館山市議会議員 会派別HP一覧
Tateyama City, Chiba 
HOME  市民クラブ 新政クラブ たてやま21・緑風会 公明党  日本共産党 新しい風の会
HOME日本共産党 内藤欽次


会派 日本共産党


 
 
館山市議会議員 
内藤 欽次    NAITO kinji
ないとう きんじ 
自己紹介 ご案内 
私の政策
お問合せ
議会発言
活動報告
 





 ご案内


2017-08-31 更新 議会発言 質問要旨 平成29年9月議会・ 一般通告質疑 
2017-07-04 更新  自己紹介」 追記・青色文字(2017-07-01 現在)
-  2017-06/17  archives「議会質問平成29年6月議会・ 一般議案質疑
- 2017-06/02 archives「議会質問」平成29年6月議会・ 一般通告質問 
- 2017-02/22 archives「議会質問」平成29年3月議会・ 一般通告質問  
- 2016-11/29 archives「議会質問平成28年12月議会・ 一般通告質問 
2016-11-03 更新 活動報告」H28/9月議会 第63号・市政報告 
- 2016-09/01 archives「議会質問H28年9月議会・ 一般通告質問
- 2016-05/31 archives「議会質問」H28/6月議会・一般質問 
- 2016-03/09 archives「議会質問」H28/3月議会・当初予算 質疑通告書
- 2016-03/06 archives「議会質問」H28/3月議会・一般議案・補正予算 質疑 
- 2016-02/24 archives「議会質問」H28/3月議会・一般質問
- 2016-02/11 archives「活動報告」H27/12月議会 第60号・市政報告
- 2015-12/02 archives「議会質問」H27/12月議会・一般質問 
- 2015-10/09 archives「議会質問」H27/09月議会・討論原文 
- 2015-08/25 archives「議会質問」H27/09月議会・一般質問 
- 2015-08/17 archives「活動報告」H27/第57号・市政報告
- 2015-07/01 archives「議会質問」H27/06月議会 




自己紹介


内藤欽次です。どうぞ宜しく。



  2017-07-07 up 
 青色表示(追記)
現在役職    
2017年   館山市議会議員 3期(2007年 初当選 ~現在) 
    会派代表(日本共産党)
    総務委員会 副委員長 2017-6-27 
    議会運営委員会 委員 2017-6-27
    国保運営委委員会 委員
    地域資源有効活用調査特別委員会 副委員長 
    三芳水道企業団議会議員
   
    日本共産党 千葉県南部地区委員会・委員 
    日本共産党 館山市委員会・委員長
   

 
活動      
    年金者組合 安房支部組合員
  安房生物愛好会会員
  安房文化遺産フォーラム会員
    九条の会
    千葉地方議員ネット
     
    趣味:囲碁・テニス・ジョギング
     

履歴     
     
1942年    東京都  足立区出身 
1954年    墨田区立 双葉小学校卒業 
1957年    足立区立 第五中学校卒業 
1960年    東京都立 江北高等学校卒業   
1964年   国立   東京学芸大学卒業 
1964年    千葉県立 館山高等学校 勤務 (現)館山総合高等学校 
    千葉県立 安房農業高等学校 勤務 
    千葉県立 長狭高等学校 勤務 





私の政策
内藤欽次


 くらしと命守る館山市に
 
□ 不要不急の大型開発優先を改め、生活密着型公共事業への転換をめざします。

□ 髙すぎる国保税を下げ、保険証取り上げや差し押えをやめさせます。

□ 中学三年生までの医療費無料化を急がせ、更に高校三年生まで拡大させます。
 
□ 買物・病院・役所など暮らしに必要な「足」を確保する交通弱者対策を。

□ 特養ホームの増設で待機者をなくし、高齢者所帯の安心ネットワーク、憩いの場を。

□ 各小中学校にエアコンを設置させます。

□ 農漁業重視・地産池消を進め、
  福祉職場の増設など雇用確保と若者の定住対策に取り組みます。

□ 市政報告を発行して、議会の様子を市民の多くの方にお知らせします。

□ 広域ごみ処理場建設は離脱。

□ 船形バイパスは見直し。

□ 防犯灯のLED化で、町内会の電気料金負担の解消を。

□ 通学路の整備と生活道路の安全対策を。

□ 避難タワーなど徹底した津波対策を。




 
お問合せ


 皆さまのご意見をお聞かせください。

お寄せいただいたご意見・ご要望・ご質問、私がすべて目を通します。

今後の政治活動の参考とさせていただきたいと思います。



館山市議会議員 
内藤欽次


  住所  〒294-0047 千葉県館山市八幡 291 
  TEL 0470-22-8486
  FAX 0470-22-8486
  Mail  :kikugashirakoumori@mail.goo.ne.jp
  HP  awanew.com 





議会発言
内藤欽次

archives「議会発言


 
2017-08-31 up 
 
平成29年 第3回市議会定例会 (9月議会)
行政一般通告質問  
登壇日:平成29年9月6日(水)15:15~ 予定時間
館山市議会議員 内藤欣次 


質問要旨

  高齢者の交通手段の確保を早く実現してほしい
1
2
 
スクールバス「さかなクン」の運行業者との契約内容はどうなっているか。
6月議会で質問した際、「さかなクン」バスの利用について「検討する」との答弁があったが、その後の検討内容を知りたい。
   
  国民年金でも入ることのできる高齢者施設の増設と地域託老所の検討を
1 
2
3
第6期介護保険事業計画の最終年度の進捗状況はどうか。また、待機者の現状は。
平均的な国民年金収入で入所できるグループホーム、特別養護老人ホームの検討を考えているか。
空き家活用の託老所を集落ごとに設置する検討を考えているか。
      
  狭くて危険な「孫橋」の交通安全対策を
1
2
市は、「孫橋」を通行する際の危険性を承知しているか。
安房土木事務所に対策の要望をしているが、市も協力を考えているか。

上記のとおり通告します。

館山市議会議員  内藤欣次


館山市議会議長  榎本 祐三 様




 
活動報告
 内藤欽次

 archives:「活動報告

2016-11-03 up


内藤きんじの「市政報告」 第63号


日本共産党 館山市議会議員 
内藤欽次  2016年10月27日発行




9月議会の一般通告質問、議案審議、決算案審議について報告します。


一般通告質問


1「行財政改革、先にありき」の各種使用料・手数料の一声値上げは、
 市民生活を無視したもので、許されるものではない。


①生活改善にはつながらない無駄の排除や、有効な収入源について、
どのような検討が行われたのか。

<市側の答弁>
行財政改革委員会のおいて、検討し実行している。
歳出では、住宅リフォーム補助制度、敬老祝い金の見直しなどにより、約5700万円の削減。
また公共施設の管理計画、民営化の検討等を行っている。

歳入増加策としては市有財産の売却、太陽発電事業者への用地貸付、市税などの徴収率の向上、
地方創生交付金の活用など努力している。
更に、使用料・手数料の見直しによる約4800万円の歳入増を見込んでいる。


私の主張

「このような改革が市民に喜ばれる改革と言えるか」と再質問しましたが、
市長は「苦渋の決断」というだけでした。

この「改革」は、市民にとって疑問を禁じ得ないものがあります。
新たな財源確保策はともかくとして、住宅リフォーム補助制度や敬老祝い金の廃止、
海水浴場の開設期間の縮小、ゴミ袋値上げ、幼稚園保育料値上げなどが
市民生活に及ぼす影響は極めて大きいと言わざるを得ません。

何かというと「受益者負担」という答弁をしますが、
これらの「改革」は生活水準とともに、文化水準を低下させるものです。

憲法25条
”すべて国民は健康で文化的な最低限の生活を営む権利を有する”
を基本に考えるべきです。





2 介護保険料の見直しに伴う負担増で「保険あって介護なし」は許されない

①2割負担になって介護サービスを受けられなくなった事例はあるか。

<市側の答弁>
そのような事例はない。


私の主張

「65歳以上の場合
 年金所得(年金収入 120万円)
 不動産所得、配当金所得などの合計が160万円以上
 だと介護保険の使用料は2割負担になる
 館山市では、256人が該当する該当する」
との市側答弁がありました。
「利用控」については、実体調査の要請をしました。



②「いきいき支え愛ネットワーク」は有効に機能できるのか。

2017年の通常国会では介護、介護1・2の生活援助は原則自己負担という提案がされるようだ。
これでは本人や家族の生活は破たんしてしまう。
国庫負担の増額を要求するように頑張ってほしい。

<市側の答弁>
「支え合いネットワーク」は、新総合事業の方針を決めたりする場である。
ボランティアがうまく機能するかどうかは、これからしっかりと考えなければならない。
国に対しては、引き続き要望していきたい。


私の主張

国は、多くの高齢者を介護サービスから除外し、利用者に大幅な負担を押し付けようとしています。
介護保険料は値上げしながら、利用料を1割から2割、
そして要介護2以下の福祉用具レンタル(電動ベッド、車いす等)の全額自己負担増など大幅な改悪です。

またヘルパーなどの専門職から、
NPOやボランティアなどの”人件費の安いサービス”への切り替えをと検討しています。

介護保険の更なる改悪、介護報酬の大幅削減を許さず、
命と健康、高齢者を大事にする施策を、国や市に求めて行きたいと思います。





3就学援助制度の周知徹底と拡充を

①就学援助金の対象は、生活保護基準の1.3倍までの所得世帯としているので、
所得基準の明確化と周知徹底を求めた。

<市側の答弁>
それぞれの家庭状況が異なるため、所得基準の明確化は困難だ。
制度の広報については、全児童生徒の家庭に文書を配布し、家庭訪問や個別面談を実施、
「だん暖たてやま」でもPRしている。


②入学準備金の金額は実態とはほど遠い。
実際には10万円ほどかかっている。
引き上げて欲しい。
また、準備金は入学前に支給してほしい。

<市側の答弁>
現状のまま実施したい(現在の準備金は小学生20,470円、中学生23,550円)
中学生の入学準備金については、入学前支給を検討していく。


私の主張

市は「それぞれの家族状況が異なるため困難」と答弁しましたが、
東京都や横浜市、そして県内では八千代市、船橋市で所得基準を明確にしています。

所得と扶養家族等が分れば援助の対象になるかどうかが分かるような一覧表にして
申請し易くしています。
こうした所得基準の明確化と共に、広報誌「だん暖たてやま」での、一年に1回の掲載を、
周知徹底するためには、毎回掲載するよう要望しました。

「入学準備金」については、館山市以外に入学する場合があるなどを理由に支給が入学後になっています。
金額も実態とはほど遠いものになっています。
貧困による教育の格差をなくすためにも、この要望は極めて大切なことです。
引続き要望していきます。





4 防災対策として家具転倒防止金具取り付け工事助成制度の創設を

①家具の耐震など、市民の防災対策について実態を把握しているか

<市側の答弁>
市内の住宅の耐震化率は約6割と推定している。


②防災意識の向上
地域経済の振興にもつながる家具転倒防止金具取り付け工事助成制度の創設を

<市側の答弁>
家具の転倒防止策は自助にあたる取組み。
既に取り付けが終わっている人に対して不公平なので行わない。


私の主張
千葉県民の一番の要望は、4年連続で災害対策です。
市は、自助→共助→公助の順番でといいますが、地震や災害の教訓から、
自助、共助には限界があり、行政の対策は欠かせないものです。
今回、県内14自治体が実施している「家具転倒防止取り付け工事への助成制度」の要望をしました。
家具を固定することで、けが人が約5割減少、避難経路確保につながります。

また障碍者、生活保護世帯など福祉的な側面からも必要です。
今後も引き続き要望していきます。




議案審議で私は議案56~58号に反対しましたが
 賛成多数で可決されました

スポーツ施設の利用料値上げ、老人福祉施設センターの風呂台の有料化、
廃棄物処理および清掃に関する条例の一部改正(清掃センターへの持ち込み料金値上げ、ゴミ袋値上げなど)
全てにおいて受益者負担という考え方が貫かれている。

これは特に、年金が削減されている高齢者、子育て世代などにとって大きな負担である。
など主張しましたが、市は「行財政改革要綱に基づいて取り組んでいる」という答弁でした。

税金を徴収しておいて、さらに受益者負担を強めるという考え方は、市民の分断を図ることになります。
市民の税金をどこに、何を優先して使うべきなのかという点で、全く議論がかみ合いませんでした。




◆2015(平成27)年度 一般会計決算に下記に理由で反対しました

①広域ごみ処理場建設に関わって、市は1,800万円を支出しているが、建設は振り出しに戻った。
この事態の責任が明らかにされていない。

②経常収支比率の改善のための自主財源の改善が進んでいない。
③市債残高の増加傾向が改善されていない。
④市財政がひっ迫しているのに、不急な大事業、船形バイパスの建設に約1億2千万円の経費をかけている。
これこそ削減すべきである。




  無料法律相談会のお知らせ
 (予約制)

  日時:11月25日(金) 午後1時30分~
  会場:鋸南町・三国幸次 町議事務所 
  主催:日本共産党 安房郡市議員団

  申込先:内藤欽次 0470-22-8486




館山市議会議員 
内藤欽次








 page top 
archives 「議員別HP一覧」~2015/6/30 
 Copyright AWA ICT. All Rights Reserved.