館山市議会議員 会派別HP一覧
Tateyama City, Chiba
HOME  市民クラブ 新政クラブ  たてやま21・緑風会 公明党  日本共産党 新しい風の会 
HOME公明党


会派 公明党


 館山市議会議員

龍崎 滋 瀬能孝夫


 会派理念  会派活動


 館山市議会議員 公明党(龍崎 滋・瀬能孝夫)



龍崎 滋
りゅうざき しげる
建設経済委員会 委員長 
館山市議会
公明党 幹事長
 
瀬能孝夫
せのう たかお
議会改革特別委員会 委員長
館山市議会
公明党 支部長



会派理念


館山市議会「公明党」会派綱領



一 『生命・生活・生存』の人間主義
    「公明党」は『生命・生活・生存』を最大に尊重する人間主義を貫き、
    人間・人類の幸福追求を目的とする、開かれた国民政党である。


二 生活者重視の文化・福祉国家
  結党以来、「個人の幸福と社会の繁栄の一致」を主張し、
  この理念の目標とする国内社会像は「生活者優先」を基調とする、
  成熟した文化・福祉国家であり、その実現に全力を期す。


三 人間と自然の調和
  地球環境汚染と資源枯渇から「かけがえのない緑の地球」を守ることは
  人類の重要課題であり未来の世代に対する責務です。
  地球は一つの生命体であり、人間と自然は生命連鎖の一体不可分の関係
  にあるとの調和の思想に立つ。


四 人類益をめざす地球民族主義へ 
  「地球民族主義」という人類共同体意識に立ち、一国のみの利害得失
    による「国益」から「地球益」「人類益」優先へと切り替える、 
    「人類」的意識をもち「生命の尊厳」と言う視座を根本に置く。 


五 世界に貢献する日本
  今日の日本は、その経済力や国際的地位にふさわしい「世界の中の日本」
    の役割を果たすことが求められ、自国の経済的利益追求のみを
    考えるのではなく「日本の繁栄と世界の繁栄の一致」を目標とする。  


六 草の根民主主義の開花と地方主権の確立 
  公明党は地方議会から出発し草の根民主主義の確立と住民福祉の向上を
    追求し、さらに中央集権体制の変革、すなわち自立と参加による
    「地方主権の確立」をめざす。  


七 民衆への献身とオピニオン・リーダー 
  われわれは、いかなる時代、いかなる社会にあっても、
    「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆の中に死んでいく」との
    誓いを貫き、常に民衆の側に立つことを信条とする。 







会派活動

 archives:「会派活動

「子供の日によせて-子どもを安心して産み育てられる社会へ」公明党
2017-05-11 up
 公明党館山支部

 龍崎 滋(右) 館山市議会議員
 瀬能孝夫(左) 館山市議会議員
 


公明党館山支部 街頭演説

5月3日、公明党館山支部は南総文化ホール前交差点とカインズ前交差点におきまして街頭演説を行いました。
演説内容は「憲法施行70周年を迎えて-憲法の三原則を堅持」と「子供の日によせて-子どもを安心して産み育てられる社会へ」の2題です。
ここで、街頭演説の内容(要旨)を1題ご紹介します。


「子どもの日によせて」

公明党は結党以来、義務教育課程における教科書の無償配布、児童手当の創設・拡充など、子育て支援の拡充に全力で取り組んでまいりました。
子どもは未来の宝です。
本日は、子どもを安心して産み育てられる社会の実現に取り組む公明党の実績をご紹介させて頂きます。

まず、奨学金の拡充については、長年にわたる公明党の粘り強い主張を受け、返還の必要がない「給付型奨学金」が創設されました。
経済的な理由で大学進学を諦めていた子どもたちの大きな励みとなっています。
対象は、住民税非課税世帯で、私立大学に自宅外から通学する学生や、児童養護施設の退所者などを対象に先行実施されます。
本格実施となる2018年度には、およそ2万人が受給できることになります。
また、児童養護施設の退所者などは入学時の負担を軽減するため、一時金として24万円も給付されるようになりました。

一方、無利子奨学金については、住民税非課税世帯を対象に、成績基準が撤廃され、希望すれば誰もが受けられるようになりました。
さらに、卒業後の所得に応じて返済額が決まる、所得連動返還型奨学金制度の導入や、既に実施されている有利子奨学金の返還利率の下限が0・1%から0・01%に引き下げられるなど、公明党の粘り強い取り組みにより、誰もが安心して奨学金を利用できる環境が整備されました。

≪中略≫

ここで館山市の現状を報告します。
平成29年度がスタートしてすでに一ヶ月が過ぎました。
3月に開催された第1回定例会では、今年度の一般会計当初予算が確定、その後臨時議会による補正予算で176億円、特別会計の150億円と合わせ327億5千万円となりました。

しかし、わが館山市では、近年の教育施設の建替えと今後の市立第三中学校の耐震化や給食センターの更新、さらにゴミ焼却施設の維持補修など、大変に大きな支出による財政状況の悪化が見込まれております。
このような状況下にあって、子ども医療費の給付や遠距離通学費の補助、学童クラブ運営費などの子育て環境の改善に取り組んだことは評価に値します。
今後、館山市議会および各議員においても、財政の健全化に向けて、しっかりとした行政の監視と共に、行財政改革に対する関心と、政策提言を積極的に行っていかなくてはなりません。


地方創生の時代にあって、たとえ、財政状況の厳しさがあるとはいえ、館山市の活性化や産業振興に向けた、果敢な取り組みと重点施策への予算の計上は必要です。
子育てや教育支援の次に、若者が郷土に止まるための就業支援や雇用の創出まで、トータルに行うことが地方創生を目指す行政の責任なのであります。
財政の厳しさを理由にして地域振興、産業振興への消極的な姿勢を取るならば、館山市の将来は決して明るい未来とはなりません。

市内の各種、様々な事業者の声に耳を傾けて、オール館山の総力を挙げた地域再生計画を、今こそ立ち上げる時ではないでしょうか。
皆様の声を、ご要望をお寄せ頂き、本当に住みよい館山市を作ってまいりましょう。


公明党館山支部は、皆様の生活に密着した、市民のための議会運営に努めてまいります。
皆様の、ご理解とご協力をお願い致しまして、街頭演説を終わらせて頂きます。

館山市議会議員 龍崎 滋
館山市議会議員 瀬能孝夫







 ▲page top
 Copyright AWA ICT. All Rights Reserved.