館山市議会議員 会派別HP一覧
Tateyama City, Chiba
HOME  市民クラブ 新政クラブ  たてやま21・緑風会 公明党  日本共産党 新しい風の会 
HOME公明党


会派 公明党


 館山市議会議員

龍崎 滋 瀬能孝夫


 会派理念  会派活動



 館山市議会議員 公明党(龍崎 滋・瀬能孝夫)



龍崎 滋
りゅうざき しげる
建設経済委員会 委員長 
館山市議会
公明党 幹事長
 
瀬能孝夫
せのう たかお
議会改革特別委員会 委員長
館山市議会
公明党 支部長



会派理念


館山市議会「公明党」会派綱領



一 『生命・生活・生存』の人間主義
    「公明党」は『生命・生活・生存』を最大に尊重する人間主義を貫き、
    人間・人類の幸福追求を目的とする、開かれた国民政党である。


二 生活者重視の文化・福祉国家
  結党以来、「個人の幸福と社会の繁栄の一致」を主張し、
  この理念の目標とする国内社会像は「生活者優先」を基調とする、
  成熟した文化・福祉国家であり、その実現に全力を期す。


三 人間と自然の調和
  地球環境汚染と資源枯渇から「かけがえのない緑の地球」を守ることは
  人類の重要課題であり未来の世代に対する責務です。
  地球は一つの生命体であり、人間と自然は生命連鎖の一体不可分の関係
  にあるとの調和の思想に立つ。


四 人類益をめざす地球民族主義へ 
  「地球民族主義」という人類共同体意識に立ち、一国のみの利害得失
    による「国益」から「地球益」「人類益」優先へと切り替える、 
    「人類」的意識をもち「生命の尊厳」と言う視座を根本に置く。 


五 世界に貢献する日本
  今日の日本は、その経済力や国際的地位にふさわしい「世界の中の日本」
    の役割を果たすことが求められ、自国の経済的利益追求のみを
    考えるのではなく「日本の繁栄と世界の繁栄の一致」を目標とする。  


六 草の根民主主義の開花と地方主権の確立 
  公明党は地方議会から出発し草の根民主主義の確立と住民福祉の向上を
    追求し、さらに中央集権体制の変革、すなわち自立と参加による
    「地方主権の確立」をめざす。  


七 民衆への献身とオピニオン・リーダー 
  われわれは、いかなる時代、いかなる社会にあっても、
    「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆の中に死んでいく」との
    誓いを貫き、常に民衆の側に立つことを信条とする。 







会派活動

  archives:「会派活動

平成29年度予算編成に関する要望書 
2016-12-15 up 
 金丸謙一 市長(左)
 に「要望書」を渡す
 瀬能孝夫(中) ・龍崎 滋(右) 両 館山市議会議員
 


館山市長 金丸謙一様

  平成28年11月30日

館山市議会 公明党 支部長 瀬能孝夫
幹事長 龍﨑 滋

館山市はこの平成28年度から平成37年度までの10年間のまちづくりを展望して『第4次館山市総合計画』を
策定しました。
それは、市長の語る「笑顔あふれる 自然豊かな あったか ふるさと 館山」の実現を目指すもので
あります。

しかしながら、わが館山市においても、全国的な地方自治体の抱える課題である、少子高齢化、
人口流出と減少、さらに地域産業の衰退傾向等、財政の逼迫の中、大変に厳しい難問に直面をしています。

特に、公共施設、社会インフラ等の老朽化に伴う更新事業と、教育環境整備に高額な財政負担を
迫られている現在、市民に不安を抱かせていると言っても過言ではありません。


これらの政治課題を克服し、さらに、館山市の発展を期すためには、行政と市民が一体となり、
館山市の現状の認識と取り組むべき課題を共有し、将来に繋がる有効な施策を展開しなくてはなりません。

そのためには、時代に即応した柔軟な対応が必要である一方で、基本的な、市民本位の、
市民のための姿勢こそが、官民一体の理想的な館山市の発展に繫がるものと考えます。

ここに、館山市と館山市民の発展を願い、
平成29年度予算編成に係る重点政策として要望をさせていただきます。

来年度予算ならびに市政運営に反映されますことを切にお願い申しあげます。

 




 ▲page top
 Copyright AWA ICT. All Rights Reserved.