館山市議会議員 会派別HP一覧
Tateyama City, Chiba 
HOME  市民クラブ 新政クラブ たてやま21・緑風会 公明党  日本共産党 新しい風の会
HOME日本共産党 内藤欽次


会派 日本共産党


 
 
館山市議会議員 
内藤 欽次    NAITO kinji
ないとう きんじ 
自己紹介 ご案内 
私の政策
お問合せ
議会発言
活動報告
 





 ご案内


2018-06-03 更新 議会発言」 平成30年 第2回定例会・ 一般通告質問  
2018-04-09 更新 活動報告」 市政報告 平成30年3月議会・ 通算第69号 
- 2018-02/21 archives「議会質問質問要旨 平成30年3月議会・ 一般通告質問 
- 2018-01/25 archives「活動報告H29/12月議会 第68号・市政報告  
- 2017-11/29 archives「議会質問質問要旨 平成29年12月議会・ 一般通告質問 
- 2017-11/22 archives「活動報告H29/9月議会 第67号・市政報告 (PDF)  
2017-08/31 archives「議会質問 質問要旨 平成29年9月議会・ 通告質問
2017-07-04 更新 自己紹介」 追記・青色文字(2017-07-01 現在)
-  2017-06/17  archives「議会質問平成29年6月議会・ 一般議案質問
- 2017-06/02 archives「議会質問」平成29年6月議会・ 一般通告質問 
- 2017-02/22 archives「議会質問」平成29年3月議会・ 一般通告質問  
- 2016-11/29 archives「議会質問平成28年12月議会・ 一般通告質問 
- 2016-11/03 archives「活動報告」H28/9月議会 第63号・市政報告 
- 2016-09/01 archives「議会質問H28年9月議会・ 一般通告質問
- 2016-05/31 archives「議会質問」H28/6月議会・一般質問 
- 2016-03/09 archives「議会質問」H28/3月議会・当初予算 質疑通告書
- 2016-03/06 archives「議会質問」H28/3月議会・一般議案・補正予算 質疑 
- 2016-02/24 archives「議会質問」H28/3月議会・一般質問
- 2016-02/11 archives「活動報告」H27/12月議会 第60号・市政報告
- 2015-12/02 archives「議会質問」H27/12月議会・一般質問 
- 2015-10/09 archives「議会質問」H27/09月議会・討論原文 
- 2015-08/25 archives「議会質問」H27/09月議会・一般質問 
- 2015-08/17 archives「活動報告」H27/第57号・市政報告
- 2015-07/01 archives「議会質問」H27/06月議会 




自己紹介


内藤欽次です。どうぞ宜しく。



  2018-07-09 up 
現在役職    
2018年   館山市議会議員 3期(2007年 初当選 ~現在) 
    会派代表(日本共産党)
    総務委員会 委員
    議会運営委員会 委員
    国保運営委委員会 委員
    三芳水道企業団議会議員
   
    日本共産党 千葉県南部地区委員会・委員 
    日本共産党 館山市委員会・委員長
   

 
活動      
    年金者組合 安房支部組合員
  安房生物愛好会会員
  安房文化遺産フォーラム会員
    九条の会
    千葉地方議員ネット
     
    趣味:囲碁・テニス・ジョギング
     

履歴     
     
1942年    東京都  足立区出身 
1954年    墨田区立 双葉小学校卒業 
1957年    足立区立 第五中学校卒業 
1960年    東京都立 江北高等学校卒業   
1964年   国立   東京学芸大学卒業 
1964年    千葉県立 館山高等学校 勤務 (現)館山総合高等学校 
    千葉県立 安房農業高等学校 勤務 
    千葉県立 長狭高等学校 勤務 






私の政策
内藤欽次


 くらしと命守る館山市に
 
□ 不要不急の大型開発優先を改め、生活密着型公共事業への転換をめざします。

□ 髙すぎる国保税を下げ、保険証取り上げや差し押えをやめさせます。

□ 中学三年生までの医療費無料化を急がせ、更に高校三年生まで拡大させます。
 
□ 買物・病院・役所など暮らしに必要な「足」を確保する交通弱者対策を。

□ 特養ホームの増設で待機者をなくし、高齢者所帯の安心ネットワーク、憩いの場を。

□ 各小中学校にエアコンを設置させます。

□ 農漁業重視・地産池消を進め、
  福祉職場の増設など雇用確保と若者の定住対策に取り組みます。

□ 市政報告を発行して、議会の様子を市民の多くの方にお知らせします。

□ 広域ごみ処理場建設は離脱。

□ 船形バイパスは見直し。

□ 防犯灯のLED化で、町内会の電気料金負担の解消を。

□ 通学路の整備と生活道路の安全対策を。

□ 避難タワーなど徹底した津波対策を。




 
お問合せ


 皆さまのご意見をお聞かせください。

お寄せいただいたご意見・ご要望・ご質問、私がすべて目を通します。

今後の政治活動の参考とさせていただきたいと思います。



館山市議会議員 
内藤欽次


  住所  〒294-0047 千葉県館山市八幡 291 
  TEL 0470-22-8486
  FAX 0470-22-8486
  Mail  :kikugashirakoumori@mail.goo.ne.jp
  HP  awanew.com 





議会発言
内藤欽次

archives「議会発言


 
2018-06-03 up 


平成30年 第2回定例会 一般通告質問
登壇日 平成28年6月14日(木)
館山市議会議員 内藤欣次


質問要旨


一 老朽化市営住宅の廃止について

1 廃止すべきとしている沼、笠名住宅の入居者に対する今後の対応についてどう考えているか。
2 市営住宅入居者の受け入れをする民間住宅所有者への優遇措置を検討できないか。


二 「学校統廃合」について

1 統廃合しなければならない理由は何か。
2 今後行政が取り組むべき課題は何か。
3 小規模小学校の意義についてどう考えているか。


三 船形バイパスの建設について 建設の廃止を検討すべきではないか。


四 「核兵器禁止条約」について 署名・批准を政府に対して要望する検討をできないか。










 
活動報告
 内藤欽次

 archives:「活動報告



2018-04-09 up

内藤きんじ 「市政報告」 第69号

 館山市議会議員(日本共産党)  内藤欽次  2018年3月29日発行




2018年3月議会での一般通告質問について報告します。

高すぎて払えない国保税の更なる減額を求めました
ごみ処理問題について尋ねました
切実な「高齢者の足の確保」を三たび要望しました
災害時でも安心して使える生活道路を願い点検、整備を要望しました
2018(平成30)年度一般会計予算案に反対しました




高すぎて払えない国保税の更なる減額を求めました

市長から、市民の健康意識の向上による医療費の減少と国民健康保険財政調整基金の運用などで、国保税を2年間で8,400円の引き下げ(29年度4,800円、30年度3,600円)を実現するとの答弁がありました。

しかし加入保険別で比較すると、国保加入者は所得に占める健康保険税が約10%と最も割高で、組合保険と比べると2倍近くになります。
国保加入者が、他の保険と同程度の負担率にするにはあと2万円ぐらいの引き下げが必要です。

「現在の財政調整基金を長期的に活用することにより、今後も国民健康保険税の負担軽減に努めたい」との答弁もありましたが、国保税の更なる減額のためには国に国庫負担の減額をやめさせ、他市で実施している一般会計からの法定外繰り入れも行う必要があります。
また、差し押さえなどの強制的なトラブルがないかの質問には「納税の意思の有無を確認し、意思のない者には差し押さえをする」との答弁がありました(館山市の28年度の差し押さえ総件数は271件)。
お困りごとなどありましたら、ご相談ください。




ごみ処理問題について尋ねました

一つ目に、安房郡市広域市町村圏事務組合のゴミ処理広域化事業から離脱したことによる諸問題は、解決しているのかたずねました。

答弁は「事業(調査・計画・土地買収など)は実施したので責任はない」という無責任なものでした。
しかし、広域市町村圏事務組合への館山市分担金2億数千万円は、私たちから徴収した税金です。
それを、全土地所有者の確認が取れないうちに買収費支出承認をした責任は組合の長である市長にあるはずです。

こういう感覚の市長のもとでは市政運営もしっかり監視していかなければならないと思います。
なお、現在の館山市の焼却炉は、今後平成33年度から3か年かけ32億円の費用で大規模改修を行うことにより、20年程度の延命ができるとのことでした。
ゴミは、広域化ではなく「各自治体で処理する」という原則で取り組んでいれば無駄な2億数千万円を支出することはなかったのではないでしょうか。


二つ目に、ゴミの減量化対策の強化、特に3Rについて2017年に推進したことは何か、尋ねました。

答弁は、「宴会時の食べ残しを減らす運動『30・15運動』(宴会開始から30分と終了前の15分は、自席で料理を味わい食べ残しを抑制する)に継続して取り組む。
古紙類は再生可能な資源で、売り払い出来る貴重な財源(約1,000万円)なので分別を徹底してきた」などでした。

しかし、市民がプラスチック類をリサイクルしてもらおうと、清掃センターに持ち込んだら、「燃やすからそこに置いといて」と言われていることなど、3Rが徹底されているとは言えません。
また、転勤でまだ使える粗大ゴミの再利用などの提案をしました。

「市民から出てくるゴミは、汚れていて、ほとんど再使用(リユース)できない」との答弁がありましたが、副市長から、「市内にリサイクルショップがいくつかあるし、ネットでも市民がやり取りしていることが紹介されている。農協でも中古農機具の紹介が広報誌に出ているので、調べて『リユース』が進められるよう検討していく」と補正答弁がありました。

ゴミも削減問題では、毎回「地球温暖化によるCO
2削減や、循環型社会を目指す」という答弁はありますが本気度が感じられません。
先駆的な他市にも見習い、中長期の削減目標をたて、徹底した取り組みをしてほしいものです。




切実な「高齢者の足の確保」を三たび要望しました

法律で定める交通・移動の権利は、大都市と地方の格差が進んでいる折り、日本国憲法が保障した移住・移転の自由(第22条
)、生存権(第25条)、幸福追求権(第13条)など関連する人権を集合した新しい人権です。

しかし、公共交通の衰退により、自家用車を使える人と使えない人との間に移動手段の格差が生じ、自ら運転できないお年寄りや体の不自由な人たちをはじめ、公共交通がなくなり通学が不便になるなど、子供達にもしわ寄せが生じています。

このため、国は高齢者の日々の外出・移動を便利にする有効策として、鉄道やバスの増便や路線の工夫、中心街にあり施設や、病院、再物などへのアクセスの要望、小回りの利く自由度の高い交通サービスの実現など、観光振興との関りを含めて検討を行うよう必要な支援、助言を行っていくとしています。

館山市も、この方向に沿って、昨年交通過疎地域の神余・豊房・竹原地区のアンケート調査での結果、「便数を増やしてほしい、ノンステップバスにしてほしい、接続を良くしてほしい、スーパーや病院の近くに停留所が欲しい、乗り合いタクシー(デマンドタクシー)を実施してほしい」などの要望を踏まえたものを検討してほしいと思います。




災害時でも安心して使える生活道路を願い点検、整備を要望しました

1.市道について 

「道路パトロールを行っているが、全部把握しているとは限らないので、建設環境部に言ってきてもらえれば、すぐに対応する」
皆さんの地区で、なかなか改修してもらえない市道があれば、市に申請しましょう。

2. 私道について 

「国道・県道・幹線市道から不特定多数の自動車が通り抜けしている私道については、損傷個所の穴埋め補修のための材料を市から支給している」
該当している私道は再度申請しましょう。


なお、公共性が低い通り抜けができない道といっても、善意で道路に提供した土地所有者に補修の責任まで負わせるのはおかしな話です。
対応の見直しを要求していきます。
さらに、市には、補修工事の要請が出ている場所、申請年月日、要請内容、対応方法、工事予定時期などを市のホームページに掲載するよう要求し、見える市政、市民の納得する道路整備のため取り組んでいきます。




2018(平成30)年度一般会計予算案に、主に下記の理由で反対しました

①市財政が厳しい折、不要不急な大型事業、船形バイパスに今年も4億5千800万円もの予算計上 (うち、半分近くは地方債=借金)は、中止すべきである。
②生活保護世帯の暮らしはますます苦しくなっている。
  生活保護事業の扶助費減額(前年度に比べ1.8%減)は許せない。増額すべきである。




無料法律相談会のお知らせ

日時   5月25日(金) 午後1時30分~
会場   鋸南町・三国幸次 町議事務所
主催   日本共産党 安房郡市議員団
申込先 内藤欽次 22-8486
      お申し込みは早めに(予約制)



館山市議会議員 内藤欽次


   







 page top 
archives 「議員別HP一覧」~2015/6/30 
 Copyright AWA ICT. All Rights Reserved.