館山市議会議員 会派別一覧 「建設経済委員会活動」
 Tateyama City, Chiba
HOME  市民クラブ 新政クラブ たてやま21・緑風会 公明党 日本共産党 新しい風の会
HOME→建設経済委員会活動 


建設経済委員会活動

archives:建設経済委員会活動

2018-10-09 up
建設経済委員会 委員長報告
委員長  今井義明
平成30年第3回 市議会定例会 (9月議会) 平成30年9月28日




                       建設経済委員会 委員長報告



議題となりました、議案第42号及び議案第46号にかかわる建設経済委員会における審査の経過、並びに結果に
について御報告申し上げます。

去る9月11日の本会議において本委員会に付託された両議案について、同月13日に委員会を招集し、慎重に
審査を行いました。
以下、その質疑応答等、主なものについて申し上げます。



議案第42号 館山市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について

公園内でのゴミの投棄と火気の使用禁止が、これまでの条例として定められていなかったのは何故かと聞いたところ、
条例第6条第1項の都市公園を損傷し、または汚損することを広義的にとらえ、禁止行為にあたると考えていた。
ゴミの投棄については、軽微なポイ捨てでも廃棄物処理法の投棄にあたることから、条例に明記する必要ははいと
考えていた、との説明がありました。

また、最近これらの禁止行為が現実的に起こったのか聞いたところ、以前からバーベキューやゴミの投棄が確認され
ていたが、
ここ数年は海水浴シーズンの来園者がたいへん増え、ゴミの投棄も増え、状況が悪化しており、「安心・
安全な館山の海水浴場の確保に関する条例」を守るための海浜合同パトロールにおいても、多数のバーベキューの
グループが確認されており、これ以上ひどくなってはいけないため、今回の条例の改正となった、との説明がありました。

なた、改正条文8号の市長が指定した場所とはどこかと聞いたところ、市がゴミ箱を設置した場所であり、沖ノ島
公園、城山公園、北条中央公園、中村児童公園、根岸公園である、との説明がありました。



議案第46号 平成30年度館山市下水道事業特別会計補正予算(第1号)について

職員給与費について、詳細な説明を求めたところ、給料で50万円、職員手当等で125万円、共済費で50万円、
合計225万円であり、補正の理由として、平成30年4月の定期人事異動によるもので、当初予算の想定職員
給与等と実際の人事異動による職員給与等を補正するためである、との説明がありました。

また、下水道事業の今後の見通しを聞いたところ、現在、第2期整備事業を行っているところであり、平成32年度
に面積209ヘクタールの完成目途に進めている。
その後については、人口の動向や建物の配置状況を踏まえ、財政状況、終末処理場の処理能力などを総合的に
判断し、市民の皆さんの意見を聞きながら進めていく。
したがって第2期整備事業完了後、直ちに次期事業を継続的に進めていくことは難しい、との説明がありました。

また、繰越金が昨年度よりも増額となった要因を聞いたところ、各年度の下水道会計収支確定によるものであるとの
説明がありました。

以上が質疑応答等の主なものであります。
採決の結果、議案第42号及び議案第46号については、全員一致をもって原案どおり可決すべきものとして決しま
した。

以上、ご報告を申し上げまして、経済建設委員会委員長報告を終わります。



                                     建設経済委員会 委員長 今井義明








 ▲page top
 Copyright AWA ICT. All Rights Reserved.