就任・通告質問等の登壇自粛

通告質問項目 定例会    通告質問項目 定例会  
◇海岸の利活用、利便性の向上  H27/12月  ◇空き家対策  H27/12月 
◇渚の駅たてやま商業施設棟  H27/12月  ◇小中学校のアレルギー疾患への取組  H28/ 6月 
◇新学校給食センター整備事業  H28/ 6月  ◇平砂浦の自然環境の保全と活用  H28/ 6月 


石井信重・通告質問項目 定例会  質問要旨(略記)
◇海岸の利活用、利便性の向上  H27/12月議会
〇館山の海水浴場の確保に関する条例で、来年への検討を始めているか。

〇夏期期間に限らず、年間を通して海岸の利活用を考えるべきと思うが。

◇空き家対策 H27/12月議会
〇船形地区をモデル地区に老朽危険空家実態調査の調査結果、現状は。

〇「老朽危険空き家対策会議」が開催されたが、具体的な検討内容は。

〇使える空き家については利活用も考える必要があると思うが。

◇渚の駅たてやま商業施設棟  H27/12月議会
〇オープンして一年を迎えるが、その現状と成果は。

◇小中学校のアレルギー疾患への取組  H28/ 6月議会
〇学校保健を考える上で、学校管理下における児童生徒のアレルギー
 による疾患の現状認識と、その対応は。

〇給食における食物アレルギー等への具体的な対応策は。

◇新学校給食センター整備事業  H28/ 6月議会
〇今後の整備事業の予定、実施設計等の事業内容は。

〇食物アレルギー等への対策や考え方は。

◇平砂浦の自然環境の保全と活用  H28/ 6月議会
〇保安林機能となる植林の進捗状況は。

〇平砂浦の景観に対する認識は。

〇自然環境を活用したイベントの開催状況は。





page top ↑





  
  
鈴木正一 ◆過去・一般通告質問 項目集

(H27・2015/6月議会 ~)

   


通告質問項目 定例会    通告質問項目 定例会  
◇農業、漁業の振興  H27/ 9月  ・H27/12月
H28/ 9月  ・H29/ 3月   
◇スポーツ振興   ・H27/ 9月 ・H28/ 9月
H29/ 3月  
◇認知症と高齢者対策  H27/12月 ・H29/ 3月  ◇観光振興 ・H27/ 9月  
◇マイナンバー(個人番号  ・H27/12月   ◇平砂浦の活性化   ・H27/12月 
◇地域コミュニティの形成   ・H28/ 9月   ◇館山の海水浴場   ・H28/ 9月 
◇少子化対策と子育て  ・H29/ 3月  ◇空き家対策事業  H29/ 3月 


鈴木正一・通告質問項目 定例会  質問要旨(略記)
◇農業、漁業の振興    H27/ 9月議会
〇後継者不足や生産高も減少のなか、地産地消の推進方針は。

〇漁業協同組合の合併の進捗状況は。

H27/12月議会
〇農業生産基盤を維持・保全し守っていく対策は。

〇有害鳥獣対策方針は。

 H28/ 9月議会
〇農地中間管理事業の状況は進んでいるのか

〇有害鳥獣の現況と対策は。
 また、今後は捕獲隊や被害対策リーダー育成が重要と考えるが。

H29/ 3月議会 
〇増え続ける鳥獣害対策について。

〇食のまちづくりを、今後どのように推進していくのか。

◇観光振興  H27/ 9月議会
〇昨年と比較した今夏の観光客数は、海水浴場関連の条例施行の問題点は。

〇今後、平砂浦地区の活用は。

◇スポーツ振興   H27/ 9月議会
〇体育施設(市民体育館、温水プール)等、今後の維持管理方針は。

H28/ 9月議会
〇オリンピックの誘致、合宿についての現況は。
 追加種目も決定したが、今後のスケジュールは。

H29/ 3月議会 
〇東京オリンピック・パラリンピック事前キャンプ誘致の状況について

◇認知症と高齢者対策  H27/12月議会
〇認知症と高齢者対策は、地域で支え合うコミュニティが必要であると
 思うが今後の取り組みは。

 H29/ 3月議会
〇今後の高齢者に対しての、地域包括ケアシステムのあり方について

◇平砂浦の活性化 H27/12月議会
〇平砂浦は魅力ある地域であり、一層のアピールが必要と考えるが。

〇成田からアロハガーデンまで無料バス実験が実施されたが結果は。

◇マイナンバー(個人番号)  H27/12月議会
〇申請時に、1人暮らしやアクセス面が悪い場合は、誰が対応するのか

〇申請をしなくても問題がないのか。

◇館山の海水浴場  H28/ 9月議会  
〇昨年、安心安全な館山の海水浴場の確保に関する条例を施行したが、
 今年は問題がなかったのか。

◇地域コミュニティの形成  H28/ 9月議会  
〇神戸地区の松岡出身である福原有信氏を紹介することで、コミュニティを
 形成し、地域の活性化につなげては。

◇少子化対策と子育て   H29/ 3月議会
〇少子化対策と子育てしやすい環境づくりについて

◇空き家対策事業   H29/ 3月議会
〇空き家の実態調査結果と、今後の取り組みについて





page top ↑





 
  
今井義明 ◆過去・一般通告質問 項目集

(H27・2015/6月議会 ~)



通告質問項目 定例会    通告質問項目 定例会  
◇漁業協同組合   ・H27/ 6月  ・H28/ 3月
・H28/ 9月  ・H29/12月  
◇農地中間管理事業  ・H27/ 6月 
◇内陸部における観光トイレの整備  ・H27/ 6月  
◇有害鳥獣対策   ・H27/ 6月  ・H28/ 3月 
・H29/ 9月  ・H29/12月   
「県道付替道路」(市道9052号線)  ・H28/ 3月  ・H29/ 9月 
◇台風接近による農作物への影響 ・H28/ 9月 
◇指定有形文化財(建造物)の維持保存  ・H28/ 3月  「館山大橋人道橋整備事業 ・H29/ 9月
「たてやま食のまちづくり計画  ・H28/ 9月  「こども園」の推進  ・H29/ 9月  
◇学力向上推進コーディネーター配置事業  ・H29/ 9月   ◇地域包括ケアシステム  ・H29/12月 
◇大型クルーズ船の誘致 ・H28/ 9月  ◇特定不妊治療に要する費用の助成  ・H29/12月 
◇空き家対策事業 ・H29/12月   ◇農業の振興  ・H29/12月


今井義明・通告質問項目 定例会  質問要旨(略記)
◇漁業協同組合      H27/ 6月議会
◇県営「船形漁港」の活性化策
〇水深は本来の港の機能としての4メートルに保たれているのか。

〇プレジャーボートの誘致等、多目的利用を促進し活性化を図るべきでは。

H28/ 3月議会 
◇館山市内5漁業協同組合の合併協議
〇合併協議の進捗状況は。

〇新組合の発足は、いつ頃になるのか。

H28/ 9月議会 
◇船形バイパス開通後を見据えた、船形港を核とした活性化策
〇具体的なイメージは現在、どこまで描かれているのか。

〇漁業協同組合の合併協議は、どこまで進捗しているのか。

H29/12月議会 
漁業協同組合合併協議の進捗について

◇農地中間管理事業  H27/ 6月議会 
〇事業目的の周知と達成度は。

◇有害鳥獣対策     H27/ 6月議会 
〇九重・館野地域にキョンの生息を確認しているか。

〇イノシシ撲滅対策と その成果は。

〇生息域の拡大に伴う子どもの登下校における安全対策の指導は。

〇イノシイ肉(ジビエ)の利活用と処理加工施設の必要性検討の時期では。

H28/ 3月議会 
〇イノシシの生息域と被害が拡大し続けているが、捕獲体制の強化は。

 H29/ 9月議会 
〇館山市の狩猟免許所持者数の推移と併せ、その増加対策について。

 H29/12月議会 
〇有害鳥獣による被害の拡大を防ぐため、今後どのように対策の充実を図っていくのか。

◇内陸部における観光トイレの整備 H27/ 6月議会
〇海岸部に比べ遅れている内陸部の公衆トイレ(観光用)整備計画は。

◇指定有形文化財(建造物)の維持保存  H28/ 3月議会
〇千葉県指定の有形文化財である「手力雄神社本殿」の現況分析と把握は。

◇台風接近による農作物への影響  H28/ 9月議会
〇農作物被害の把握状況は。

〇行政として今後どのような支援策を。

◇大型クルーズ船の誘致  H28/ 9月議会
〇館山市の大型クルーズ船 誘致活動の現状、並びに他市の誘致活動は。

〇寄港による経済効果はどのくらいと見ているのか。

〇館山夕日桟橋の拡充整備が望まれているが、要望活動の現状は。

〇拡充整備並びに誘致は、県南自治体が連携し要望活動に動くべきでは。


〇整備・誘致活動における千葉県、他市との連携・情報共有は。

◇「たてやま食のまちづくり計画」  H28/ 9月議会
〇館山市公設地方卸売市場としての、都市計画決定廃止はされたのか。

〇交流拠点整備(民設民営)の進捗状況は。

◇学力向上推進コーディネーター配置事業   H29/ 9月議会
〇コーディネーターは具体的に、どのような取り組みをされているのか。

「こども園」の推進 H29/ 9月議会
◇館野地区における「こども園」の整備について。
〇北条幼稚園の預かり保育の状況と、将来的な「こども園」化について。

◇「館山大橋人道橋整備事業」  H29/ 9月議会
〇「館山大橋人道橋整備事業」の進捗状況と、完成への見通しについて

◇県道付替道路(市道9052号線)   H28/ 3月議会
〇館山市二子地内に計画進行中の「県道付替道路」は平成25年度中の
 完成予定と聞いたが、現在も未着工である。
 現在の進捗状況はどうか、完成の時期はいつになるのか。

H29/ 9月議会
〇館山市二子地内に計画進行中の「県道付替道路(市道9052号線)」の
 進捗状況について。

◇地域包括ケアシステム  ・H29/12月
◇地域包括ケアシステムの目指すべき姿について

〇現状、問題点及び課題について

〇今後の推進策について

◇特定不妊治療に要する費用の助成  ・H29/12月
◇特定不妊治療に要する費用の助成について

〇安心して妊娠、出産できる環境づくりを推進していることから、
  館山市でも費用の一部を助成する支援策が必要ではないか。

◇空き家対策事業  ・H29/12月
◇空き家対策事業について

〇空き家の実態調査をした結果、対策はどこまで進んだのか。
〇今後、どのように取り組んでいくのか。

 
◇農業の振興  ・H29/12月
〇担い手の減少から、活用されなくなった農業生産施設(農業用ハウス等)が
  急増しているが、これらへの対策をどのように考えているか。





page top ↑





 
  
内藤欽次 ◆過去・一般通告質問 項目集

(H27・2015/6月議会 ~)

 ◇ H30/ 06月議会(青色表記)


通告質問項目 定例会    通告質問項目 定例会  
◇ESCO事業の導入、防犯灯のLED化     ・H27/ 6月 ・H27/ 9月
・H27/12月 ・H28/12月
  
・H29/ 3月
◇安全保障関連法案と憲法9条  ・H27/ 6月 
◇ごみ減量化対策  ・H27/ 9月  ・H30/ 3月
◇国民健康保険税の引下げ   ・H29/ 3月  ・H30/ 3月 
安房地域 広域ごみ処理施設  ・H27/ 6月 ・H27/12月
・H28/12月 ・H30/ 3月
中学3年生迄の子供医療費の無料化  ・H27/ 9月 
◇避難道路の修理等  ・H27/12月  ・H30/ 3月 
ペットボトル処理問題  ・H27/ 6月 ・H28/ 3月 ◇木更津駐屯地オスプレイ整備拠点化  ・H27/12月 
◇高齢者福祉の施策   ・H28/ 3月 ・H28/ 6月
・H28/ 9月 ・H29/ 9月 
◇環太平洋連携協定(TPP  ・H28/ 3月 
◇防災対策  ・H28/ 6月  ・H28/ 9月 
◇就学援助制度の周知徹底と拡充  ・H28/ 9月 ◇坂田残土埋立て事業   ・H28/ 6月 
◇受益者負担  ・H28/12月 ◇行財政改革 ・H28/ 9月 
◇水道料金  ・H28/12月  ◇公共施設に関する市民アンケート  ・H28/12月 
新エネルギー導入の行動計画
  温室効果ガスの削減
 
・H29/12月 ◇公共交通網  ・H29/ 6月  ・H29/ 9月
・H29/12月  ・H30/ 3月 
◇空き家対策  ・H29/ 6月     ◇平和都市宣言  ・H29/ 6月   ・H29/12月
◇交通安全対策  ・H29/ 9月  ◇台風被害対策  ・H29/12月 
◇学校給食費の補助、無料化   ・H29/ 3月  ◇老朽化市営住宅  H30/ 6月 
◇学校統廃合 H30/ 6月 ◇船形バイパスの建設
H30/ 6月
◇核兵器禁止条約   H30/ 6月       


内藤欽次・通告質問項目 定例会  質問要旨(略記)
◇安全保障関連法案と憲法9条 H27/ 6月議会
〇安全保障関連法案は憲法(9条)を壊すものであり、市長の認識を問う。

〇憲法解釈を変えての海外派兵可能は立憲主義に反するが、市長の認識は。

〇館山市は自衛隊基地があり、隊員の命や基地にも危険が及ぶのでは。

◇ESCO事業の導入、防犯灯のLED化  H27/ 6月議会
◇ESCO事業を導入し、防犯灯のLED化の推進

〇ESCO事業を、地球温暖化防止対策で国の補助を受けて取り組んでは。

〇ESCO事業を導入の自治体と同様、館山市が相当の負担をするべきでは。

H27/ 9月議会
◇防犯灯のLED化、ESCO事業

〇防犯灯の数についての調査結果は、また、その維持管理費の総額は。

〇町内会から電気料金を市の負担で、との要望は出ていないか。

〇市はESCO事業による防犯灯のLED化を、検討したことがあるか。

H27/12月議会
◇防犯灯の維持管理費とLED化

〇防犯灯の数と維持管理費のその後の調査結果は。

〇区費を圧迫している防犯灯の維持管理費は、市の負担にすべきでは。

〇防犯灯のESCO事業によるLED化を、検討すべきでは。

H28/12月議会
◇防犯灯LED化と維持管理費
〇館山市のその後の検討結果は。

〇既にLED化した町内会は何か所か。

H29/ 3月議会
◇防犯灯をLED化する取り組みについて

〇昨年12月議会で回答があったLED化の方法について問う。

〇防犯灯のLED化の予算の根拠、内訳など具体的な説明を。

〇既に独自にLED化を実施した町内会への対応について
 考えていることはあるか。

安房地域広域ごみ処理施設    H27/ 6月議会
〇ごみ処理は法律上も基本は3R(Reduce、Reuse、Recycle)であり、
 焼却優先ではない。

〇ごみ減量・資源化を徹底推進し、生ゴミ堆肥化の推進が最優先では。

H27/12月議会
〇館山市は出野尾のゴミ処理施設の建設の際、将来の老朽化を見越して
 別途そのための土地を購入した事実があるか。

H28/12月議会
◇広域ごみ処理場建設問題

〇館山市は安房郡市広域市町村圏事務組合の理事長や事務局長を
 出している。
 その立場からも、組合が千倉町大貫の買収を進めた理由と、その責任は
 誰にあるのかなどを調査すべきである。
 どういう調査をしているのか。

〇市長は、広域ごみ処理場からの離脱について、
 議会に諮らず市民にお知らせを出してしまった。
 これは議会軽視ではないか。

〇広域ごみ処理場建設にも関わり、過去の議会で3Rを基本のゴミの減量化
 の取組を質したが、改めて市長の考えを問う。

H30/ 3月議会
◇ごみ処理問題について

〇安房郡市広域市町村圏事務組合のごみ処理広域化事業を離脱したことによる
 諸問題は、解決 されているのか。

◇ごみ減量化対策   H27/ 9月議会
◇ごみ減量化対策
 
〇館山市の1人当りゴミ排出量は、
 県内54自治体のうち4番目に多い(H24 現在)。
 
「中長期の目標を掲げたごみ排出削減運動」など検討できないか。

H30/ 3月議会 
〇ごみの減量化対策の強化、特に3Rについて2017年に推進したことは何か。

ペットボトル処理問題  H27/ 6月議会
ペットボトル処理問題

〇千葉地裁で住民敗訴だが、行政のずさんさも公けになり、
 この間に改まったことは何か。

H28/ 3月議会  
◇ごみ処理事業 ごみの減量化と事業費の削減

〇ペットボトルの近隣市町の入札方法、回収方法を検討しては。

〇ペットボトル等の保管場所を出野尾に設置しては。

ごみ再資源化事業の委託費は4年間で70.35%に削減されたが
 可燃ごみ収集運搬業務費は増加傾向にあり、この原因は何か。


中学3年生迄の子供医療費の無料化 H27/ 9月議会  
〇市長公約の中学3年生までの医療費無料化は、いつするのか。

〇医療費無料化にかかる小6年迄の金額、中3年迄のその増額分は。

〇子供医療費の無料化は、子育て世代の移住者の条件の一つと思うが。

◇避難道路の修理等  H27/12月議会
〇富崎地区の避難道路の一部破損部位の応急処置は。

〇市指定避難道路の保全・維持・管理などの基本的認識は。

H30/ 3月議会
◇災害時を考慮した生活道路の点検・整備を求める

〇 地域住民と共に消防車や救急車が入らない狭隘道路、危険箇所の実態点検を。

〇市道、私道の区別をしない公平な道路補修を。

◇木更津駐屯地オスプレイ整備拠点化 H27/12月議会
〇11月5日公表 防衛装備庁の書面で、試験飛行の区域は米軍も含め
 東京湾南部又は相模湾上空であるが、市はこの事実を知っているか。

◇高齢者福祉の施策    H28/ 3月議会
◇要支援1 , 2 市への移行

〇現在、館山市の要支援1 , 2該当者は何人か、また今後10年の予測は

〇市は、財政対策とサービス内容の検討をしているか。

H28/ 6月議会
◇高齢者福祉の施策

特別養護老人ホームの待機者を減らすための施策は

〇要支援1 , 2の方への介護予防支援事業が市へ移行されたが、国と市の
 財源の負担割合は継続され、利用料は1割負担、でいいのか確認したい。

H28/ 9月議会
◇介護保険の見直しに伴う負担増

〇2割負担になり、介護給付が受けられなくなった事例があると思うが。

〇際限ない負担増と給付減で、生活を破綻させることは許されない
 と思うが。

H29/ 9月議会
◇国民年金でも入ることのできる高齢者施設の増設と地域託老所の検討を

〇第6期介護保険事業計画の最終年度の進捗状況はどうか。
 また、待機者の現状は。

〇平均的な国民年金収入で入所できるグループホーム、
 特別養護老人ホームの検討を考えているか。

〇空き家活用の託老所を集落ごとに設置する検討を考えているか。

◇環太平洋連携協定(TPP) H28/ 3月議会
〇千葉県はTPPによる農林水産物への影響を56億円減と試算しているが、
 館山市の農林水産物への影響はどのくらいか。

〇所得減が想定される農漁業者に対する支援策は何か。


〇海外製食品の安全対策に、市はどのような認識でいるか。

◇防災対策    H28/ 6月議会
◇館山での防災対策を問う

〇熊本・大分地震災害を受け、館山での防災対策を問う。
 市は、地震・津波の想定と対策を、今どのように考えているか。

〇「避難」に関して、市の施策を問う。

H28/ 9月議会
◇防災対策としての「家具転倒防止金具取り付け工事助成制度」
 
〇家屋の耐震等、市民の防災対策に関して、市の実態把握程度は。
 

〇市民の防災意識の向上にもつながる「家具転倒防止金具取り付け
 工事助成制度」の検討は。

◇坂田残土埋立て事業  H28/ 6月議会
〇坂田の残土埋立て事業(特定事業)の3年間の事業延長を承知しているか。

〇既知していれば、市はこれに反対し県にその意思を伝えるべきでは。

◇行財政改革 H28/ 9月議会
〇行財政改革と言うなら、「暮らし」を良くすることにはならない
 「ムダ」や、有効な「収入源」も検討しているはず。その内容を。

◇就学援助制度の周知徹底と拡充  H28/ 9月議会
〇生活保護基準の1.3倍までの世帯を対象だが、所得基準を明確にする
 ことが必要ではないか。
 周知徹底のため、市の広報紙「だん暖たてやま」でもPRが必要。


〇入学準備金の立替をしないよう、入学前の2・3月までに支給しては。

◇受益者負担  H28/12月議会
〇ごみ袋の値上げ
「受益者負担」の考えでゴミ袋の値上げは、おかしいのではないか。

◇水道料金  H28/12月議会
〇南房総市では、水道料金値上げが検討されているとのこと。
 館山市での水道料金に関する動きはどうか。

◇公共施設に関する市民アンケート  H28/12月議会
〇8月実施した市の公共施設に関する市民アンケートの調査方法は
 作為的であり、こうした方法による結果を「管理計画策定」に
 反映させるのは問題ではないか。

◇公共交通網     H29/ 6月議会  
◇公共交通網の確立

高齢者の交通手段=「足」の確保に努めるべきではないか
  館山市は高齢者の運転免許証の返納を呼びかけているが、
  返納したくてもできない実態を承知しているか。

公共交通網が発達していない館山市において、自主返納を促すことは死活問題だ。
  高齢者の外出支援策を考えていくべきと思うが。

H29/ 9月議会
高齢者の交通手段の確保を早く実現してほしい

〇スクールバス「さかなクン」の運行業者との契約内容はどうなっているか。

〇6月議会で質問した際、「さかなクン」バスの利用について「検討する」
 との答弁があったが、その後の検討内容を知りたい。

H29/12月議会
◇高齢者の足の確保について要望する

〇スクールバス「さかなクン」の空き時間を市民の足として利用できないか。

〇公共交通に関する調査報告書を見て、行政として何をどのように支援すべきと考えたか。

〇南房総市のように、高齢者の外出支援として、路線バスの補助ができないか。

H30/ 3月議会
◇引き続き高齢者の足の確保について要望する

〇館山市における地域公共交通の全体的なビジョンについて、具体策は何か。

〇地域公共交通への国庫補助はあるのか。あるとすればどのくらいか。

◇国民健康保険税の引き下げ   H29/ 3月議会
◇高すぎる国民健康保険税の引き下げについて

〇国民健康保険税滞納世帯数と割合は。
 その滞納理由について把握をしているか。

〇国民健康保険財政調整基金保有額は、2010年から現在まで、
 どのような推移がみられ、どのような分析が行われているか。

〇国民健康保険財政調整基金を使っての国民健康保険税引き下げの
 検討を求めるが、どうか。

H30/ 3月議会
◇高すぎて払えない国保税をさらに減額してほしいがどうか

〇所得に占める健康保険料(税)の割合は、
  加入保険別(国保、協会けんぽ、組合健保、共済 組合)で、各々どのくらいか。

〇毎年貯め込んでいる多額の国民健康保険財政調整基金は、
  広域化に伴いどう運用するのか。
  国保税の減額に使えないか。

◇学校給食費の補助、無料化  H29/ 3月議会
〇千葉県内で給食費の軽減を実施しているところは、どこか。

〇子育て世代や移住・定住を促進するための支援策として、
 館山市でも検討できないか。

◇空き家対策  H29/ 6月議会
◇危険な荒廃地、空き家の対策について

〇先に行われた「特定空家等」に対する行政指導の結果、どういう課題が分かったか。
  また48件に指導書を送ったとのことだが、その内容と相手の対応について問う。

〇荒廃地(空き地、耕作放棄地など)は、枯れ草の火災やそれによる飛び火、また
  放火などの危険性をはらんでいるが、どのような対策を考えているか。

◇平和都市宣言  H29/ 6月議会
〇平和都市宣言に基づく具体的な平和事業として、館山市は何を行っているか。

H29/12月議会  
〇平和都市宣言を市民に広く知らせる垂れ幕の設置を 平和都市宣言を行い、
  市長が平和首長会議に加盟の館山市が、“平和都市宣言”垂れ幕 を
  設置すべきだと思うが。

◇交通安全対策   H29/ 9月議会  
狭くて危険な「孫橋」の交通安全対策を
市は、「孫橋」を通行する際の危険性を承知しているか。

安房土木事務所に対策の要望をしているが、市も協力を考えているか。

◇台風被害対策 H29/12月議会
◇台風による被害とその対策について

〇台風21号による農業関連、個人家屋被害の状況と対応について。

〇災害基本法に基づく行政としての対応について確認したい。

◇新エネルギー導入の行動計画、
  温室効果ガスの削減
H29/12月議会
〇新エネルギー導入の行動計画、温室効果ガスの削減取り組みはどうなっているか。

〇市街 地などの低地太陽光パネル設置については、
  住環境配慮のルール化が必要ではないか。

◇老朽化市営住宅  H30/ 6月議会
◇老朽化市営住宅の廃止について

〇廃止すべきとしている沼、笠名住宅の入居者に対する今後の対応についてどう考えているか。

〇市営住宅入居者の受け入れをする民間住宅所有者への優遇措置を検討できないか。

◇学校統廃合  H30/ 6月議会
◇学校統廃合について

〇統廃合しなければならない理由は何か。

〇今後行政が取り組むべき課題は何か。

〇小規模小学校の意義についてどう考えているか。

◇船形バイパスの建設 H30/ 6月議会
◇船形バイパスの建設について

〇建設の廃止を検討すべきではないか。

◇核兵器禁止条約   H30/ 6月議会
「核兵器禁止条約」について

〇署名・批准を政府に対して要望する検討をできないか。





page top ↑





 
 
森 正一 ◆過去・一般通告質問 項目集

(H27・2015/6月議会 ~)

 ◇ H30/ 06月議会(青色表記)


通告質問項目 定例会    通告質問項目 定例会  
◇子育て支援    ・H27/ 6月  ・H27/ 9月
・H27/12月 ・H28/ 3月
・H28/ 6月 
・H28/ 9月

・H29/ 9月  ・H29/12月
・H30/ 3月
◇耐震化(安心安全対策    ・H27/ 6月  ・H28/ 3月
・H28/ 6月  ・H28/ 9月
・H28/12月 ・H29/ 3月
・H29/ 6月  ・H29/ 9月
H29/12月 ・H30/ 3月
・H30/ 6月
◇健康寿命     ・H27/ 6月  ・H27/ 9月
・H27/12月 ・H28/ 3月
・H28/ 9月
 ・H29/ 9月
・H29/12月
◇地域防災(安心安全対策   ・H27/ 6月  ・H27/ 9月
・H28/ 6月
  H29/12月
◇自転車安全運転教育・交通安全   ・H27/ 6月  ・H29/ 9月
・H29/12月
◇ごみステーションの管理運用 環境美化  ・H27/12月 ・H29/ 3月  ◇コミュニティバスの導入  ・H27/ 6月 
◇東京オリ・パラリンピック合宿誘致  ・H27/12月 ・H28/ 3月  ◇小型無人飛行機ドローン ・H27/ 9月 
◇スポーツ観光・施設の環境整備   ・H28/ 3月  ・H29/ 6月
・H30/ 3月 
◇空き家の利活用   ・H28/12月 
◇遊休 市有財産等の利活用  ・H28/12月   ◇公立小中学校、幼稚園等の統廃合  ・H29/ 3月
◇公共的施設 ・H29/ 3月  ・H29/ 6月  ◇ふるさと納税  ・H29/ 6月 
◇スマートフォン等アプリの活用  ・H29/12月  ◇公立学校教職員の勤務状況・環境  ・H29/12月 
◇市営住宅について  ・H29/12月  ◇子どもの季節性インフルエンザ予防接種  ・H30/ 6月


森 正一・通告質問項目 定例会 質問要旨(略記)
◇子育て支援   H27/ 6月議会
〇4月から学童クラブが公設民営になり、その運営状況・希望者数は。

〇子ども医療費の助成範囲の拡大は。

H27/ 9月議会
少子化対策支援に多子世帯支援・三世代同居・近居支援がある。
 その三世代同居に市長の見解は、また積極的支援を必要と思うが。

通院子ども医療費の助成範囲が小学生までは、県内で館山市を含む4市
 のみとなったが、実施できないほどの予算額ではないと思うが。

H27/12月議会
〇通院子ども医療費の助成範囲拡大は、来年度予算に計上いただきたいが。

〇インフル予防接種のワクチンは、子育て世帯の経済的負担軽減のため、
 児童・生徒・幼児等に対する助成をすべきでは。

〇今年度より学童クラブが公設民営化になり、現状の問題点や課題は。

 H28/ 3月議会
〇「出張子育てひろば」の今年度の状況・成果は、そして今後の展開は。

H28/ 6月議会
〇保育園における待機児童の状況は。

〇学童クラブにおける待機児童の状況は。

〇館山市における「子どもの貧困の現状」と対策は。

H28/ 9月議会
〇「子どもの貧困の現状・子どもの貧困対策」の現状について、説明を。

〇館山市は今後、子どもの貧困対策推進計画を策定する予定はあるのか。

〇生活困窮者自立支援法に基づく支援制度の中に
 「子どもの学習支援をはじめ、日常的な生活習慣、進学に関する支援、
 仲間と出会い活動できる居場所づくり、高校進学者の中退防止の支援等、
 子どもと保護者の双方に必要な支援を行う」とある。
 館山市における本事業に沿った支援の実施状況について説明を。


〇公立幼稚園における、預かり保育の時間延長は。

H29/ 9月議会
〇今年度より北条幼稚園において預かり保育を開始していますが、
 その状況について説明を。

〇現在、館山市内の保育所等における、待機児童の状況について説明を。

〇現在、館山市が実施している、
 子育て世帯に対する各種支援制度についての説明を。

H29/12月議会
〇来年度、北条幼稚園以外の幼稚園における預かり保育の導入について

〇来年度、保育所等における待機児童対策として、
  どのような予算措置が検討されているのか。
  来年度予算に計上予定している子育て支援事業として、どのようなものがあるか。

 
H30/ 3月議会
◇子育て支援の充実について

〇小児科医療体制の充実について

  市内医療機関における、小児医療体制の現状・問題点について説明をお願いします。

  現在、小児夜間救急診療体制が不十分であると思うが、その充実のために市として
  何かアクションを起こすべきではないか。
  また、今後の小児医療体制、特に小児夜間救急診療体制の充実のための
  有効な取り組みや 施策を検討しているなら、説明を願います。

〇子どもの季節性インフルエンザ予防接種の助成について

  市内の幼稚園、小中学校の児童・生徒における、今年度のインフルエンザの罹患状況、
  学級閉鎖等の状況について。
  幼稚園入園前の幼児における、罹患状 況についても把握していたら説明を願います。

  近年、子どもに対する季節性インフルエンザの予防接種費用の一部助成をする
  自治体が増加しているように思うが、館山市でも助成について検討してもらえないか。

◇耐震化(安心安全対策)             H27/ 6月議会
〇館山市第三中学校の耐震化の進捗状況は。

H28/ 3月議会
◇公立学校施設(小中学校・園)の耐震化

〇平成27年6月4日時点、9施設で耐震不足だが、現時点での進捗は。

〇第三中学校の耐震化は「平成27年度中に検討を行い、早期対応に努める」
 とのことたが、その後の検討状況は。

 H28/ 6月議会
◇館山市立第三中学校の耐震化 

〇第三中の耐震化スケジュールの説明を。

〇耐震工事、建て替え、それぞれの場合における費用と工期の概算は。

〇耐震工事、建て替えの工事期間における学習施設の確保は。

〇建て替えの場合、他の中学校との統合(合併)は検討できないか。

H28/ 9月議会
第三中学校の耐震化検討の進捗

〇予算的な目途はついたのか。

〇「建て替え」か「耐震改修」か、検討はどの程度進んでいるのか。

〇今後のスケジュールの検討は、どの程度進んでいるのか。

〇プレハブ仮設校舎、または既存の他施設などを利用し、
 早急に安心安全な環境に学校生活の場を移すべきだと思うが。

 H28/12月議会
◇第三中学校の耐震化

〇第三中学校の耐震化の検討に関する進捗状況は。

〇「有利な財源の確保に全力を尽くす」とのこと、国の機関等との調整で
 どのような結論に至ったのか。

 
〇全員協議会の資料で、事業費が約30億円とあり、建て替えになると思う。
 工期三年と長期だが、この間の生徒はどのような環境下での学校生活か。


〇建て替え後の校舎の規模(教室数、生徒数、階数など)は。

H29/ 3月議会
◇第三中学校の耐震化について

〇耐震化の進捗状況について

〇耐震不足が判明してから約3年が経過しているが、いまだに大きな進捗が
 見られない状況。
 耐震化の完了の目標時期を示しください。

〇現在、有利な財源の確保を目指して関係機関と協議しているとの
 ことですが、一体いつになったらその目途が立つのか。
 より有利な財源確保ができないのであれば、通常の文部科学省の補助財源
 を活用し、早期に事業を開始すべきであると思うが、いかがか。

H29/ 6月議会
◇第三中学校の耐震化について

〇耐震化の検討状況について説明願います。

〇本年第1回定例会において、「有利な財源確保に全力で取り組んでいる」
 との こと、 その目途はいつごろ立つのか。

〇厳しい財政状況の中、新学校給食センターの実施設計修正業務の委託を
 行うということだが、第三中学校に関してはいつ設計に入るかも目途が
 立っていない。
 長期的な視野で最良の選択肢である建て替えを前提に
 設計を開始すべきではないか。

H29/ 9月議会
◇第三中学校の耐震化について

耐震化の検討の進捗状況について説明を。

有利な財源確保の見通しについて説明を。

全国には学校施設の改築に併せ、図書館・保育所・福祉施設・行政施設・
 公民館・民間店舗などとの複合化や、PFIを導入するケースがある。
 第三中学校の建て替えに関して、複合化・PFIの導入についての検討は。

平成27年4月に作成した「学校施設の長寿命化計画策定に係る手引」に
 基づき、この3月に「学校施設の長寿命化計画策定に係る解説書」を
 取りまとめて公表しており、この中で目標耐用年数を70年~80年に
 設定するとある。
 第三中学校を建て替えではなく、耐震改修及び大規模改修とした場合、
 目標耐用年数80年というのは可能なのか。

 H29/12月議会
◇第三中学校の耐震化について

〇耐震化の検討の結論を今年度中に示すとのことでしたが、
  その点については変わりないのか。

〇有利な財源の確保はできたのか。

H30/ 3月議会
◇第三中学校の耐震化について

〇平成30年度館山市一般会計当初予算には、第三中学校整備事業として
  第三中学校整備工事 基本設計業務委託が計上されており、説明資料には
  「校舎の建替え 外」となっている。
  耐震化の結論として、「建替え」に確定したということで、よろしいか。

〇設計が予算に計上されたことは、
  有利な財源の確保に目途がついたということでよろ しいか。

〇基本設計に入るということは、全体のスケジュールがある程度固まったと思います。
  おおよそで構わないので耐震化のスケジュールについて説明を。

〇建替え後の校舎の規模(教室数、生徒数、階数など)について説明を。

〇震度6強以上の大規模地震発生時における、校舎の被害想定について説明を。
  また、生徒や職員の最善の避難方法についての検討は行っているか。

H30/ 6月議会
◇第三中学校校舎の耐震化に関して

〇有利な財源確保の現状について説明を。

〇基本設計業務委託のプロポーザルの進捗状況について説明を。

〇現在想定している、耐震化完了までのスケジュールについて説明をす。

〇「第三中学校改築工事 基本設計業務委託 仕様書」にある「学校改築検討会」とは
  どのような組織なのか、その委員構成や設置の時期、会議の開催頻度、検討内容、権限に
  ついて説明を。
  また、「学校改築検討会等」の「等」とは、他のどのような組織を指しているのか。

〇生徒・保護者や地域への説明会の開催について

〇震度6以上の大規模地震が発生した際の、校舎の被害想定の調査の実施について

〇耐震化が完了するまでの一時的な措置として、現第三中学校校舎の使用を中止し、
  生徒を 第一、第二中学校に通うようにすることはできないか。

〇最適な避難方法の検討状況について

〇第三中学校の柔道場、剣道場の安全性について

〇将来的な学校統廃合について

◇地域防災(安心安全対策)     H27/ 6月議会  
〇防災行政無線の使用基準は。

H27/ 9月議会
〇館山市防災会議で南海トラフ地震防災対策推進計画を策定し、
 地域防災計画に定めるとなっていたが、その後の進捗状況は。

H28/ 6月議会 
◇東海地震、首都直下型地震、房総半島東方沖地震などへの備え

〇想定外災害の場合、被災自治体の行政機能がマヒ、必要な市民サービスを
 提供できない事態が起きるが、館山市はどのような対策を講じているのか。


〇大災害発生時は「災害対策本部」を市役所4号館内2階の社会安全課内に
 設置するとのことだが、最大想定高が10メートル以上の南海トラフ級の
 地震津波には対応できないと思うが。


〇災害時要援護者のための「避難支援プラン個別計画」作成の進捗状況は。

H29/12月議会
〇防災・減災について
  これまでに館山市で発生した大雨による災害と、その対策について説明願います。

◇自転車安全運転教育
 交通安全
   
H27/ 6月議会
〇安全講習や道交法改正など市民に対する周知や啓発等の実施状況は。

〇小学校にて自転車の安全教育がなされていたが、現在の指導は。

H29/ 9月議会
◇歩行者の交通安全対策について

〇歩行者を交通事故から守るための安全対策として、
 現在、館山市が行っている事業についての説明を。

〇市役所前にある市道1008号線は、北条小学校の児童及び第三中学校の
 生徒が下校時に利用しているが、幅員が狭く、非常に危険な状態です。
 改善しなくてはならないと思うが。

 H29/12月議会
〇通学路の交通安全対策について
  前回に引き続き、市役所前の市道1008号線の安全対策について

 
◇コミュニティバスの導入  H27/ 6月議会
〇コミュニティバスの導入

◇健康寿命        H27/ 6月議会
〇健康寿命を延ばす対策は。

H27/ 9月議会
〇健康づくりに取組む市民にポイントを与え、それに応じて特典を
 与える「健康マイレージ」事業、この事業に対する市長の考えは。

〇ウォーキングが健康寿命を延ばすと言われ、ウォーキングイベントや
 講座など事業として館山市も取り入れては。

〇公共の場に運動遊具を設置し、健康増進の環境づくりを進めるべきでは。

 H27/12月議会
〇総合検診(特定健診・各種がん検診)受診率が低く、早急に改善すべきでは。

〇試験的に「ABC検診」導入、その受診状況・結果のフィードバック状況は。

〇現在は200名限定の実施だが、今後は希望者全員の受診にすべきでは。

〇多くの市民が日課としてラジオ体操を行う環境を整えるべきだと思うが。

 H28/ 3月議会  
健康寿命の増進
〇館山市民の短期人間ドックの受診状況

〇国民健康保険特別会計で短期人間ドック補助事業を実施しているが
 総合検診と比較して、生活習慣病や死亡率の高い重大な病気の発見率は。

H28/ 9月議会  
◇高齢者が健康で楽しく暮らしていけるために
〇市が高齢者向けに行っているイベントの実施状況、成果・効果など
は。

〇健康寿命の増進上、高齢者が気軽に参加できる、軽スポーツなどの
 多世代参加型のイベントを企画できないか。

H29/ 9月議会 
健康増進、健康寿命の延伸について
〇健康寿命の増進上、高齢者が気軽に参加できる、軽スポーツなどの
 多世代参加型のイベントを企画できないか。

 現在、館山市では健康増進、健康寿命の延伸を目指し、各地域や市民
 団体等と連携し、ラジオ体操や健康教室、サロン活動の支援など、
 さまざまな取り組みをしている。
 これらの取り組みの成果、今後予定の新たな取り組みについて説明を。

〇健康寿命の増進上、高齢者が気軽に参加できる、軽スポーツなどの
 多世代参加型のイベントを企画できないか。

 特定健診、各種がん検診の受診状況について、また、受診率向上への
 取り組みとその成果について説明を。

H29/12月議会 
◇健康増進、健康寿命の延伸について

〇特定健診、後期高齢者健診、各種がん検診、特定保健指導の
  受診率向上対策について

◇小型無人飛行機ドローン    H27/ 9月議会
〇小型無人飛行機ドローンに関する規制ついて、館山市の対応は。

〇館山市の観光スポット・イベント等の広報手段として、
 ドローン撮影動画の活用を検討しては。

◇ごみステーションの管理運用、
 環境美化
   
H27/12月議会
〇管理状況が特に悪い場所が常在し、市は積極的に対策を講じるべきでは。

〇家庭ごみ専用所に、常時、大量の事業系ゴミを搬出している場所がある
 市はこの件を把握しているか、また、早急に対処すべきではと思うが。

H29/ 3月議会
◇ごみ処理事業について
〇広域ごみ処理事業からの離脱を宣言してから約4カ月経過していますが、
 広域の規約改正の手続きの進捗は、現在どのような状況なのか。
 規約改正が完了するのは、いつ頃になると見込んでいるのか。

〇広域の規約改正が完了していない状況において、
 出野尾にあるごみ焼却施設の大規模修繕に関する補助金を受けることは
 可能なのか。
 
〇出野尾にある館山市のごみ処理施設を広域で活用することはできないのか。

◇東京オリ・パラリンピック
 事前合宿誘致
  
H27/12月議会
〇「2020年東京オリンピック・パラリンピック館山市推進本部」を
  立上たが、この推進本部の取組状況や誘致状況は。

H28/ 3月議会
〇スポーツキャンプ誘致強化のため、教育委員会にスポーツ担当次長を
 新設配置とのだが、特に何かの種目にターゲットを絞っているのか。
 また、この配置は東京オリパラリンピックの開催までの一時的なものか。

◇スポーツ観光・施設の環境整備     H28/ 3月議会  
〇スポーツを目的とした来訪者(種目、宿泊者数など)の現状は。

〇スポーツ観光による経済効果の程度は。
 館山市の経済活性化へのスポーツ観光の貢献度に対しての認識は。

〇社会体育施設を市民へ健康増進や市民福祉のためへの貸出と、
 スポーツ観光のための貸出とのバランスの取り方は。

〇プロスポーツチームの合宿誘致を、今後さらに推進する考えはあるか。


H29/ 6月議会
◇スポーツ観光の推進

〇遊休市有地の社会体育施設としての利活用について。

〇スポーツ観光、スポーツ合宿誘致専用のポータルサイト等を立ち上げて
  館山市の良さをアピールし、交流人口の増加を図るべきだと思うが。

〇2020年東京オリンピック・パラリンピックの事前合宿誘致の状況は。

 H30/ 3月議会
◇スポーツ観光の推進・社会体育施設の整備について

〇スポーツ観光を目的とした館山市への来訪者数・宿泊者数、
  また、これによる経済効果について。

〇2020年東京オリ・パラ事前合宿以外での、スポーツを目的とした外国人観光客の
  定常的な 誘致の取り組みについて。

〇平成29年第2回定例会でお伺いした、遊休市有地の社会体育施設としての
  利活用の検討状況 について、その後の進捗について。

 H30/ 6月議会
文化・スポーツ活動の活性化に関して

〇 現在、館山市が実施している文化・スポーツ活動団体への支援について説明を。

2 現在、館山市が主体で行っている定期的な文化・スポーツイベントの開催について

◇遊休 市有財産等の利活用  H28/12月議会   
〇現在使用していない市有財産(遊休市有財産)利活用の検討は
 具体的に検討が進んでいるものがあるのか。

〇平成20年12月に売却した「館山駅東口市有地」における事業の進展と
 その状況について説明を。


〇旧大賀市営住宅跡地、笠名市営住宅(木造)の用途廃止後の跡地利活用は。

◇空き家の利活用  H28/12月議会
◇高齢者、低所得者、子育て世帯への支援としての空き家の利活用

〇自治会・町内会などの地域活動の団体が、地域内の空き家等を活用して
 地域の方々の交流の場(コミュニティサロン)を開設しては。


〇民間の空き家等を高齢者や子育て世帯に貸し出す制度の導入を検討しては。

◇公立小中学校、幼稚園等の統廃合  H29/ 3月議会  
〇館山市教育委員会から2010年に「館山市学校再編基本指針」が出されて
 いるが、この基本指針に基づく、学校再編に関する現在の検討状況は。
 
〇市内公立幼稚園の統廃合について、今後の方向性は。

◇公共的施設   H29/ 3月議会
◇館山市内の公共施設における受動喫煙防止対策の現状
 
〇東京オリンピック・パラリンピックに向け、国では官公庁や医療機関などを
 全面禁煙とする、受動喫煙防止のための対策案が議論されているが、
 館山市としては今後どのようにしていくつもりか。

H29/ 6月議会 
◇館山市公共施設等総合管理計画
〇46項目のパブリックコメントが寄せられたとのことですが、計画案の周知が十分に行き渡り、
  市民の意見を十分に吸い上げる事ができているとは思えないが。

〇計画の重要性を鑑み、各地区で意見交換会を開催するべきだと思うが。

〇本計画の策定はコンサルタント等へ委託をせず、行財政改革委員会が作成したとのこと、
  各担当部署の考えや要望を踏まえた内容になっているのか。

〇今後の基本方針の中で、小中学校ともに「学校の統廃合を図ります」という記述だが、
  委員会答申に従い、早期対象となる学校区の地域住民との協議を開始するのか。

◇ふるさと納税  H29/ 6月議会 
〇ふるさと納税の還元率を30パーセントまでに抑えるようにとの総務省の通達に従い、
  ふるさと納税額全国1位の都城市をはじめ、多くの自治体が還元率の自粛を実施・
  検討しているが、館山市における検討状況、今後の方向性については。

〇4月1日付の各都道府県知事宛の総務省通達(総税市第28号)には、
  「ふるさと納税の趣旨を踏まえ、各地方団体は、当該地方団体の住民に対し
  返礼品を送付しないようにすること」とある。
  第1回定例会で「4月から市民に対する返礼品の導入を指示している」という
  市長答弁だったが、今後の館山市の対応については。

◇スマートフォン等アプリの活用  H29/12月議会
◇スマートフォン等アプリの活用について

〇現在、館山市で実施している、スマートフォン向けアプリを利用した、
  市民や来訪者向けの サービスについて説明願います。

〇来年度以降、新たに導入を予定している、あるいは検討しているものはあるのか。

◇公立学校教職員の勤務状況・環境   H29/12月議会
〇公立学校等における教職員の勤務状況・環境について
  館山市における現状、問題等について

◇市営住宅について  H29/12月議会
〇 現在の市営住宅の管理戸数、入居状況、今後の方針について

◇子どもの季節性インフルエンザ予防接種   H30/ 6月議会 
◇子どもの季節性インフルエンザ予防接種の助成に関して

〇2017~2018年シーズンの館山市における、子どものインフルエンザの流行状況について

〇2017~2018年児童生徒のインフルエンザ予防接種の有無と罹患状況の調査の実施状況

〇生後6カ月から中学3年生までの予防接種費用の助成を行った場合、1回あたりの助成額を
  1,000円とすると、どれくらいの予算額が必要になるか。





page top ↑





 
  
榎本祐三 ◆過去・一般通告質問 項目集

(H27・2015/6月議会 ~)

 

    ◇ 2015/6月議会~ 市議会 議長在任中のため 一般通告質問等の登壇を自粛

通告質問項目 定例会    通告質問項目 定例会  
       


榎本祐三・通告質問項目 定例会  質問要旨(略記)
   




page top ↑





 
  
石井敏宏 ◆過去・一般通告質問 項目集

(H27・2015/6月議会 ~)

◇ H30/ 06月議会(青色表記)


通告質問項目 定例会    通告質問項目 定例会  
◇公共事業への国の補助金削減  ・H27/ 6月 ◇保育料   ・H27/ 6月 ・H28/ 3月 
◇ペットボトル処理業務委託問題   ・H27/ 6月 ・H27/ 9月
・H28/ 3月
◇公共交通   ・H27/ 6月 ・H29/ 6月
・H29/12月
◇広域ごみ処理施設   ・H27/ 9月 ・H28/ 3月
・H28/ 9月 ・H29/ 6月
H30/ 3月
◇中学校生徒の自死といじめ  ・H27/ 9月 ・H29/ 3月
・H29/12月
◇映画・ドラマ等のロケ誘致  ・H27/12月
◇残土 埋立て   ・H27/12月 ・H28/ 6月
・H28/09月 ・H29/ 3月
高速道路通行料金の割引制度拡大  ・H27/ 9月
市民の要望に対する市役所の対応   ・H27/12月
◇高齢者福祉事業での連携・情報共有  ・H28/ 6月 予算編成過程の公開  ・H27/12月
◇小中学校施設の整備・改修  ・H28/ 6月 ◇介護  ・H28/ 3月
◇行財政改革   ・H28/ 6月 ◇学童保育   ・H28/ 9月
◇行方不明者への対応   ・H28/12月 ・H29/ 3月 ◇ボランティアセンターの設置要望  ・H28/ 9月
◇学校給食  ・H28/12月  ◇財政状況  ・H28/12月  ・H29/ 3月 
◇安房3市1町の提携のあり方  ・H28/12月  ◇拡大する有害鳥獣の被害  ・H29/ 3月  ・H29/ 9月  
◇観光立市  ・H29/ 6月  ◇都市計画道路  ・H29/ 6月 
◇暴行といじめ  ・H29/ 9月   ◇道路の補修・改良  ・H29/ 9月 
独居等の要介護者  ・H29/ 9月  ◇自治会の在り方   ・H29/12月 
◇部活動・PTA   ・H29/12月  ・H30/ 3月 ◇小中学校教育  ・H29/12月  ・H30/ 3月 
◇公務員の懲戒  ・H30/ 3月  ◇戦争遺跡  ・H27/ 6月
◇生活困窮者支援  ・H30/ 6月  ◇障害者支援施設  ・H30/ 6月 
◇民間事業者の人手不足  ・H30/ 6月   ◇沖ノ島  ・H30/ 6月 
    ◇市職員の人事異動  ・H30/ 6月  


石井敏宏・通告質問項目 定例会  質問要旨(略記)
◇公共事業への国の補助金削減  H27/ 6月議会
〇国土交通省から社会資本整備総合交付金の削減が示された。
 今後、新規公共事業に国から十分な補助金が得られないケースが
 増えると思うが、今後の方針は。

◇ペットボトル処理業務委託問題    H27/6月議会
◇ペットボトル処理業務委託問題 
〇行政訴訟の一審判決が5月26日に言い渡されたが、
 訴訟の経緯、判決及び判決理由に関しての見解は。

H27/9月議会
◇ペットボトル処理業務委託問題 
〇6月議会で「現在は洗浄を実施していない」との答弁だが、
 いつから、また、どうして実施しなくなったのか。 

H28/ 3月議会
◇館山市のごみの収集と処理
〇ペットボトル訴訟が終結したが、所見とペットボトル処理業務の反省点は。

〇平成23年度と平成26年度の決算額を比較すると、ごみ再資源化事業では
 約3割の削減、一方、可燃ごみ収集運搬事業では約5倍と増加、その理由は。

◇保育料   H27/6月議会
◇保育料 
〇保育料補助で年齢制限はなくてもいいと思うが
 そもそも年齢制限を設けている理由は。

H28/ 3月議会
◇幼稚園保育料の値上げ
〇人口減少時代、子育て支援が重要のなか、なぜ幼稚園保育料の値上げか。

◇公共交通    H27/6月議会
◇館山市における今後の公共交通の計画
〇近隣市で、地域公共交通網形成計画が策定されている。
 安房3市1町で連携が必要になると思うが、館山市の計画は。

H29/6月議会
〇丸線・平群線・千倉線・豊房線、バス会社と住民の意見交換会を開いては。
 病院や介護施設の送迎マイクロバス等の運行状況を市は把握しているか。

〇高齢者の運転免許返納の特典は、タクシー利用券として1年限りとせず、
 継続的な支給は。

〇鉄道のことで、JRと住民の意見交換の場を作れないものか。

 H29/12月議会
◇公共交通網形成計画の要否について

〇公共交通網形成計画を策定するのは、どのくらいの費用・期間・労力がかかるのか。

〇公共交通のあるべき具体的な姿・将来像が見えないが、公共交通網形成計画は、
  現時点で あったほうがいいのか。

◇戦争遺跡  H27/6月議会
〇館山市には掩体壕、砲台、防空壕などの戦争遺跡が多くあるが
 保存と活用は。

◇中学校生徒の自死といじめに関する
 第三者調査委員会
   
H27/ 9月議会
○市長が設置方針を遺族に伝えてから、もう1年が経過しようとするが
 第三者調査委員会の設置状況は。

H29/ 3月議会
委員会のこれまでの調査状況と、今後の調査方針について説明を。

ホームページで公表されている会議要旨のボリュームが少ないのだが、
 委員長は毎回の記者会見でもっと話をされているので、
 文量を増やせないのか。
 また、広報紙だん暖たてやまでも記事として取り上げては、いかがか。

 H29/12月議会
◇自死といじめに関する第三者調査委員会の事務局について

〇事務局職員に自死した生徒と同じ部活の生徒の親がいることに気づいて、
  なぜ2年以上もそのままにしていたのでしょうか。

◇広域ごみ処理施設     H27/ 9月議会
◇広域ごみ処理施設
〇館山市の莫大な財政負担を予想され、
 人口減少・生産年齢世代の減少傾向が続く中、財政的分析は。

H28/ 3月議会
◇安房郡市広域市町村圏事務組合ごみ処理施設計画 
〇千倉町大貫の建設予定地を断念し、別の候補地を探すべきだと思うが
 入会地問題に対して、広域の方針は。

〇安房広域の人口推計と、国立社会保障・人口問題研究所の人口推計は、
 整合性はとれていると館山市は聞いているか。

H28/ 9月議会
◇安房広域ごみ処理施設計画における約2億円の損失
〇入会地問題で、今迄かけてきた約2億円の費用が無駄になったが
 これは誰の責任なのか。


〇責任の所在について館山市は、どう考えているのか。

H29/6月議会
〇館山市は、広域から粗大ごみ処理の委託を受けているが、
 そもそも9割近くが館山市のものであり、広域という枠組みから離脱し、
 2市1町からのものは当該市との直接委託契約に切り替えたほうが
 効率的ではないか。

H30/ 3月議会 
◇ごみ処理について

〇昨年の台風21号による高潮被害で大量のガレキが発生して、
  被災後にガレキの分別・搬送に困る声が聞かれたが、どのように処理したの か。

〇通常の焼却ごみの削減についてですが、千葉市では意識啓発とあわせて、
  古紙・布類の収集回数を月2回から週1回に増やして、
  古紙・布類の回収量を増やし、 ごみの減量化につなげた。
  館山市は焼却ごみの削減について、どのような手法を考えているのか。

〇ごみ処理施設ですが、公共施設等総合管理計画では「大規模改修を行う際には、
  建て替えとの費用比較の検討を行い」とあるが、
  建て替えの費用は試算されているのか。

◇高速道路通行料金の割引制度拡大を
 求める意見書
 
H27/ 9月議会
〇昨年6月議会、全会一致で意見書を国へ送付した。
 執行部は高速道路通行料金について、
 国等に何らかの要望や意見交換をしたのか。

◇映画・ドラマ等のロケ誘致  H27/12月議会
〇館山市におけるフィルムコミッションの現状と課題は。

◇残土 埋立て     H27/12月議会
◇残土
〇坂田の残土埋立て、現状と今後の見込みは。

〇館山市の小規模の残土条例に「土砂の混同の防止」とあるが、
 どのような措置を講ずるのか。

H28/ 6月議会  
◇坂田の残土埋立て計画の再開
〇県に対して、林地開発の変更許可申請と残土条例に基づく許可申請が
 出ているはずだが、その状況は。

〇過去3年以上のダンプの運行は、フラワーラインの沿線住民から苦情
 が多いが、事業者の沿線住民への説明会は開催されないのか。

 H28/ 9月議会
◇坂田の残土埋め立てを延長する計画
〇事業者による住民説明会は適切に行われたのか。


〇館山市は県に、この事業について、どのような内容の意見書を出したか。

 H29/ 3月議会
〇坂田の残土埋め立てですが、事業者は残土搬入開始前に、ダンプが通る沿線
 である宮城区、笠名区、大賀区、香区、塩見区、浜田区、見物区、波左間区
 の各区に説明を行ったのか。

〇坂田に限らず、残土積載のダンプが通る道路はわだちができて、
 その補修費用がかさみ財政負担になりますが、警察による過積載対策、
 また陸運局による違法改造対策はできているのか。

市民から口頭での要望に対する
 市役所の対応
 
H27/12月議会
〇市民が「職員に口頭で要望したが、その後の進捗が分からない」と。
 氏名 連絡先 日時 内容等の連絡可否を確認して、文書に記録後、
 職員は適切な対応を図るべきでは


予算編成過程の公開  H27/12月議会
〇市民が検証可能するため、予算編成の過程を公表し、透明化しては。

◇介護 H28/ 3月議会
〇要支援者の訪問介護と通所介護は、いつ館山市の地域支援事業に移行を。
 また、サービス水準は維持はできるか。

〇特別養護老人ホームの建設計画が2件あるようだが、その状況は。

◇高齢者福祉事業での連携・情報共有  H28/ 6月議会
〇各介護施設でのボランティアの活用を、市か社会福祉協議会が主体と
 なってボランティアを組織化するべきでは


〇館山市の高齢者福祉において、医療・保健・介護・障害など制度改正や
 新しい施策の「情報」は、各事業所が独自に収集しているので、
 市が主体となり、各事業所が情報共有する場を作ってはどうか。

◇小中学校施設の整備・改修  H28/ 6月議会  
〇「二中の講堂の天井がボロボロ」「館山小学校のトイレを直して」
 「館山幼稚園駐車場の雨天時、ぬかるみがひどい」
 「神余小学校のプールにトイレを設置してほしい」等の苦情が多い。
  
 小中学校施設の整備・改修が放置されているのでは。

◇行財政改革  H28/ 6月議会
〇建て替え、改修を除く新規大型公共事業の凍結、正規公務員の人件費
 削減など、行財政改革で大なたを振るう時期にきているのでは。

〇行財政改革委員会の会議が非公開となっているが、公開すべきでは。

◇学童保育  H28/ 9月議会
〇学童保育が公設化されて、現状で良くなった点と、今後の課題は。

◇ボランティアセンターの設置要望  H28/ 9月議会
〇多くの福祉関連団体から「高齢者・障がい者・児童、社会教育・環境・
 スポーツ・国際交流」など様々なボランティアを、社会福祉協議会が
 主体となり、一元的にまとめてほしい旨のボランティアセンター設置の
 要望書が市に提出されたが、市の見解は。

◇財政状況   H28/12月議会
〇「市の貯金である財政調整基金が5年後になくなると見込まれている」
 と市発行のチラシに書いてあるが、もう「財政危機宣言」を出して、
 市民全体で厳しい財政状況の危機感を共有すべきでは。

H29/ 3月議会
◇財政支出のうちの投資的経費について
〇道路、学校、給食センター、ごみ処理場、公共施設の建設や用地購入など
 に使われる「投資的経費」ですが、平成28年度当初予算(約26.7億円)
 と平成29年度当初予算(約11.1億円)における内訳の中で、
 主だった事業とその金額の説明をお願いします。

行方不明者への対応    H28/12月議会
〇行方不明者が出た場合、警察と市そして近隣住民等は
 どのような対応をしているのか。

H29/ 3月議会
◇行方不明者の捜索について
〇群馬県高崎市では高齢者と障害者にGPSを貸し出して、行方不明者の捜索
 に効果を上げているが、館山市でもGPSを導入できないものか。

〇捜索にあたり、消防団・町内会のほかにも、高齢者見守りネットワーク 
 などの組織・団体に協力をお願いできないものか。

◇学校給食 H28/12月議会
〇いすみ市学校給食センターの建設費が約13億円で、館山市は約23億円。
 積算中とはいえ高額であり、設計を大きく見直しては。


〇いすみ市学校給食センターはご飯を炊いている。
 館山市も新給食センターでご飯を炊くべきでは。

◇安房3市1町の提携のあり方  H28/12月議会
〇地産地消・物品調達・入札などは、各市町で地元限定とするよりも
 その枠を取り払って、単位を3市1町の限定に変えていくべきでは。

〇安房郡市広域市町村圏事務組合はさておき、
 ごみ処理などで近隣2市1町が困難な状況の発生時、
 館山市の施設で対応可能な場合は、先方の希望があれば引受けては。
 逆の場合は、館山市が助けてもらえるような関係を築くべきではか。

◇拡大する有害鳥獣の被害   H29/ 3月議会
◇市内全域に拡大する有害鳥獣の被害について
○イノシシなどの有害鳥獣の増殖がますます加速しているが、今後の対策は。

H29/ 9月議会  
○有害鳥獣の対策にあたっている現場の方々からは、どのような要望が
 市に上がっているか。
 また、その対応はどのようにしているのか。

◇観光立市  H29/6月議会
◇観光立市としてのあり方
〇有名観光地にも、財政悪化と人口流出の傾向が見られるが、
 こうした現状を市は把握しているか。

〇産業としての観光は、入込客数の増加よりも、消費額や宿泊数の増加、
 そして定住者の増加を目指すべきでは。

◇都市計画道路  H29/6月議会
〇青柳大賀線計画は、今後20年で20パーセントの人口減少、高齢者の増加
 によるドライバーの減少、生産年齢世代の割合低下による財政悪化などが
 予想され、また国からの補助金も期待できず、かつ観光政策としての効果
 も根拠が薄弱なことから、廃止すべきではないか。

◇暴行といじめ   H29/ 9月議会
〇小中学校の教職員による体罰について、平成26年9月議会で質問したところ
 「体罰はあった」とのことでした。
 それ以降に体罰は起きていないか。
  
〇過去3年において、暴行・窃盗・強盗・器物損壊・強要・恐喝・
 強制わいせつ・名誉毀損などにあたる「いじめ」は何件あったか。

〇過去3年において、非常勤・特別職を含む市職員で、職務内または職務外で
 暴行を行った者はいるか。

◇道路の補修・改良   H29/ 9月議会
〇市民や各地区から上がっている道路の補修・改良・排水整備の要望への
 対応がかなり滞っているが、いつ頃までに着工するのか、
 期限を示せないか。

〇1年半前に建設経済委員会が了承した「神余地区にある交差点の危険個所 
 への対策を求める陳情」だが、危険は解消されたのか。

独居等の要介護者   H29/ 9月議会
〇独居または、同居人が十分な扶助をできない高齢の要介護者は、そもそも
 生活に必要なサービスを選択して受けるのも難しいと思うが、
 市及び社会福祉協議会はどのような対応をしているのか。

◇自治会の在り方  H29/12月議会 
自治会について

自治会は、全員強制加入ではなく、入退会自由の任意の団体なので、
  行政の下請けに使うのは やめる方向性にすべきではないでしょうか。 

◇部活動・PTA   H29/12月議会
◇部活動・PTAについて

〇部活動は任意であるので、生徒にとっても、教職員にとっても、
  やる・やらないは自由とい うことでよろしいでしょうか。

〇PTAは任意であるので、保護者にとって、
  やる・やらないは自由ということでよろしいでしょうか。

H30/ 3月議会
◇PTAについて

〇個人情報保護の観点から伺うが、
  学校はPTAに対して児童生徒の名簿を提供しているのか。

〇PTAの入会手続きは、入会届など書面で行っているか。

 
◇小中学校教育    H29/12月議会
◇小中学校教育について

〇現在の学校教育は、民間企業で具体的に何の役に立つのでしょうか。

〇宿題と予習はなくして、授業と自主的な復習を重視すべきではないでしょうか。

〇授業についていけない児童・生徒には補習を用意すべきではないでしょうか。

〇制服やジャージなどおそろいの学用品はやめて、自由にすべきではないでしょうか。

H30/ 3月議会
◇学校教育について

〇公立中学における制服の強制は、子どもの権利条約13条(表現の自由)や
  最高裁判例などから 違法ではないか。

〇教職員・保護者・児童生徒の多忙さを解消する観点からも、
  学校行事を整理・縮小していく 必要があると感じますが、
  「2分の1成人式」 は廃止すべきではないか。

〇運動会が準備を含め過熱しすぎではないかと感じるが、
  運動会の準備のために体育の授業を使うのではなく、
  体育の授業の成果発表が運動会という場ではないか。

〇教職員は部活動より、授業の準備を優先することが当然ではないか。

〇小学校卒業時、中学校卒業時に安房地域外の学校に進学することを選ぶ
  児童生徒がいますが、人数を把握しているか。

◇公務員の懲戒 H30/ 3月議会 
◇公務員の懲戒について

〇各自治体は、人事院が定めた懲戒処分の指針に類似した規定を設けているところが
  多いのですが、館山市では公務員の懲戒処分の基準は、どのように定めているのか。

◇市職員の人事異動  H30/ 6月議会
◇市職員の人事異動について

〇人事異動の目的は、一般的に不正の防止、多様な経験を積むことなどが考えられるが、
  市はどのような目的で行っているのか。

〇人事異動に際して、前任者は後任者のために、業務をマニュアル化しているのか。

〇人事異動は平均で何年間くらいの勤務で行われるのか。

〇職員の専門性を高めるため、人事異動になるまでの期間を長くしたほうが望ましいのでは。

◇生活困窮者支援  H30/ 6月議会
◇生活困窮者支援について

〇生活困窮者支援というと一般の人は生活保護を思うが、市と社会福祉協議会では
  生活困窮者支援はどのような事業があるのか。

〇自ら相談に来る人以外で、市として生活困窮者を把握する方法はあるのか。

〇民生児童委員は生活困窮者にどのように対応しているのか。

◇障害者支援施設  H30/ 6月議会
◇障害者支援施設について

〇施設内でいじめや暴行があるという話を聞いたことがあるが、市の対応は。

〇施設も人手不足などから、新たな入所希望者を受け入れられない場合があるという話も聞くが、
  現状は。

◇民間事業者の人手不足  H30/ 6月議会
◇民間事業者の人手不足について

〇特にサービス業の人手不足が多いようだが、それに対して市は施策を行っているのか。

〇全国的に民間事業者が後継者不足によって黒字廃業することが問題化してきているが、
  館山市内の状況は把握しているか。

◇沖ノ島  H30/ 6月議会 
◇沖ノ島について

〇来訪者がかなり多いが、常設のトイレを設置できないか。

〇安心・安全な館山の海水浴場の確保に関する条例は守られているのか。





page top ↑





 
  
龍崎 滋 ◆過去・一般通告質問 項目集

(H27・2015/6月議会 ~)

 ◇ H30/ 06月議会(青色表記) 


通告質問項目 定例会    通告質問項目 定例会  
◇農業振興策  ・H27/ 6月 ・H28/12月
・H29/12月
◇鳥獣被害対策の今後  ・H27/ 6月
◇地産地消の推進  ・H27/ 9月 ・H29/ 6月
・H30/ 6月
◇空き家対策   ・H27/ 6月
◇教育   ・H27/ 9月 ・H27/12月
・H28/ 9月
県道「館山白浜線」「館山千倉線  ・H27/ 6月
◇改正公職選挙法成立 18歳選挙権  ・H27/ 9月
◇新学校給食センター整備事業  ・H28/ 6月 ・H28/ 9月 ◇館山市まち・ひと・しごと  ・H27/12月
◇地域防災  ・H28/ 6月 ・H28/ 9月
・H28/12月
◇農業分野と福祉分野の「農福連携  ・H27/12月
◇国の「国土強靭化基本法  ・H28/ 3月
◇農業委員会改革  ・H28/ 6月  ◇食のまちづくり流通拠点整備事業  ・H28/ 3月  ・H29/ 3月
◇観光振興策   ・H29/ 3月  ◇ふるさと創生奨学基金制度  ・H29/ 3月 
◇地方創生事業  ・H29/ 3月  ◇館山市の政策形成基盤  ・H29/ 6月
◇広域連携地域資源活用の地域活性化策  ・H29/ 9月   ◇館山市の産業振興の取り組み  ・H29/ 9月  
◇シティプロモーション活動について  ・H29/12月  ◇買い物弱者対策  ・H30/ 3月 
◇体験型観光と教育旅行  ・H30/ 3月   ◇平成30年度の組織改編  ・H30/ 3月 
◇中小企業支援  ・H30/ 6月  ◇地域未来投資促進法  ・H30/ 6月  


龍崎 滋・通告質問項目 定例会  質問要旨(略記)
◇農業振興策    H27/ 6月議会  
◇農業振興策

農地集積の現状は

〇観光及び体験型農業、現状と今後の方向は。

〇地域産業振興の要所となる「道の駅」の建設早期着工は。

H28/12月議会  
◇第四次館山市総合計画における農業振興策

〇基本方針にある販路拡大と、地域ブランド化をどのように。

〇担い手の育成と、経営強化をどのように。

「食のまちづくり」を今後、どのように進めるのか。

H29/12月議会
◇館山市の農業振興の取り組みについて

〇農業の活性化は行政や指導機関の働きかけとともに、農業者の主体的、
積極的な取り組みが重要であるが、そのための支援策をどのように進めるのか。

◇鳥獣被害対策の今後  H27/ 6月議会  
〇今後の強化策は。

◇空き家対策  H27/ 6月議会  
〇今後の強化策は

県道「館山白浜線」「館山千倉線」 H27/ 6月議会
〇今後の道路整備方針は。

◇改正公職選挙法成立 18歳選挙権  H27/ 9月議会  
〇主権者教育が重要と思うが、教育現場においての取り組みは。

〇18歳選挙権と政治活動に、教育委員会のガイドラインやルール作りは。

〇こども議会を開催している自治体があるが、市として行う考えは。

〇地域の現状や課題を捉えさすために、行政と若者の語る場を設けては。

◇地産地消の推進     H27/ 9月議会  
◇地産地消の推進

〇地産地消条例を制定して官民一体の産業振興を目指すべきでは。

〇ふるさと納税の使途に、地産地消事業「食のまちづくり」を組入れては。

 H29/6月議会
◇地産地消、食のまちづくり計画の取り組み

〇年次計画を今後どのように進めるのか。

〇館山まるしぇの状況を、どのように分析しているの。

 H30/6月議会
「館山市地産地消推進条例」の制定について

〇地域資源有効活用調査特別委員会で進めている「館山市地産地消推進条例」の制定への
  取り組みについて、市の考えを。

〇これまでの地産地消施策と今後の事業の推進について

〇館山市における地産地消の推進と条例の制定の必要性について、社会的、及び経済的な
  根拠は、またその「立法事実」は。

◇教育   H27/ 9月議会  
◇総合教育会議
会議の進捗と今後の議題、及び市の取り組むべき課題は。

H27/12月議会
「生きる力」を育てる起業家教育

子どもたちの「生きる力」を育てる起業家教育の導入は。

H28/ 9月議会
◇館山市の教育

〇部活動の休養日を、どのように考えるか。

〇教員の長時間労働を、どのように考えるか。

◇館山市まち・ひと・しごと
 創生総合戦略の基本目標
 
H27/12月議会  
〇漁港の利活用と船形漁港周辺の活性化具体策は。

〇農業の成長産業化支援の施策と、担い手の育成は。

〇官民・広域連携によるまちづくりの推進施策は。

◇農業分野と福祉分野の「農福連携」  H27/12月議会  
〇障がい者の就労と地域農業の活性化に、現状と今後の取組は。

◇国の「国土強靭化基本法」   H28/ 3月議会
〇地方自治体作成の「国土強靭化地域計画」は、今後の大規模自然災害に
  対し効率的かつ効果的な対策につながると思うが、市の対応は。

〇「国土強靭化地域計画」と館山市地域防災計画の対比、及び関係づけは。

◇新学校給食センター整備事業   H28/ 6月議会  
◇新学校給食センター整備事業

〇事業概要で示される付加機能は。

〇環境及び安全対策はどのように行うか。

〇新設備の建築に伴う新たな取り組みは。

 H28/ 9月議会
◇新学校給食センター

〇基本計画の中で建設及び維持管理費の縮減とは、どのようなことか。

〇建設計画において、参考とした給食センターはあるのか。

◇農業委員会改革  H28/ 6月議会
〇改正法 4月1日施行、館山市の農業委員会はどのように変わるのか。

〇農地利用最適化推進委員の新設を行うのか。

〇農地等利用の最適化推進に関する指針の策定は行うのか。

◇地域防災     H28/ 6月議会
◇防災における自助、共助

〇自主防災組織の体制及び機能は向上しているか。

〇福祉避難所の設置と災害時要援護者避難支援プランの運用状況は。

H28/ 9月議会
◇館山市の地域防災

〇災害時の消防団活動、安全管理マニュアルは策定されているか。

〇災害協定の推進は十分に行われているか。

 H28/12月議会
◇災害発生時の現実的な対応状況

〇災害発生時の避難所運営について運営マニュアルの策定状況は。

〇大規模災害時の廃棄物に対処する「災害廃棄物処理計画」の策定状況は。

◇食のまちづくり流通拠点整備事業    H28/ 3月議会
〇建設計画の進捗と今後の方針は。


〇食のまちづくり計画の目的と、その目指す効果は何か。

〇この事業と既存の民間事業との関係を、どのように捉えるか。


〇食のまちづくり流通拠点と「道の駅」との関係は、何なのか。

H29/ 3月議会
〇食のまちづくり計画の今後の取り組みは。

◇観光振興策   H29/ 3月議会
〇企業誘致と起業支援の状況は。

〇渚の駅と客船誘致事業の今後の取り組みは。

◇ふるさと創生奨学基金制度  H29/ 3月議会
〇奨学金の利用状況は。

〇就学支援の充実に、基金及び利用枠を拡大してはどうか。

◇地方創生事業  H29/ 3月議会
〇これまでの地方創生交付金の活用額は。

〇地方創生交付金の活用による成果及び発展的な継続事業について。

◇館山市の政策形成基盤  H29/ 6月議会   
〇市の重要施策などの決定はどのようなプロセスで行われるのか。

〇基本構想から実現までにどのようなチェック機能を備えているのか。

〇自治体シンクタンクを設置する自治体があるが、館山市にその必要はあるか。

◇広域連携地域資源活用の地域活性化策   H29/ 9月議会
◇安房地域の広域連携による地域資源を活用した地域活性化策について

嶺岡牧の日本遺産登録への動きがあるが、館山市としてどのような
 関わりができるか。

稲村城跡と岡本城跡がともに国史跡に指定されて5年が経つが、
 その活用等、現状と今後の計画は。

館山夕日桟橋のクルーズ船招致の推進にあたり、受け入れ体制の充実や
 地域の魅力の発信が重要と思います。
 現在の訪問客の受け入れ状況と、今後の受け入れ環境の整備について。

◇館山市の産業振興の取り組み   H29/ 9月議会
近年の農水産業の活性化施策において、
 どのような成果・実績が得られているか。

計画の中断している流通拠点整備事業を、
 低コストの施設整備から着手すべきと思うが、今後の方針について。

◇シティプロモーション活動について   H29/12月議会
◇「館山市まち・ひと・しごと創生総合戦略」におけるシティプロモーション活動について。

〇プロモーション活動の現状と今後の課題について。
  民間との連携による活動として、どのような取り組みをしているか。
  館山市のプロモーション活動の目的と方向性、及び重点政策はどのようなものか。

◇買い物弱者対策 H30/ 3月議会
〇市内の小売店の閉店により、高齢者の買い物に支障をきたしていいるが、
  現状の把握と対策は。

◇平成30年度の組織改編  H30/ 3月議会
◇平成30年度の組織改編について

〇観光みなと課と雇用商工課が設置されるが、従前とどのような点が改善されるのか、
  改編の理由と今後の行政運営は。

〇農水産課内に「食のまちづくり推進室」を設置するとのことですが、
  これまでの「食のまちづくり担当」から何が変わるのか。

◇体験型観光と教育旅行 H30/ 3月議会
◇館山市の体験型観光と教育旅行について

〇現在活動している団体とその実績など、現状をどのように捉えているか。

〇観光振興やまちづくりの観点から、課題及び今後の可能性をどう考えているか、
  また、市は どのように関わり推進していくのか。

◇中小企業支援  H30/6月議会 
◇館山市の中小企業支援及び「生産性向上特別措置法」について

〇館山市の中小企業の生産性向上に向けた市の考えを。

〇現在、行っている中小企業支援策はどのようなものか、またその実績について

〇生産性向上特別措置法に基づく市の対応は。

◇地域未来投資促進法  H30/6月議会
◇地域未来投資促進法に関すること

〇地域経済の発展に向けて、この制度の活用は有効であると思うが、館山市はどのように考えるか。

〇館山市の地域特性を活かした成長分野をどのように捉えているか、
  また今後の官民連携と民間支援のあり方は。






page top ↑






 
  
瀬能孝夫 ◆過去・一般通告質問 項目集

(H27・2015/6月議会 ~)

◇ H30/ 06月議会(青色表記)


通告質問項目 定例会    通告質問項目 定例会  
◇国道410号 藤原運動公園付近    H27/ 6月 ◇認知症対策   H27/ 6月  H29/ 3月
◇中学校での「がん」教育    H27/ 6月 ◇危険ドラッグ   H27/ 6月
◇がん探知犬    H27/ 9月 電話詐欺から高齢者を守る   H27/ 9月
◇小中学校の学習机   H27/ 9月 ◇農水産業の振興    H27/12月
首都直下型地震などへの備え    H27/12月  H28/ 6月 ◇オリジナル婚姻届の取り組み    H28/ 3月
◇南房総地域における外来生物   H28/ 3月 ◇指定ごみ袋の種類   H28/ 3月
◇政治的関心を高める政策形成過程   H28/ 6月 ◇食品の有効活用   H28/ 9月
◇子育て環境の包括的支援   H28/ 9月  ◇親子の絆育むブックスタート事業   H28/ 9月
◇広域ごみ処理施設建設計画   H28/12月 ◇ロタウイルスの予防ワクチン接種   H28/12月
◇自治基本条例・政治倫理条例の制定   H28/12月 ◇有害鳥獣   H29/ 3月  H29/12月 
◇まちの無電柱化の推進   H29/ 3月  ◇館山港多目的観光桟橋の活用   H29/ 6月  H30/ 3月
◇聴覚・視覚障がい者等、公費助成施策   H29/ 9月  ◇新生児聴覚検査と
 市職員採用で障がい者への条件緩和
 
 H29/ 9月 
◇人と動物が共生するまち   H29/12月  ◇多様性を尊重する社会   H29/12月 
◇赤山地下壕跡駐車場    H30/ 3月  ◇骨髄移植のドナー登録者促進   H30/ 3月 
◇がん治療に伴う患者への医療用補正具   H30/ 6月  ◇情報提供における ICTの活用  H30/ 6月 
◇コンパクトシティの取り組み   H30/ 6月     


瀬能孝夫・通告質問項目 定例会  質問要旨(略記)
◇国道410号 藤原運動公園付近  H27/ 6月議会
〇公園付近の危険回避と景観保全のために、切り割りの拡幅は。

◇認知症対策   H27/ 6月議会
〇認知症の早期発見と初期治療体制は。

〇認知症の方やその家族への支援施策は。

 H29/ 3月議会
〇認知症徘徊者による行方不明対策について
 行方不明者の捜索には負担と困難があります。
 発見に効果的な実証実験も各地で行われており、
 これからの対策の方向性と、年間の行方不明発生件数は。

◇中学校での「がん」教育  H27/ 6月議会
〇中学校での「がん」教育の実施は。

◇危険ドラッグ    H27/ 6月議会  
館山市内 南房総地域での、危険ドラッグ使用者の実態

薬物汚染の低年齢化対策で、中学校の危険を喚起する授業の実施は。

◇がん探知犬  H27/ 9月議会
〇総合検診時にガン探知犬を活用してガンの有無を調べる取り組み、
 導入の見解は。

電話詐欺から高齢者を守る  H27/ 9月議会
〇迷惑電話チェッカーの無料貸し出し事業の導入は。

〇通話録音装置の導入は。

◇小中学校の学習机 H27/ 9月議会
近年、A4版の教材が主流であり、それに対応した学習机の導入は。

◇農水産業の振興  H27/12月議会
〇知識や経済的な支援機能のある総合(ワンストップ)窓口開設の見解は。

〇農水産物の輸出戦略・ 海外市場向けの市内産品の可能性は。

〇遊休地や農地集積バンクの活用状況、及び耕作放棄地対策は。

首都直下型地震などへの備え   H27/12月議会
首都直下型地震などへの備え
自治体間による災害協定・締結当時の取り決めで十分か。

木造家屋密集地域における防火対策、及び消火体制は。

被災後も行政機能の維持を目的の事業継続計画(BCP)の現状、今後は。

H28/ 6月議会  
◇大規模地震への備え
5月15日付「だん暖たてやま」掲載、市内また安房地域における
 活断層の存在についての情報
は。

〇熊本での被災者への円滑な支援に関して、改めて取り組むべき課題は。

〇飲料水確保の観点から、井戸水やろ過機の活用について、市の体制は。

〇避難所での備蓄食料以外の食糧供給体制に関する支援計画は。

◇南房総地域における外来生物   H28/ 3月議会
〇多くの方の目撃情報の提供を如何に活用しているのか。

〇市内での外来生物による代表的な農水産物の被害状況は。

〇被害を食いとめる抜本的対策として、代表的な生物の駆除状況は。

〇小中学校では、外来生物に関する授業を行っているのか。

◇オリジナル婚姻届の取り組み   H28/ 3月議会
〇合わせてオリジナル出生届もセットで考えては。

◇指定ごみ袋の種類   H28/ 3月議会  
〇30リッター袋の導入意見もあるが、今後の見通しを含め、見解は。

◇政治的関心を高める政策形成過程  H28/ 6月議会  
〇本市における、各審議会委員の若者の積極的登用、参画は。

〇青少年の視点による市政やまちづくりに対する意見を受け付け、
 反映できる体制整備について問う。

◇食品の有効活用   H28/ 9月議会  
〇農業・畜産・漁業者、食品工場からの食品廃棄物及び学校給食から
 排出される残渣等に対する食品リサイクルの現状と対策は。


〇会食時の食べ残しゼロに近づける食品ロス削減の取り組みとしての
「サンマル・イチゴ」運動、全市民への周知並びに普及活動は。


〇実質的な効果につながる本市の削減数値目標設定に向けた取り組みは。

◇子育て環境の包括的支援  H28/ 9月議会
〇妊娠から就学前までの子育て期支援、ワンストップで子育て支援を行う
 施設や拠点を自治体が整備する「子育て世代包括支援センター」設置へ
 向けた展望は。

◇親子の絆育むブックスタート事業   H28/ 9月議会
〇3~4カ月健診の際に絵本を贈る「ブックスタート事業」が保護者の間で
 好評だが、館山市での取り組みは。

〇小学校新入生に希望する絵本を贈る「セカンドブック事業」、
 言語力の向上効果と、親子の時間を共有する取組だが、導入への見解は。

◇ロタウイルスの予防ワクチン接種  H28/12月議会
〇ロタウイルス感染症は、急性胃腸炎の主な原因とされ、ワクチン接種に
 より重症化予防や感染予防の効果が期待される。
 子育て支援策として予防ワクチン接種の一部助成を提案するが、見解は。

広域ごみ処理施設建設計画  H28/12月議会
館山市の広域ごみ処理施設建設計画の判断
〇離脱に対する2市1町の認識及び理解に至る見通しについて問う。

〇財政状況からの判断とされるが、市単独と広域に残る場合との
 短期・長期を勘案した双方の想定負担見積もり額を問う。

◇自治基本条例・政治倫理条例の制定  H28/12月議会
◇最高規範性の確立と政治腐敗を防止する条例の制定
〇市民協働に限定せず、市民、市議会、行政の権利や責務などを明確にし
 まちづくりの基本理念や市政運営の原則を定める最高規範たる
 自治基本条例の制定についての見解は。


〇執行機関、市民、市議会が政治腐敗を防止の遵守すべき倫理基準を設け、
 より公正で民主的な市政運営を目指す館山市政治倫理条例の制定に向けて
 取り組むべきと考えるが、その見解は。

◇有害鳥獣   H29/ 3月議会
◇イノシシの捕獲作業における狩猟者の負担軽減対策について
〇箱わなの設置及び移動時等における公的機関による応援体制の整備は。
  
〇国では有害鳥獣の数を2023年までに半減させる目標を掲げている。
 本市の場合は、近年になって増え続けている状況の中、
 減らすための目標や、どのような対策を講じているか。

〇ジビエとして流通させるため、解体場の公設又は、民設の場合には十分な
 助成制度を導入するなど、処理施設の設置推進についてはどうか。

H29/12月議会
〇イノシシ等を対象とした市民の安全対策について

〇ジビエカー導入について

〇狩猟者への感染症に対する安全喚起及び対策について

◇まちの無電柱化の推進  H29/ 3月議会
〇昨年、無電柱化推進法の成立を受け、今後の本市における無電柱化の計画、
 推進に関する見通しは。

◇館山港多目的観光桟橋の活用   H29/ 6月議会  
〇館山桟橋に寄港する海外クルーズ船におけるインバウンドの実績と目標は。

〇要望活動を継続するとした「館山港港湾振興ビジョン」の計画について
  大型客船の寄港を視野に入れ、喫水マイナス7.5メートル岸壁のまま拡幅改修
  するのではなく、マイナス9メートル、併せて先端の岸壁部分も、より長くする形で
  設計を見直すべきだと考えるが、市の見解は。
 
〇館山桟橋の改修により、大型クルーズ船が寄港できるようになったとした場合、
  観光業発展の可能性について、どのように考えているか。

H30/ 3月議会 
◇館山港多目的観光桟橋の今後の活用について

〇要望活動を続けている「館山港港湾振興ビジョン」計画の
  来年度の実施見通 しについて。

〇館山桟橋の来年度・国内海外クルーズ船の寄港目標及び、
  誘致促進への取り組みについて。

〇館山桟橋への寄港に伴う乗客への対応強化として、
  受け入れ態勢及び観光施設等の充実に 関する行政としての取り組みについて。

◇聴覚・視覚障がい者等、公費助成施策  H29/ 9月議会
障害者手帳の交付対象ではない軽度・中等度難聴児の補聴器購入及び、
 修理費の助成について。

重度難聴者が利用する、人工内耳の装用者の対外装置の買い替えや修理、
 電池交換等の自己負担軽減への支援について。

色弱者に配慮する「カラーユニバーサルデザイン(CUD)」の学校現場や
 ハザードマップ等への導入についての見解を。

喉頭摘出者に必要な「埋込用人工鼻」は消耗品であり、その交換にかかる
 費用補助につい。

◇新生児聴覚検査と
 市職員採用で障がい者への条件緩和
 
H29/ 9月議会
すべての新生児聴覚検査の実施実態並びに、公費助成の現状と見通しは。

一般行政職(初級)1人採用欄の受験資格にある「自力により通勤ができ、
 介護者なしに職務の遂行が可能」は、改正障害者雇用促進法の規定に照らし
 条件を見直すべきと考えますが、ご見解を。

◇人と動物が共生するまち H29/12月議会
◇人と動物が共生するまちの創出について

〇避難所におけるペット同行避難の現状について伺います。

〇捨て犬、地域猫対策の現状と今後の課題を伺います。

◇多様性を尊重する社会  H29/12月議会
◇人々の多様性を尊重する社会を目指す取り組みについて

〇LGBT等、性同一性障害の方への配慮ある施策の現状と今後の取り組みは。

〇 教育現場における性同一性障害等の児童生徒への対応について。
 
◇赤山地下壕跡駐車場  H30/ 3月議会
〇赤山地下壕跡駐車場における公衆トイレ設置へ向け、その必要性についての見解は。

◇骨髄移植のドナー登録者促進  H30/ 3月議会
◇骨髄移植におけるドナー登録者促進について

〇全国比に対する千葉県のドナー登録者数の現状は。

〇ドナー登録者促進へ向け、助成制度導入の必要性について
  館山市の見解は。

◇がん治療に伴う患者への医療用補正具  H30/ 6月議会
◇がん治療に伴う傷跡や外見(アピアランス)の変化に悩む患者への医療用補正具の
  購入費用の 支援について

〇がん患者医療用ウィッグの購入費用の一部助成制度の導入を伺います。

〇乳房補正具購入費助成制度の創設を伺います。

◇情報提供における ICTの活用 H30/ 6月議会
◇行政及び市民からの情報提供における ICTの活用について

〇市民が街の魅力や困りごとを写真等で投稿できるスマートフォン用アプリの導入について

〇いじめ相談・通報アプリの導入について

〇スマートフォン、パソコン等からがんのリスク判定ができる簡易がんチェックシステムの導入について

〇市の広報紙をスマートフォンやタブレット等に配信する取り組みについて

◇コンパクトシティの取り組み  H30/ 6月議会
◇コンパクトシティの取り組みについて

〇少子高齢化、人口減少社会へ向けた中・長期(10~30年後程度)の表題への展望を。

〇災害に強いまちづくりへ向けたお考え、計画等を。





page top ↑





 
  
室 厚美 ◆過去・一般通告質問 項目集

(H27・2015/6月議会 ~)

 ◇ H30/ 06月議会(青色表記)


通告質問項目 定例会    通告質問項目 定例会  
◇住民等への情報公開   H27/ 6月 ◇地方創生   H27/ 6月
◇女性の活躍推進  H27/ 6月 ◇公共交通網の整備   H27/ 9月  H29/ 3月
 H29/ 6月   H30/ 3月
◇消防団の機能強化   H27/ 9月   H28/ 9月 ◇観光資源としての布良地域   H27/12月
◇ふるさと納税    H27/12月  H28/ 3月
 H28/ 6月
◇地域おこし協力隊   H27/12月  H28/ 9月
◇移住定住につながる子育て支援策   H28/ 3月  H29/ 3月
◇地産地消     H28/ 6月   H28/ 9月
 H28/12月  
H30/ 6月
「特別区全国連携プロジェクト   H28/ 6月
◇青木繁「海の幸」記念館   H28/ 6月
◇安房広域ごみ処理施設計画   H28/12月  ◇新学校給食センター   H28/12月 
◇インクルーシブ教育   H29/ 3月  ◇市職員の業務遂行体制   H29/ 6月   H30/ 3月
◇地域包括ケア   H29/ 9月  ◇海の魅力を活かす  H29/ 9月 
◇ストップ・ザ 人口減少   H29/12月  ◇生活支援コーディネーター   H30/ 3月 
◇観光立市たてやま  H30/ 3月  ◇子育て支援  H30/ 6月
◇提案募集方式    H30/ 6月  ◇日本でいちばん住みやすいまち   H30/ 6月 
 

室 厚美・通告質問項目 定例会  質問要旨(略記)
◇住民等への情報公開  H27/ 6月議会  
〇全国的には閲覧手数料のない自治体が91.2パーセント
  館山市も閲覧手数料の無料化を検討しては。

〇先月、判決の下りたペットボトル処理問題の住民訴訟
 この問題がなぜ住民訴訟にまで至ったと思うか。

〇観光インバ ウンド促進のための有効なインターネットで
 英語情報を提供するについて館山市の方針は。

◇女性の活躍推進  H27/ 6月議会
〇館山市で現在、女性比率が30%に満たない審議会は
 どのくらいあるか(数、比率)。

〇市役所職員に対する女性活用の方針は、また、育児休暇の取得状況は。

◇地方創生  H27/ 6月議会  
〇地方創生実現の「郷土愛」について、市民の現状をどのように把握してるか。

〇今年度実施のプレミアムつき商品券発行事業や
 観光振興商品券発行事業についての具体的な費用と効果の目標数値は。

◇消防団の機能強化   H27/ 9月議会  
〇消防団員減少のおり、館山市の消防団員の現状と、団員確保の対策は。

〇南海トラフ地震防災対策に関し、消防団詰所の津波対策の状況は。

H28/ 9月議会 
〇防災の観点から、消防団と自主防災会、防災士との位置づけ、役割分担は。

◇公共交通網の整備     H27/ 9月議会  
〇少子高齢化の交通弱者の問題、公共交通整備に対する館山市の現状認識は。

〇鴨川市や南房総市は、すでに地域公共交通網形成計画を策定しているが。

〇館山市も財政的に持続可能で、かつ利便性も高い交通ネットワーク構築に
 取り組むべきでは。

 H29/ 3月議会
◇福祉と観光に資する公共交通の整備について

〇福祉の観点から、高齢者の外出支援に向けた公共交通のあり方を
 どのように考えているか。

〇インバウンドを含めた観光推進の観点から、
 館山市の二次交通に対する認識、課題と対策について。

H29/6月議会 
◇市民や来訪者の交通利便性の確保

〇市の総合計画では「市民や来訪者の交通利便性の確保・維持に努めます」とあるが、
  この点について地域公共交通会議は機能しているのか。

〇先般、公共交通の利用促進に向けた「標語」を募集していたが、
  そもそも路線バス利用者が少ない原因をどう考えているのか。

〇高齢者の閉じこもり防止の観点から、南総文化ホールなどで行われるイベント時の
  送迎について検討していることはあるか。

〇海岸駐車場の有料化についてどう考えているか。

〇平成27年度に行った「サイクルツーリズム推進実証実験」の結果を受けて、
  どのような方針でサイクルツーリズムを推進しようとしているのか。

H30/ 3月議会 
◇市民や来訪者の移動手段の確保について

〇来年度「地域公共交通網形成計画」の策定に踏み切ることを決断した
  背景について伺います。

◇ふるさと納税    H27/12月議会  
◇ふるさと納税 

〇館山市のふるさと納税の現状と、他市の傾向との比較は。

〇ふるさと納税の取り組み方針と、今後の課題は。

〇「ふるさとチョイス」の有効活用についての考え。

 H28/ 3月議会
ふるさと納税による地域振興

ふるさと納税の返礼品の選定に関し、誰がどのような基準で行い、
 公平性、透明性をどのように担保しているのか


現在、館山市民が館山市にふるさと納税をしても返礼品はない。
 これをなくした理由と、復活する考えはないか


「企業版ふるさと納税」の導入が見込まれるが、その対応予定は。

H28/ 6月議会
〇今般、導入されたふるさと納税の返礼品公募に関して
 「館山市ふるさと納税返礼品等選定委員会」の組織運営は。

◇観光資源としての布良地域 H27/12月議会  
〇観光の観点から、布良地域をどのように位置づけているか。

〇布良海岸の海水浴場への指定復活できないか。

◇地域おこし協力隊   H27/12月議会  
〇これまでの実績は、この制度の課題と今後の方針は。

H28/ 9月議会
〇地域おこし協力隊の活動状況は。
 
移住定住につながる子育て支援策   H28/ 3月議会
市政の中で、子育て支援や学校教育に関する重点度合いを財政面から問う。

多様な保育ニーズに対し、十分に対応できているか、その現状と課題は。

館山ならではの個性的な学校教育に、どの程度の力を入れているか。

全庁横断的組織での対応、民間経済界も巻き込んで、
 地域振興につながる方策を検討しては。

H29/ 3月議会
◇移住定住促進のための空き家の有効活用について
〇館山市の住宅の需要と供給の状況を、近隣市との比較から教えてください。

〇空き家バンクの現状と課題は。

◇地産地消     H28/ 6月議会
〇館山市の地産地消に向けた取り組みと課題は。

H28/ 9月議会
〇学校給食における地産地消の推進に向けた取り組みは。

H28/12月議会
◇新学校給食センターと地産地消
〇学校給食における地産地消の推進に向け、
 9月議会以降、具体的にどのようなことに取り組んだか。

 H30/ 6月議会
◇地域商社と地産地消について

〇地産地消や地産外商による経済活性化に向けて国が推進する「地域商社」事業に関する
  市の見 解について

◇「特別区全国連携プロジェクト」
 「幸せリーグ」
 
H28/ 6月議会  
〇館山市が「特別区(東京23区)全国連携プロジェクト」「幸せリーグ」
 に参加した目的と、具体的な取り組みは。

◇青木繁「海の幸」記念館  H28/ 6月議会
〇4月29日に一般公開になった青木繁「海の幸」記念館の今後の運営に
 関する館山市の考え方は。

◇安房広域ごみ処理施設計画  H28/12月議会  
〇9月議会で「ごみ処理施設を3市1町で集約のほうが効率的な施設建設、
 より低コストな管理運営が可能」と答弁、今はそれが誤りであったのか、
 数値で比較説明してほしい。


〇館山市単独でごみ処理事業を進めるという方針転換について、
 長期的な展望はどうなっているのか。

◇新学校給食センター   H28/12月議会
〇館山市の新学校給食センター事業費は、同じ設計会社が担当し
 規模もそれほど違わない「いすみ市の学校給食センター」と
 約10億円もの開きがあるが、その主な要因は何か。

◇インクルーシブ教育  H29/ 3月議会 
〇共生社会の実現に向けて、教育分野では「インクルーシブ教育システム」
 (障害のある者とない者が可能な限り共に学ぶ仕組み)の構築が課題と
 されているが、館山市の取り組みは。

◇市職員の業務遂行体制 
 人材育成方針
H29/6月議会
◇市職員の業務遂行体制や処遇の問題

〇昨年から課税誤りや支払い遅延などの業務ミスが散見されるが、
  業務のやり方やチェック体制、職員の配置や業務量などに根本的な問題はないのか。

〇保育士の業務及び処遇について、正規職員と非常勤職員の違いはどのようなものか。

H30/ 3月議会
◇市職員の人材育成の方針について

〇市職員の人材育成の方針はどのようなものか。
 
◇地域包括ケアシステム  H29/ 9月議会 
地域包括ケアシステムの整備状況について

地域包括ケアシステムの構築に向けた取り組みの進捗状況と
 課題について問う

◇海の魅力を活かす
(館山港湾振興・漁協合併)
 
H29/ 9月議会
海の魅力に磨きをかける戦略について

平成14年に「館山港港湾振興ビジョン」を策定した後、約15年が経過し、
  大型クルーズ船時代到来など前提状況が大きく変わってきている中、
  館山港の役割をどう考えるか。

現在、増設が進められている多目的桟橋の小型船舶係留施設について、
 この経済効果は誰がどのように計画しているのか。

市営・下原漁港整備の際の計画に比べ、現状の利活用状況はどうか。

漁協合併協議の進捗状況はどのようになっているか。

◇ストップ・ザ 人口減少  H29/12月議会 
〇先日の議会報告会では、「館山市には住みたくない」という意見も多々挙げられていた。
  これにはどう答えられるか。

〇人口減少対策として、財源をどう考えているか。

〇移住定住の対象世代について、どう考えているか。

〇学校給食への取り組みに関して、特徴ある取り組みはどのようなものか。

〇雇用面から、重点産業分野をどのように考えているか。

〇 市長が目指している「サテライト式コンパクトシティ化」に向けた課題は何か。

◇生活支援コーディネーター   H30/ 3月議会 
◇生活支援コーディネーターの役割について

〇地域包括ケアシステムの構築を進める中で、重要な役割を担うとされる
  「生活支援コーディネ ーター」 に対し、館山市ではどのように位置づけ、
  その育成はどのような方針で行われているのか。

◇観光立市たてやま  H30/ 3月議会
◇観光立市たてやま行動計画について

〇館山市が真に競争力のある観光地として成長していくことを目標として
  平成18年6月に策定 された「観光立市たてやま行動計画」について、
  現時点ではどのように評価・総括しているか。

◇子育て支援  H30/ 6月議会
◇妊娠期から子育て期にわたる切れ目ない子育て支援について

〇国が全国展開を目指している「子育て世代包括支援センター」(日本版ネウボラ)の導入に
  関する市の取り組み状況について

◇提案募集方式  H30/ 6月議会
◇提案募集方式の活用について

〇地域の課題解決の方策として国が地方分権改革の観点から推進している「提案募集方式」に
  関する市の取り組み状況について

◇日本でいちばん住みやすいまち  H30/ 6月議会
◇日本でいちばん住みやすいまちについて

〇約10年前に比べ、日本でいちばん住みやすいまちづくりの具体的な進捗状況と今後の課題は。





page top ↑





 
  
吉田恵年 去・一般通告質問 項目集

(H27・2015/6月議会 ~)

 


通告質問項目 定例会    通告質問項目 定例会  
◇介護保険制度  H27/ 9月  ◇市職員の定員適正化計画  H27/ 9月 
◇空き家問題   H27/ 9月  ◇防犯灯のLED化  H27/ 9月 


吉田恵年・通告質問項目 定例会  質問要旨(略記)
◇介護保険制度  H27/ 9月議会
〇介護移住を受け入れることへの館山市の基本的考え方は。

〇介護保険事業を「介護産業」と位置づけて
 雇用拡充、経済活性化を図る施策の推進は。

〇医療機関の入院ベッド数の削減が及ぼす、介護保険制度への影響と対策は。

〇介護職員や介護スタッフの賃金、労働内容等の処遇改善は。

◇市職員の定員適正化計画  H27/ 9月議会
〇平成27年度の正職員の実増員数と 増員の具体的業務の内容は。

〇過去5年間の正職員の実績数 及び非常勤職員数の推移と対比は。

◇空き家問題  H27/ 9月議会
〇市内全域の空き家の実態調査・確認は、「特定空き家」は何軒程度か。

〇「特定空き家」の判定・指定は、どんな方法・誰が行い、
 一定の判定基準等はあるのか。

〇更地だと「住宅用地特例」が外され、
 税の負担増から空き家が放置される現状、改善の必要性は。

◇防犯灯のLED化  H27/ 9月議会
〇市内設置の防犯灯、全体基数の把握は。

〇防犯灯LED化推進、財源確保の調査・検討は。





page top ↑





 page top
 Copyright AWA ICT. All Rights Reserved.