館山市議会議員 会派別HP一覧
Tateyama City, Chiba 
HOME  市民クラブ 新政クラブ たてやま21・緑風会 公明党  日本共産党 新しい風の会
HOME公明党龍崎 滋


会派 公明党


 
 
館山市議会議員 
龍崎 滋    RYUZAKI
りゅうざき しげる    shigeru 
自己紹介 ご案内
私の政策 しげる
お問合せ
議会発言
活動報告
 




 ご案内


2017-08-08 更新 しげる blog」田のくろ大学校・漁業体験(船形漁港) 写真19枚 
2017-06-02 更新 議会発言平成29年6月議会 行政一般通告質問  
- 2017-05/12 archives「議会発言H29/3月議会 一般会計予算における賛成討論 
- 2017-02/22 archives「議会発言平成29年3月議会 通告質問 
2017-01-12 更新 活動報告」建設経済委員会「行政視察報告」 
- 2017-01/10 archives「しげる blog」街頭演説 
- 2016-12/22 archives「議会発言ごみ焼却施設の広域事業からの離脱・賛成意見 
- 2016-12/16 archives「活動報告」私の提案実現のご報告 
- 2016-12/02 archives「活動報告」議員活動VOL.12(PDF)
- 2016-12/02 archives「しげる blog田のくろ大学校・漁業体験(写真添付6枚)
- 2016-12/02 archives「活動報告」過去・活動報告12/2 一挙掲載 (PDF)
- 2016-11/29 archives[議会質問平成28年12月議会 通告質問 
- 2016-09/01 archives[議会質問平成28年9月議会 通告質問
2016-06/01 archives[議会質問平成28年6月議会 通告質問 
2016-02/24 archives[議会質問」平成28年3月議会 通告質問 
- 2015-12/02 archives[議会質問」平成27年12月議会 通告質問
- 2015-08/25 archives[議会質問」平成27年9月議会 通告質問
- 2015-07/31 archives「しげる blog」たてやま「道の駅」着工へ




 
自己紹介


龍崎 滋です。どうぞ宜しく。



 
 2017-07-07 up
現在役職    
2017年   館山市議会議員 2期(2011年 初当選 ~現在) 
    議会運営委員会  委員長 2017-06-27  
    議会報編集委員会 委員長 2017-06-27
    建設経済委員会  委員 (常任委員会) 
    地域資源有効活用調査特別委員会 委員
     
    公明党 内房総支部議会部長
     

 
略歴     
1954年   昭和29年生まれ 
    千葉県立 安房高等学校卒業 
    専修大学 経済学部卒業  
     
    家族: 妻、一男一女、母 
     

     
活動履歴     
    元館山市消防団員 9分団25部 
    元館山市青少年相談員 第11期 
    元館野小・館山三中・館山総合高校・安房高校PTA会長
     
    農産物直売所「なのはな村」代表
    館山市農産物直売所連絡協議会 会長 
    食のまちづくり協議会副会長 
    田のくろ大学校(親子農業体験たてやま緑の仲間たち主催) 





私の政策
龍崎 滋


元気・活力・輝く館山
 

館山の「安心安全な街づくり」

   自主防災組織の充実と自主防災条例の制定
   要援護者の支援体制と福祉避難所の充実
    消防団の強化と処遇改善の推進 


館山の「産業振興・雇用の拡大」

   食のまちづくりと地産地消システムの確立
   農商工連携や6次産業化の推進と産業振興
    一次産業(農漁業)の担い手育成と就業支援 


館山の「観光振興」
   「道の駅」と都市農村の交流拠点の建設
   豊かな自然を活かした体験観光事業の推進


館山の「子育てと教育支援」
   子ども医療費を中学三年生まで無料化
   発達障がい者支援の充実と支援センター設置
    児童生徒の遠距離通学費の無料化
    小中学校の教室にエアコンの設置 




 
お問合せ
 龍崎 滋


 皆さまのご意見をお聞かせください。

お寄せいただいたご意見・ご要望・ご質問、私がすべて目を通します。

今後の政治活動の参考とさせていただきたいと思います。


館山市議会議員
 龍崎 滋(りゅうざき しげる)


  住所  〒294-0008 千葉県館山市広瀬 755 
  TEL 0470-36-2654
  FAX 0470-36-2654
  Mail  ryu.sigeru.ryu@almond.ocn.ne.jp
  HP  awanew.com




 議会発言
龍崎 滋

 ▶archives:「議会発言

   
2017-06-02 up

館山市議会議員 龍崎 滋


平成29年 第2回市議会定例会 (6月議会) 
行政一般通告質問 
登壇日:平成29年6月13日(火)13:00~ 予定時間 


質問要旨

一 館山市の政策形成基盤について

1  市の重要施策などの決定は、どのようなプロセスで行われるのかを伺います。
2  基本構想から実現までに、どのようなチェック機能を備えているのか伺います。
3  自治体シンクタンクを設置する自治体がありますが、
  館山市においてその必要はありますか。


二 地産地消、食のまちづくり計画の取り組みについて

1  年次計画を今後どのように進めるか伺います。
2  館山まるしぇの状況をどのように分析しているか伺います。



館山市議会議員 
龍崎 滋








 
活動報告
龍崎 滋
  archives:「活動報告

  

建設経済委員会 行政視察報告

建設経済委員会 委員長 龍崎 滋


2017-01-12 up

館山市議会
建設経済委員会 委員長
 龍崎 滋


建設経済委員会「行政視察報告」

建設経済委員会は、
平成28年10月24日から26日にかけて、島根県飯南町、雲南市、出雲市を視察し、
・域内調達促進・循環による所得・定住創出、
・空き家バンクの取り組み、
・地産地消・地産都消の取り組み、
・木次乳業と「食の杜」の取り組み、
・出雲エネルギーセンター
の五件について調査いたしました。


まず、飯南町では、
島根県が設置した中山間地域研究センターにおいて、
国内各所で進んでいる過疎、高齢化、また農林業の生産活動の停滞によって
集落機能の存続や公益機能の維持が困難となりつつある中、
中山間地域の運営組織の立ち上げなどの取り組みと、地域経済循環研究の説明を受けました。

地域のものを積極的に購入することで、地域内循環を高めることにより、
所得増や定住の創出とともに、生活の基盤が作られるという点は、
具体的な数値での実証もあり大いに参考とすべき事例でした。


次に、雲南市では、
人口の社会増をめざした移住定住相談・支援と空き家バンク制度等の説明を受けました。
特に、移住定住支援スタッフ制度では企画員、推進員および地域の定住協力員が
それぞれの役割を分担して、きめの細かい対応をしていました。

また、空き家についても農地付空き家や、改修および片付けに対する補助制度など、
移住前から移住後への手厚い支援策が構築されていました。

館山市でも移住定住促進事業を行っていますが、
行政と活動スタッフおよび地域の協力と連携の重要性を感じました。


次に、JAしまね雲南地区本部では、
地産地消と地産都消の取り組みについて農協職員から説明を受けました。
ここでは、JAしまね雲南産直振興推進協議会による、生産から販売までの活動が紹介され、
少量多品目の野菜や加工品をネットワーク化した販売方法と、
人口の少ない中山間地域から都市での販売に挑戦した地産都消の成功事例がありました。

館山市における地産地消のとりくみも、
地域内流通から都市部への販売の拡大が最終的な目的であることから、
大変に参考となる視察内容でした。
特にこの事業を推進した農協職員の熱意に成功の鍵を見ました。


次に、民間事業者である木次乳業と「食の杜」の視察では、
従来の経済性や効率性を重視した農業から安心・安全な有機的農業に方向転換をした酪農家が、
旧木次町の「健康の町」宣言に沿い健康農業を展開している現状を視察しました。

また、「食の杜」では、
自社の農園でブドウを栽培してワインづくりを手掛ける六次産業化を実現したワイナリーや、
国産大豆を使用する豆腐工房、国産小麦を使った無添加パン等、
食の安全と言うコンセプトのもとに5社の企業が集合。

この形態は、館山市の食のまちづくりの拠点整備において、
どの様な特徴をもって他の施設との差別化を図るか、大いに参考になるものと思われました。


次に、出雲市の出雲エネルギーセンターは、
可燃ごみを処理する施設で、ガス化溶融炉方式の炉を採用して、
ダイオキシンの発生を抑制するとともに、ゴミの焼却熱で発電をする施設でした。

得られた電力は施設内および県の施設で利用され、余った電力は売電をしていました。
視察先に選定した理由は、現在、検討されている新たなゴミ処理施設の建設において、
焼却方式や建設費の検証、また、施設の建て替えに至る手順などの参考になればとのことです。

このセンターは平成15年から稼働して13年が経過しており、
延命化を図るか新設をするかの検討では、平成34年に出雲市単独で新設の予定との説明がありました。

処理能力は現在の200トンを災害対応が可能な規模として、
災害時に他市の災害ゴミの受け入れも想定していました。



以上の行政視察報告は議会最終日の常任委員会委員長報告で発表したものです。

いずれの視察も、館山市の現状と課題に照らし、大変に参考とすべき内容であり、
各委員の今後の議員活動に生かされるものと思います。

また、視察に際し、ご多忙な中、こころよく視察を受け入れてくれた各自治体および事業者の方々や、
スケジュール作成他、事前準備を担う館山市議会事務局と委員会メンバーに感謝申しあげます。


館山市議会議員 龍崎 滋






 
 しげる blog
 龍崎 滋 

  archives:「しげる

 2017-08-08 up
田のくろ大学校 ・ 漁業体験


館山市議会議員 
龍崎しげる


「夏休み!発見!海で」をテーマに ”田のくろ大学校” 漁業体験を開催しました。
快晴のなか館山の漁業を参加者一同、楽しく体験学習いたしました。

開催日時:平成29年8月6日(日)午前9時~午後2時
開催場所:船形漁港(館山船形漁協 ・ ふれあい市場)
主  催:たてやま緑の仲間たち(田のくろ大学校)
後  援:館山市・館山市教育委員会・安房農業事務所
     館山船形漁業協同組合・JA安房 他


体験メニュー(写真19枚

・魚のヒラキづくり(大人対象)
 スイカ割(子ども対象)
・魚のお勉強(魚の名前当てクイズ・魚の生息場所や特徴・魚の色々な食べ方など)
・漁協見学(荷さばき、漁船、冷蔵庫)
・魚釣りゲーム
・流しソーメン かき氷 他
(漁業体験で作ったご自分の”魚のヒラキ”はお土産で各人へ配布、お持ち帰りいただきました)


農業体験を目的に開催してきた『たのくろ大学校』を、館山の海の魅力も体験してほしいと、
館山船形漁協の協力を得て開催、お陰様で盛況裡に終了いたしました。

日頃、魚や海の仕事に触れ合う機会のない子供達は、色々な種類の獲れたての魚に目を輝かせていました。
親子一緒の参加がベースになっていますが、スイカ割など純粋に楽しめるゲームに歓喜する子どもたちをみて、生涯忘れることのない夏を経験されたことに、この体験学習の意義と価値を改めてスタッフとともに再認識いたしました。
後援・ご協力いただいた多くの方々に、厚く御礼申し上げます。


館山市議会議員 龍崎 滋


     
photograph (19枚)
   
   
   龍崎 滋・ご挨拶  受付風景  
   
  船形漁港に水揚げされたばかりの魚たちです。  多くの参加者が集いました。   
   
    鈴木久雄 漁協組合長 ご挨拶  漁業体験メニューの説明  
   
   お父さんもお母さんも「魚のヒラキづくり」に真剣のトライです。  
   
  子どもたちに一番人気・スイカ割ゲーム  
 龍崎 滋(左)・漁協組合長 鈴木久雄(右)
   
  魚の名前当てクイズ
先生役は龍崎 滋です。 
 何種類もの甘い大きなスイカ、そして大きなメロンを参加者全員が食べ比べることができました。  
   
  高知県のカツオ船が2隻同時に 
船形港に入港するのを見ました。
カツオを一杯積んでの入港です。   
   
  対岸から見る船形漁港  魚のヒラキづくり前の説明
龍崎 滋(中央奥) 
 









 ▲page top
 Copyright AWA ICT. All Rights Reserved.